★観光ビザ

イギリスでは、日本国籍の方はビザを取得せずとも滞在可能な期間が180日間設けられています。(いわゆる観光ビザですね。)この日程の中であればビザの申請なく滞在できます。注意点は180日以上の滞在になると不法滞在という重罪になること、また就業することはできません。

★学生ビザ6ヶ月(Short term Study Visa 6months)

このビザは6ヶ月(180日)未満の期間滞在することができ、取得方法が2種類あります。留学前に日本国内で事前に申請をし発行してもらう方法、またはイギリスの空港で入国審査と一緒に発行してもらう方法があります。しかし空港の入国審査時の発行に提示が必要な書類があり、不備があると入国に時間がかかったり、入国を拒否されることもあるので、必要書類はしっかり準備しておきましょう。滞在期間はコース終了日から30日後、またはビザ有効期限のいずれか早い方となります。

申請対象者、特徴

・6ヶ月以内の滞在する学生
・18歳以上
・留学期間が6ヶ月未満
・留学期間中の就労は不可です。
・ビザの延長はできません。
・語学力の証明は不要です。
・空港の入国審査の時でも発行してもらえます。

費用

入国時にイギリスの空港で短期学生ビザを取得するのがお得です。
日本国内のビザセンターで、事前に申請しておくこともできますが、その場合£97かかります。(2018年10月現在)

ビザの取得方法

イギリスの空港で入国審査官に必要書類を提出。

★短期学生ビザ11ヶ月(Short term Study Visa 11month)

11ヶ月(43週間)まで学校で就学が出来るビザです。短期留学とは違う点は、短期学生ビザ11ヶ月の取得には日本国内で事前の取得が必要であるということ。6ヶ月以上の期間語学学校に通い滞在ができる方のみ申請をすることができます。必要書類はしっかり準備しておきましょう。滞在期間はコース終了日から30日後、またはビザ有効期限のいずれか早い方となります。

申請対象者、特徴

・18歳以上
・留学期間が6ヶ月〜11ヶ月の中であること。
・留学期間中の就労は不可です。
・現地でビザの延長はできません。
・語学力の証明は不要です。

申請必要書類

・パスポート
・オンラインで作成した申請書
・留学計画書
・証明写真(必要な方のみ)
・留学先の入学許可証の原本(ビザレター)
・滞在費用証明書(英文財政証明書)
・滞在先の詳細

ビザ取得方法

まずはオンラインで申請をすることとなります。その後大阪または東京のビザセンターに行くことになるので、このオンライン申請の中で大阪/東京の選択をし予約を取って申請料(£186、2018年10月現在)も支払うこととなります。当日は予約時間の15分前には到着し、必要書類は全てお持ちください。指紋認証と写真撮影を行い、その後1〜2週間後には申請結果が出るはずですので、結果が出ましたらビザセンターでビザをご取得いただくこととなります。

★学生ビザ(Tier4)

学生ビザは、語学学校を含む専門学校やカレッジ、大学などの教育機関に6ヶ月以上(語学学校の場合は11ヶ月=44週以上)通う予定の学生が取得できるビザです。

申請対象者、特徴

・16歳以上
・最大3年間滞在できます。
・イギリス国内で最大週20時間まで就労できます。
・現地でビザの延長申請が可能(政府が定めた語学学校であること。)
・語学力の証明が必要です。

必要条件

イギリス学生ビザはポイント制(Points Based System:PBS)になっていて、学生ビザに必要なポイントは40点以上であることです。
30点:イギリスのビザ管理局に指定された学校であること、既定のコースで入学許可されてCAS番号を取得する。
10点:資金力が基準額を満たしていること、28日間以上継続して、口座に基準以上の預金が入っていること。

申請必要書類

・パスポート
・オンラインで作成した申請書
・戸籍謄本
・英語力証明書(IELTS for UKVI)
・留学先の入学許可証の原本(ビザレター)
・滞在費用証明書(英文財政証明書)
・滞在先の詳細

ビザ取得方法

まずはオンラインで申請をすることとなります。その後大阪または東京のビザセンターに行くことになるので、このオンライン申請の中で大阪/東京の選択をし予約を取って申請料(£348、2018年10月現在)も支払うこととなります。当日は予約時間の15分前には到着し、必要書類は全てお持ちください。指紋認証と写真撮影を行い、その後1〜2週間後には申請結果が出るはずですので、結果が出ましたらビザセンターでビザをご取得いただくこととなります。

★ワーキングホリデービザ(Youth Mobility Scheme Visa/Tier5)

フルタイムで働くことができ、インターンシップへの参加、語学学校に通われる方、旅行、など全てができるビザです。しかし自由度が高いがゆえに毎年発行数が決められており、留学ビザと比べると倍率も高くビザの取得が難しいものとなります。

申請対象者、特徴

・18歳以上30歳以下の方が対象です。
・最大2年間滞在できます。
・フルタイムの就労が可能です。
・期間の延長は不可です。
・EU国籍以外でもインターンシップに参加可能です。

