カナダ留学語学学校VGC Vancouver 1ヶ月経過後体験談

・自己紹介

私がなぜカナダに決めたかと言うと、いろいろ理由があります。
海外旅行が好きで今まで15か国に訪れました。今まで行ったことがないところがいい、語学留学だけでなくワーホリVISAを使用し労働もしてみたい、英語力がないのでしかし英語力が低いため、語学力が低くても住みやすい・仕事が見つけやすい場所、治安がいいところ、という条件の中で、人からの話やネットでリサーチした結果、一番自分に合う場所はバンクーバーだなと思い、バンクーバーに決めました。

なぜ英語を勉強しようと思ったかというと、はっきりとした理由がありませんが、強いて言えば20代前半から漠然と海外に興味を持っていて、ワーホリにも興味をもっていました。しかし、慎重な性格の私にはなかなか決心することができませんでした。しかし、自分は今31歳独身で、ワーホリに行ける最後のチャンスなので、今しかない!行かないことを選択し後悔するよりも、行って失敗してなんで自分は行ったんだろうと後悔する方がいいなと思い、行くことに決めました。
その他の理由ですが、自分の仕事は医療人で病院で働いていました。自分の担当患者の中に海外の方がいましたが、英語ができず、十分に寄り添えなかったことを後悔しています。また、海外旅行が好きなので、英語ができた方が、自分の安全の確保や、現地の人から情報を得ながらより楽しい旅ができると思ったからです。

語学学校VGCの学校・授業・講師・留学生の特徴

私はVGCというESLに行きました。レベル1~8までのレベル別にクラス分けをし授業を進めていくというのが魅力だったのと、日本人のアドバイザーが常勤でいること、ダウンタウンの中にあり立地が便利という理由でここにしました。そのほかの特色としてはアクティビティがとても充実していました。
授業は、8時45分から始まり、1時間20分の授業を3コマ~4コマまで選択することが可能でした。
朝から2~3コマ目まではCOREクラスという、文法、Reading、listeningなどベースを固める総合的な内容の授業をし、残りはspeaking、grammarなどスキル別に特化した授業を各々が選択するといった感じです。COREクラスは基本計8週間同じレベルにいて学びます。しかし2週間ごとにテストがあり、三回目まではテストの成績が90%以上、4回目は70%以上とれていれば次のレベルのクラスにレベルアップさせてもらうことができます。4回目のテストで70%に達していなければ、次のレベルのクラスには上がれません。選択クラスは2週間に一度、選択を変えることができます。

講師については、人によって教え方がやはり全然違います。担任制ですが、最初の先生の教え方が私には合わず、クラスを変えてもらいました。後者の先生の方がはるかにわかりやすく、楽しんで英語が学ぶことができました。
留学生の特徴としては、アジア4割、メキシカン、ブラジリアンなどが4割、あとはほかの国の方が多い感じです。
日本人の割合はクラス約15~20人に対し5~7人と多い傾向でした。

カナダでの生活(滞在・食事・休日)について

はじめの一か月はホームステイにしました。食事は2食を選択し、朝夜食事を提供していただきました。私のホストファミリーは台湾からの移民の方、かつ親切な方だったので、食事内容も充実していました。しかし、周りの友達の中には、食事が合わない、ほとんど炭水化物で野菜がほぼないと嘆いている子もいました。
休日は図書館に勉強をしに行ったり、友達とハイキングや近隣のシティ、ごはんやショッピングに行っていました。後半からはマッサージのバイトにつくことができたので、バイトに行っていました。

カナダ・バンクーバーでの英語学習環境について

バンクーバーには大きな図書館があり、Wi-Fiもあるのでそこで勉強するのがおすすめです。また、日本人コミュニティサイトではスピーキング練習する人を集め、仲間うちで練習していることもありました。あとは、自分から友達を作りに行くためにクラブに行ったりバイトを始める、学校の英語がうまい海外の子と仲良くなって遊びにいくのが一番いいと思います。自分で英語環境に飛び込んで行く努力が必要かと思いますが、探せばすぐにきっかけは見つかります。

1ヶ月経過したカナダ留学の感想

6月頭にバンクーバーに来ました。朝はまだ寒くて長袖は必須ですが午後から暖かくなり、薄い長袖シャツかTシャツでも過ごすことができます。
雨はほぼ降らず、降ったとしても数分から数時間でやみますので、傘はほとんど使いません。気候はとてもいいです。
慣れればとても住みやすいです。エンターテイメントは少ないですが、町は小さく公共機関が充実しており、スーパーもショッピングも充実しています。人もフレンドリーでとてもリラックスして過ごせています。自然豊かで気持ちがいいです。
英語力は、まだ伸びた実感はありません。

