プロフィール

お名前

前田寛成さん

留学先

マルタ

学校

IELS

期間

4週間

留学後体験談

留学一番の思い出は

留学中1番の思い出をしばらく考えましたが何も出てきませんでした。なぜなら全てが最高の思い出で、人生で1番楽しかった1ヶ月だったからです。

特に心に残っていることは衣食住全てを国籍も人種も年齢も違う人達と過ごせたことです。いつもテレビで見てるような海外の憧れてた生活をすることができました。

How are you broから朝1日が始まり、放課後みんなで観光したり、海で泳いだり、クラブに行って踊ったり文化や宗教が違えど全員がお互いにリスペクトしていました。

マルタの海は人生で1番綺麗な海で感動しました。

夕食の時には各国の伝統料理を振舞ってくれたり、一緒に料理したり、お酒を飲んだりしました。

友人が帰国するとなると全員で見送って涙することもありました。笑

イタリア人からパスタの作り方を学び、ドイツ人からカッコよさを学び、スイス人から優しさを学び、フランス人から愛され方を学び、コロンビア人から人生を学び、ブラジル人からダンスを学び、トルコ人からスラングとクラブでの盛り上がり方とケバブを学びました。

この文を書いていてもすごくマルタが恋しく、出会った友人が恋しくて本気で泣いちゃいそうです笑

出会った友人とも毎日連絡を取り続けています。そのくらい一生モノの親友に出会い、またこの人達に会いに各国をまわりたいと強く思わせる留学でした。

■留学経験を今後どのように活かしていきたいか

今までバックパックで10カ国ほど旅をしてきました。

英語ができなくても海外の人とコミュニケーションを取ることが好きで「この世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔なんだーっ」 て思ってました。笑

ただ今回の留学で初めて海外の人とコミュニケーションを取るのが怖いって感じることがありました。

それは人種の違いや文化の違いの怖さとかではなく、英語でコミュニケーションを長く取れない、理解できない、ちゃんとした受け答えができてないことでした。

いくら笑顔で、誰よりもクレイジーに面白く振る舞っても結局は英語なんだと恥ずかしながら初めて痛感しました。

本当の意味で英語の大切さを理解することができました。

なのでこの貴重な経験をバネに今後英語をしっかり勉強して、マルタで知り合った親友に会いに行って驚かせたいです。

また英語面だけではなく思ったことが海外の人達は日本人よりも自分の意思で自分の人生を生きていることでした。

マルタで出会った人達は将来の夢が圧倒的に明確だし自分のやりたいことにフォーカスしている人が沢山いました。

例えば僕の親友で優しくフレンドリーなシングルマザーのコロンビア人がいます。

飲食店を地元で経営してたのですがストレスが多く自分の人生を変えたいと思いアメリカで働くために娘を母親に預けて六ヶ月一人でマルタに留学しています。

並々ならぬ覚悟をもって誰よりも熱心に英語を勉強していました。

なぜそこまでの行動ができたのか聞いたところ「自分の人生に後悔はしたくないし、私と娘の将来の幸せを考えたらこの決断がベストだった」と答えてくれました。この言葉はすごい今の自分への刺激になりました。

このように周りに熱い想いや覚悟を持った方がいて自分も後悔する人生は選びたくない、この人たちに負けずに頑張って今度は僕から刺激を与えられるようになりたいと思えるようになりました。

留学ブロガー開始申請フォーム


留学が実際に始まってからの執筆開始でOK!!
留学GEARは留学期間中毎月1記事の執筆で1万円の給付奨学金を提供しています。

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。
名前
メールアドレス
電話番号
予定出発時期
予定留学期間
留学検討中の国
備考