条件

・年齢に条件あり(申請時に30歳であれば31歳でも入国が可能です。)
・日本国籍であること。
・£1890の資金があることが証明できるものがあること。
上記の条件をクリアしていれば、PBSチェックの必要ポイントは満たしていることになります。

必要書類

・当選したことを知らせる返信メールを印刷したもの
・英文での資金証明書(翻訳した通帳、取引明細書など)
・オンラインで作成したYMS 申請書(VAF9)をプリントアウトしたもの(原本+コピー)
・YMS Appendix 7(アペンディックス 7)をダウンロードして記入したもの(原本+コピー)
・顔写真×2枚 :パスポートの規格の45㎜×35㎜、カラー写真で6カ月以内に撮影したもの、裏面には氏名を記入
・パスポート :古いパスポートもあれば、そちらも必要です。
※現在使用中のパスポートの有効期限が、ビザを申請してから6か月以上残っている必要があります。
・ビザ申請センターへの予約申請書

必要資金

・申請料金:約£225
・国民健康保険料  英国健康保険料(Health Surcharge Fee)として、£200/年または£400/2年が必要です。

イギリス留学のビザの申請方法

ここでは、ビザの申請において必要な書類の準備やビザセンターへの訪問などをステップに分けて説明します。

Webオンライン登録/書類記入を行う

UK Visas and Immigrationのホームページにてオンラインでビザ申請を行います。ちなみに、(内容は全て英語で書かれています。)オンライン登録の注意点は書類を印刷してから30日以内に書類を提出しないといけません。なるべく早めに登録作業を済ませましょう!印刷後は内容の修正を行うことができないので、ミスのないように慎重に記入してください。

書類提出日の予約を申し込む

Web上から「VFS ビザ申請センター」に書類提出日の予約を申し込みます。「VFS ビザ申請センター」はUK Visas and Immigrationに代わって、審査を行う民間機関です。書類の期限などにも注意し予約を行いましょう。もしその日に都合が悪くなった場合は、予約した日程の24時間以内の場合を除き、予約した日程の再調整をすることが可能です。提出日までに書類を揃えられそうにない場合、早めに予約している日程の変更を申し込みましょう。

必要提出書類の確認

提出する必要書類の最終チェックです。書類の不備、矛盾、誤訳がないように入念に行ってください。日本語の書類は原本と英訳をセットで提出します。書類の英訳を自分で行うことは原則として認められておらず、第三者の翻訳者をたてる決まりになっています。また、英訳書類には翻訳者の連絡先を必ず記入してください。翻訳に嘘偽りがないかどうかの翻訳証明書の提出も忘れないようにしましょう。

実は必要書類には、公式の記入例というものが存在せず、30%前後の人がビザ申請書類の不備、記入ミスをするといわれています。書類の不備で再提出を求められれば再度、英訳や確認を行うこととなり大幅なタイムロスになってしまいます。提出期限までに間に合わない可能性もあるのです。全て自力で手続きを行おうと思わずに、書類校正や記入をサポートしてくれる専門のエージェント等に依頼しましょう。

ビザの申請手続き

さきほどのVFS ビザ申請センターにて、ビザの申請手続きを行います。申請手続きでは、主に以下のことを行います。

申請費用の支払い

ビザ申請書類の提出(ビザの種類によって書類は異なる)
指紋・顔写真(通称BRP)の登録
またビザ申請においては注意点がいくつかあります。

髪型や手の状態を整えておく

BRPの審査は厳しく、指紋に切り傷や擦り傷がある場合など、正しく認証されない場合があります。また、写真も同様で顔に髪がかかっている等で認証されない場合があります。正しく認証されないと、ビザの申請が完了しないので注意です。

持ち込み禁止のものを事前に確認しておく

VFS ビザ申請センターでは、持ち込み禁止とされている持ち物があります。以下にて、一部紹介します。

カメラ機器類、CDや音楽プレイヤー等、封筒や小包、燃料系、火を発生させる器具、刃物類、
これらのものをセンター内に保管することができないので、注意しましょう。詳細は、ホームページをご参照下さい。

5.パスポート返還/ビザ審査の合否の発表
ビザ申請の手続きが完了したら、マニラの英国大使館からビザ審査の合否に関するメールが送られてきます。そこにはパスポートの受取方法とビザ審査の合否結果が書かれています。パスポートの受取方法については、ビザ申請と同じタイミングで決めることになります。

★ビザセンターの場所

イギリスのビザセンターは東京か大阪にしかありません。完全予約制なので予約をしてから向かいましょう。

東京
東京都港区東新橋2-3-14 エディフィチオトーコービル4階
申請受付時間: 月曜日~金曜日 8:00~14:00
パスポート返却時間: 月曜日~金曜日 12:30 ~13:30
大阪
大阪府大阪市中央区南船場1-3-5 リプロ南船場ビル10F
申請受付時間: 月曜日~金曜日 8:00~14:00 (プライムタイムサービス月曜日~金曜日:14:00~16:00)
パスポート返却時間:月曜日~金曜日 11:30 ~13:30

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考