名前:林 加奈さん
場所:カナダ
目的:語学留学

大学3年生の時に1年間カナダに留学した林さん。辛いことなんかほとんどなくて、楽しいことだけだった。最初の1週間は英語通じなくて苦しいこともあったけど、なんとかなるだろうって思ったし、実際になんとかなった。そんな強い意志を持った彼女とお話をさせていただきました。

なぜ留学に、 カナダに行きたいと思ったんですか?


今を逃したら人生で行く機会がないなって思ったから。もともと好奇心旺盛で、今見えてるところだけじゃなくて広い世界を見たいと思ったから。

学生時代にバスケをしていて、NBAが大好きだったからNBAが見られるところっていうのが、留学場所を選ぶ一番の理由だった。
※NBAはNational Basketball Associationの略で
 北米で展開する男子プロバスケットボールリーグ
アメリカは親に反対されていたのでアメリカ以外で考えた結果、カナダのトロントにチームがあったからカナダを選んだ。カナダを選んだのには他にも理由があってアメリカに近いし、発音とかそこを抑えてたら大丈夫かなって。無給インターンがしたかったんだけど、ビザが簡単にとれるのがカナダだった。

実際に行ってみてどうでしたか?

TOEICが500点から750点まで上がった。やっぱり留学中に頑張ってた分、英語力はついてくるしシェアハウスに8人で一緒に住んでたから友達も増えた。カナダに行って気づいたことは、宗教観が強いのと、ルーツがその国じゃない人がいるってこと。カナダ出身でカナダ育ちっていう人でも先祖がヨーロッパ出身であったり、南米出身であったりという人たちは自分のルーツを大切にするってことを知った。これって日本人にはあまりないことだから新鮮だったんだよね。

留学で学んだことを教えてください

人種の壁を特に感じなくなったことかな。この人は黒人だからこうなんだろうな、とかがなくなって、この人だから!っていう考え方になった。まだまだ自分の知らない世界があるってことに気付けたよね。

外国人だからっていうくくりが全くない。日本って島国だし、白人とは外観も違うから珍しがったりもするんだけどカナダは人種によっての差が全くなく、多国籍だからそれが当たり前なんだなって知った。あと個人的に感じたのは、カナダに住んでる人たちはなぜか上品なんだよね。笑 理由は言えないけど、実際に行ったからこそ感じられた。本当に楽しいことばっかりで嫌なこととか1つも思い浮かばないけどあえていうなら1年間で9Kg太ったことはだめだったなあ。

悩んでいる人に一言


人生1回きりです!目の前にやるかやらないかの選択肢があってやらない方を選ぶ理由がない。お金がかかるのと、社会人ならキャリアが中断するのはわかるけどそれを踏まえても絶対に行った方がいい。

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考