最寄主要都市ダブリン滞在方法寮/ホームステイなど
ACELSアイルランド政府認定校設立年1938年
日本人割合約5%備考WiFi,共有PC

世界的に展開しているKaplan。その有名さから留学をしたことがなくても知っている人も少なくない名門語学学校です。主要英語圏7カ国に展開しており、年間およそ8万人もの留学生が世界からKaplanに集まり夢に向かって努力しています。独自のKaplan Learning Systemという英語勉強法を採用しており、95%以上の人が知人に勧めたいと答えるなど、その満足度が非常に高いのも特徴的です。また設備も最新のものが使用されており、留学生の成長を第一に全てのことが考えられています。授業料は他の語学学校と比べて少し高くもありますが、それ以上のクオリティであなたの成長を後押ししてくれるでしょう。

<留学費用>

コース名General English
期間1ヶ月3ヶ月6ヶ月
授業料€1240(EUR)€3480(EUR)€7960(EUR)

※1ユーロ=約132円(2015年12月現在)
※コース毎に料金が変わりますので目安としてお考え下さい。
(別途、渡航費や教科書代、手数料等が必要になります)

General English(半日英語コース)

  • 英語の4技能(Reading, Writing, Listening, Speaking)それぞれの授業を毎日受けられる。
  • 1レッスン45分で1日4レッスン。1週間あたり20レッスン。
  • 1日の授業時間が3時間と短いので、観光も重視している人に向いている。
  • 午前からのクラスと午後からのクラスがある。
  • K+ Onlineが使える。

Semi-Intensive(セミ集中英語コース)

  • 英語の4技能(Reading, Writing, Listening, Speaking)それぞれの授業を毎日受けられる。
  • 基本の授業は1レッスン45分で1日4レッスン。1週間あたり20レッスン。
  • 加えてK+ Learning ClubsとK+ Onlineを使った授業が週に5.25時間(7レッスン)以上。
  • 1週間でトータル27レッスン以上。
  • K+ Online Extraも使える。
  • GeneralよりもK+などを使って勉強したい人に向いている。

Intensive(集中英語コース)

  • まずセミ集中英語と同じレッスンが受けられる。
  • さらに追加で発音、会話、ビジネスなどの分野を学べる選択授業が週6時間(8レッスン)
  • 合計で週に35時間以上。
  • K+ Online Extraも使える。
  • 選択授業にはプロジェクトベースのReal Englishも含まれる。
  • 10週間以上の留学でレベルアップ保証
  • 英語漬けの生活がしたい人、ビジネス英語など勉強したい分野が当てはまる人に向いている。

<Kaplan カプラン 基本情報>

カプランは80年以上にわたる教育実績を持つ語学学校で、北米やヨーロッパ、オーストラリアなどにキャンパスを構えています。
そんなカプランの強みはズバリ、

  • 独自の英語教材「K+」を用いた学習体制が整っている。
  • 具体的な達成基準で自分の英語力を評価できる。

です。以下ではこれらの強みをもう少し細かく見ていきたいと思います。

独自の教材「K+」


カプランの授業では独自に開発した英語教材「K+」を使います。簡単に言うと、「各生徒のレベル・目的に最適化されたテキスト、オンライン教材、学習グループのこと」です。

  1. K+ Course Books
    最新の時事ネタにも対応した、実生活でも役立つテキスト。2週間ごとに新しいテキストに移行します。Reading, Writing, Listening, Speakingの4技能それぞれを効率的に学習することができます。
  2. K+ Learning Clubs
    教師主導の下、自分が伸ばしたいスキルを自発的に学べる学習グループ。1週間を通して同じ活動に取り組めます。
  3. K+ Online
    テキストの復習や、授業で身についた知識を忘れないための補助教材。宿題・演習のフィードバックも受け取ることができます。
  4. >K+ Online Extra
    K+ Onlineでは授業内容に関わるのに対し、こちらでは新しい文法、発音、語彙の問題に取り組むことができます。授業で演習したけど物足りない、という部分を主体的に補うことができます。また、自分がどこまで取り組んだのかが自動で保存されるので自信にも繋がります。

このようにK+は授業をベースにどんどん英語力が身につくような仕組みが出来上がっています。また、オンライン教材を使う機会が多いのもわかったかと思います。そのため、カプランには最新設備が整っています。教室の電子黒板やK+で自習するための共有PCもその一部です。なおK+は一部の試験対策コースを除いたほぼ全てのコースで使うことができます。

具体的な達成基準


留学前後でどのくらい英語力が伸びたか、自分では判断しにくいですよね。カプランでは入学時に「KITE」と呼ばれる6段階のレベル分けテストでその人の強みと弱みを細かくデータにしてくれます。入学後も5~10週間に一度同様のテストを受け、レベルの確認をします。留学生の目標は、留学終了時にもう一つ上のレベルに到達することです。もちろんそれ以上伸びることもあります。ただ万が一伸び悩んだ場合、カプランではレベルアップ保証を行なっています。(10週間以上のIntensiveコースのみ)もし留学終了時のレベルが一つ上がっていなかった場合、無料で4週間の追加授業を受けられるというものです。このようにカプランではKITEという基準に従い、生徒がレベルアップできるよう全力で支援してくれます。

その他の特徴


上記二つの点には入りきらなかったカプランの特徴です。

  • プロジェクトベースで英語の学習ができる
    一部コースでは「Real English」という選択科目を選ぶことができます。一般に中級英語学習者の課題として「実生活に活かすレベルの英語を使えるようになるのが難しい」ということが挙げられます。そういった課題を乗り越えるためのコースが「Real English」です。与えられたプロジェクトを1週間かけてチームで解決していくという内容で、自分から意見を発しなければいけない状況になります。この授業を通して身につけた知識をアウトプットする力が身につきます。
  • 30歳以上向けのコースがある
    一部の学校(ニューヨーク、リバプール、トロント、レスタースクエア)では30歳以上の社会人向けのコース・設備が用意されています。社会経験を積んだもの同士、学生たちとは異なるプロフェッショナルな雰囲気の中で専門的な英語を学習することができます。

<学校紹介>