カナダ留学語学学校VGC Vancouver 2ヶ月経過後体験談

1ヶ月目の2ヶ月目の生活の変化

2カ月目はホームステイを出てダウンタウンに引越ししました。 家探しは大変でした。ホームステイ退去二週間前に引越し先は決まっていたのですが、退去一週間前に決まっていたところからやっぱり住めないと急にいわれ、焦りながら急いで家を探しました。バイト場と学校に近い所がいいと思い、ダウンタウンで探していました。

ウォーターフロントステーションの前のアパートメントに内見に行き、その部屋は5人で一つの部屋をシェアし、多国籍の環境でした。日本人コミュニティではないところ、立地がいいとおもい、また、ダウンタウンなど立地がいいところはすぐに埋まってしまうので、内見後すぐにそこに決め、デポジットを払いました。内見時に部屋のにおいが臭かったり住む予定の部屋が汚かったのですが、オーナーは入居までに何とかしておくといっていたにも関わらず、入居後も全く変わっていませんでした。一日住んでみましたが、頭が痛くなるほど臭いのと、ベッドで寝ると体に発赤ができ、痒くて眠れず、また駅前なので騒音がひどくうるさく、眠ることができませんでした。こんなところには住めないと判断し、翌日にオーナーに退去したいと話すと、デポジットの1/3しか返してくれませんでした。

次はチャイニーズカナディアンの男性とシェアルームをしました。少しプライベートに干渉してくることはありましたが、気にしないようにして住みました。ライブラリーの近くに住むことができたので、学校終わりにほとんど行っていました。 近くにスーパーもあるので、自炊もでき、問題なく快適に過ごすことができました。 一か月たてばバンクーバーのことは十分に理解してきたので、二カ月目は家探しのこと以外、快適に過ごすことができました。

英語力の変化

まったく支離滅裂だったのが、自分の言いたいことは短文ですが言えるようになり、相手に汲み取ってもらえることが増えました。簡単なことであれば相手が何をいっているのか理解できるようになりました。なので、学校の授業も一か月目よりも二カ月目の方が、先生が何を言っているのかわかるようになりました。 学校の異国籍の方と遊びに行く機会も増えました。しかし、簡単なことしか話せず、自分の思いが伝わらず、悔しい思いをすることが多いです。

カナダ/バンクーバーの魅力

バンクーバーの魅力はたくさんあります。
天候についてですが、バンクーバーは夏は暑すぎず寒すぎず、ちょうどいい気温で雨もほとんど降らず過ごしやすいです。

公共機関が充実していてとても便利です。乗り場もタイムスケジュールも充実しています。しかも安いです。コンパスカードという、SUICAに似たお金をチャージするカードをもつと、1ZONE内であれば月100ドル程度で乗り放題でお得です。しかも土日はZONEに関係なく乗り放題となるので、土地には遠い観光地に遊びに行っていました。

バンクーバーのダウンタウン内はスーパー、ショッピング、ライブラリー、飲食店と徒歩圏内になんでもあるので、とても便利で生活しやすいです。 バンクーバーにはたくさんのビーチがあり、ビーチへはバスで行けます。少し冷たいですが、入ることができます。海から大きな山々が見え壮大な景色なのでとてもリラックスできます。

ウォーターフロントステーションの近くから海越しにシティがみえ、夜は夜景がとてもきれいで、ベンチでゆっくりそれを眺めるのもリラックス方法のひとつでした。

学校のアクティビティでロッキーマウンテンの近くに連れてってもらいました。きれいな青い湖や壮大な山々をみることができました。時間はかかりますが、バスでそういうところにいけるっていう立地もいいなと思います。

ワーキングホリデー仕事探しについて

私の場合は、JPカナダという日本人コミュニティサイトを利用してみつけました。 もともとマッサージ系の仕事をしていたので、マッサージ店を中心に見て回りました。 オーナーが中国人の方のマッサージ店に履歴書をもっていくと、すぐに面接していただけました。週に何回入れる?VISAの期限はいつまで?経験は?と少ない質問のみですぐに採用が決まりました。経験があったので、すぐに施術にも入らせてもらいました。マッサージに使う英語もネットで探せば載っているので、お客様への対応もなんとかなりました。時給は20ドルの歩合制、お客からのチップは自分のものになります。

今後のカナダ生活に向けて

学校も今月で卒業なので、来月からは一人で勉強していこうと思います。 ほかのバイトも探し、英語を必要とする場所に行き、現地の友達作りにも励みたいと思います。ジャパレスは日本人が多いと聞くので、なるべく日本人がいないところに行きたいです。 バンクーバーは居心地がよく住みやすいので、ゆったり過ごしていきたいと思います。