info heading

info content


アングリア・ラスキン大学は、1858年に創設されたイギリスの東側にある大学です。 現在は大きく分けて5つの学部から構成されており、伝統ある学問都市であるケンブリッジ、歴史的に有名な町であるチェルムズフォードで質の高い学部課程および大学院課程コースを開講しています。

アングリア・ラスキン大学は、留学生にとても人気のある大学となっています。その割合は全学生の20%以上にもなります。 学生の出身国も2つのキャンパスを合わせると毎年100カ国近くになることからも、世界中から人気を集めている大学ということがわかるはず。大学の方針によって世界中からバランスよく留学生を集めています。約2万のイギリス人、学生数約1万人で9学部の総合大学です。特に英文学・ビジネス学部・児童絵本学部(大学院)は高い社会的評価を得ています。留学生の希望や進路に合った履修ができるフレキシブルなカリキュラム構成も特徴となっています。