ニュージーランドはどんな国か

ニュージーランドは数週間あれば一周できてしまう小さな島国で、全人口は480万人となんと東京の人口の半分以下ののどかな国です。少ない人口の中には、マオリ系、ヨーロッパ系、ポリネシア系、アジア系など、様々な民族が暮らしている多民族国家となっています。ニュージーランドの言語は、英語だけではなく、伝統的な先住民族のマオリ語など、様々な言語が話されているため第二言語話者にも寛容な国です。また、親日国家ということもあり、とてもフレンドリーな国民性で迎えてくれます。

ニュージーランドのワーキングホリデーで体験できること

1,大自然に囲まれた環境の中で、集中した語学学習
2,自然を通した様々なアクティビティ
3,動物や自然と触れ合うことができるゆっくりとした休暇

1,大自然に囲まれた環境の中で、集中した語学学習

ニュージーランドは都会から少し離れると広大な牧場や自然が広がっています。そのため、都会にはありがちな誘惑があまりなく、語学学習に徹底的に集中できる環境となっております。都会ではなく、田舎や自然に溢れた場所を好む方にとっては、ぴったりな留学先となっています。ニュージーランドでは最長6ヶ月間勉強することができるので、前半でしっかりと英語力をつけてから働くというのもいいでしょう。

2,自然を通した様々なアクティビティ

ニュージーランドは、穏やかな気候でとても過ごしやすく、また広大な牧場、雄大な自然に囲まれ、毎日が違う景色を見るかのように日々を過ごすことができます。仕事や勉強の休みには、大自然の中でのキャンプ、バードウォッチング、美しい海、迫力のあるホエールウォッチング、自然に囲まれたニュージーランドならではのアクティビティを楽しむことができます。

3,動物や自然と触れ合うことができるゆっくりとした休暇

ニュージランドは大自然に囲まれており、何気ない風景も日本では中々見ることができない光景を目にします。列をつくって道路を歩く羊たち、どこまでも続く高原、夜には満点の星空、仕事やアクティビティで疲れた体を癒やすには最適な国とも言えます。

ニュージランドでワーキングホリデー

ニュージーランドで働きたい場合は、ワーキングホリデービザを取得する必要があります。ニュージーランドのワーキングホリデービザでは、最長6ヶ月間語学学校などで英語を勉強することが可能で、基本的に英語を勉強されてから仕事をされる方が多いです。ワーキングホリデーを申請するにあたって必要な条件はこちらです。

★ビザ申請条件

・年齢:18歳以上30歳未満
・健康面:心身ともに健康であること
・滞在資金:最低4,200ドル相当の資金を有していること
・パスポート条件:入国したときから、有効期限が15ヶ月以上残っていること
・保険:滞在期間中の障害、疾病に備え医療保険に加入すること
・入国歴:過去にニュージランドのワーキングホリデービザを取得していないこと

★費用

無料

★有効期限

入国してから1年間(12ヶ月間)の滞在が可能。有効期限内であれば、日本に一時帰国することも可能で、出入国は自由です。

★就労条件

制限なし

★就学条件

最長6ヶ月間

★申請にて気をつけること

ビザの制度は予告なしに改定されることがよくあります。申請する際は、ニュージーランドの大使館のホームページに掲示されている最新状をチェックするkとを忘れないでおきましょう。

ワーキングホリデーでできる仕事

ニュージーランドでは様々な仕事を体験することが可能です。英語力によってできる仕事とできない仕事はありますが、大自然の中でできる仕事は留学生活を充実させてくれるでしょう。

*ニュージーランドでできる主な仕事

・ フルーツピッキング
・ カフェスタッフ/バリスタ
・ ツアーガイド
・ ホテルスタッフ
・日本食レストラン
・ローカルレストラン
・ファーストフード店

比較的、地元の求人では接客系の仕事多く掲載されています。農園で3か月以上アルバイトをすることで滞在期間を3か月延長することもできます。日本食レストランは、英語力がなくても採用される可能性は高いのですが、英語を使う機会が少ないので、英語力の向上が見込めないと予想されます。仕事を通して英語力を伸ばしたい方は、ぜひローカルが経営しているレストランや、ホテルで働くことをおすすめします。

★ビザ申請方法

①まず最初は、移民局のホームページで、ユーザー登録を行います。ホームページに入ると、”Login”をクリックし、その欄にある”Working Holiday Visas”を選びます。
②”Working Holiday Schemes”を選択し、”New users”の下にある”create an account”を選択します。

③自分の名前と、連絡先であるメールアドレスを入力し、ユーザーネームとパスワードを設定します。
④登録が完了するとこのような画面になり、数秒後に移民局から登録したアドレスにメールが送られてきます。
⑤メールを確認した後、”Login to Online Services”をクリック
⑤ ②と同じ画面に入り、登録したユーザーネームとパスワードでログインします。
⑥”Working Holiday Schemes”の”Click here to apply”を選択
⑦自分の住んでいる国を選びます
⑧国を選択したあと、”Apply now”をクリック
⑨個人情報を打ち込みます
⑩身分証明を行います
⑪就労に関する情報を打ち込みます。
Industryカテゴリーの”Full List”をクリックし、この中から自分の職業に一番近い職種を探します。
Occupation も同様に、”full list”から自身の職種に近いコードを探し、選択します。
⑫健康状態に関する質問です
  • 腎透析が必要ですか?
  • 肺結核ですか?
  • がんですか?
  • 心臓疾患ですか?
  • 精神的、肉体的、知能的な障害がありますか?

 

  • 入院治療が必要、または予見されますか?
  • 施設介護が必要、または予見されますか?
  • 妊娠していますか?

 

  • 過去5年間に3ヶ月以上、肺結核高リスク国に滞在した事がありますか?
  • 肺結核高リスク国のパスポート保持者は、X線検査の提出が必要です。
    ※肺結核高リスク国の質問で日本は、TB(結核)のローリスクlow risl for TB に記載されておりませんので、日本居住者は必ずYesをする必要があります?
⑬自分の性格に関する問題です。

 

  • 5年以上の景気もしくは5年以上になる可能性のある不定期刑で有罪判決を下されたことがありますか?
  • 過去10年内に、12ヶ月以上の景気もしくは12ヶ月以上になる可能性のある不定期刑で、有罪判決を下されたことはありますか?
  • ニュージーランドから強制退去処分を受けていますか?
  • 過去にニュージーランドを含むいずれかの国から、出国処分を受けたことがありますか?
  • もしも「Yes」がある場合、国名と日付を記入してください。

 

  • 過去にニュージーランドを含むいずれかの国で、違法行為により 告発されたことがありますか?
  • 有罪判決を受けたことがありますか?
  • 捜査取り調べを受けたことがありますか?
  • 入国を拒否されたことがありますか?
  • 国外退去処分を受けたことがありますか?
⑭ニュージーランドの経験や関わりについて
  • 過去にワーキングホリデービザを取得したことがありますか?
  • 十分な滞在費がありますか?
  • 入国予定日はいつ頃ですか?
  • ニュージーランド滞在歴があるのか?
  • ニュージーランドから出国チケットを買うための資金がありますか?
  • 特定要件に合致した申請ですか?
⑯すべての情報を打ち込むと、記入の必要がある項目にすべてチェックがつきます。確認できたら、”Next Step  Proceed to Submit your applications”をクリック
⑱最終の宣言をチェックし、申請が完了になります。
★健康診断
申請が完了すると、数日後に移民局から健康診断に関する連絡が、ホームページ上に登録したアドレスに送らてきます。こちらの健康診断は、移民局が指定する病院でないと受けることできないので注意が必要です。

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考