アメリカ全米に7校舎展開しているFLS語学学校
そのうち5校はコミュニティカレッジまたは大学内に位置し、大学併設の語学学校として運営されています。大学併設の語学学校としてのメリットは、学校の設備を現地の生徒と同じように使用する事が出来るのでコミュニティやアクティビティが豊富なこと!FLS独自のアクティビティも週3~5回という頻度で開催されており、スピーキング力を鍛えるチャンスも。
英語のクラスは18段階という非常に細かいレベル分けがされています。初級から大学院までのすべてのレベルの学生を受け入れており、あなたの英語力に合ったクラスを見つけることができます。。毎年全世界70か国から学生が集まり、アメリカ文化だけでなく国際的な経験を積むことのできる環境があるのもおすすめポイント。こちらのページではボストン留学★FLSボストンコモンズ・フィッシャーカレッジ校/Boston Commons&Fisher Collegeについてご紹介。Lets Check  it out!!

Features/特色

FLS Boston Commons/ボストンコモンズ校は6~15人と非常に小さいクラスが特徴で、英語教師と生徒の距離が比較的近いのが特徴。その後名門校への大学編入など考えている学生にもピッタリの校舎。多国籍の多いFLSの中でも一番多国籍な校舎となり、本格的なグローバル経験も期待できそうです。FLSレベル10を超える英語力の学生には提携校であるフィッシャーカレッジにてFLSの授業を受ける事ができるのも魅力のひとつです。

Location/場所

New York/ニューヨークから車で約5時間ほど北東にあるMassachusetts/マサチューセッツ州に位置するBoston/ボストンにあるFLSボストン・コモンズ校。ボストンと言えば名門校Harvard/ハーバード大学を浮かべる方が多いのではないでしょうか。そうです、ボストンにはハーバードをはじめとする有名校であるマサチューセッツ工科大学やバークリー音楽大学など、とにかく沢山の大学が集まっている学術都市。ご存知の方も多いと思いますが、ボストンは日本とも深い親交があり、ボストンと京都は姉妹都市として結ばれています。イギリスの植民地としても歴史上とても栄えていたボストン、石畳の路地にレンガ造りの街並みは色濃く残り、ヨーロッパを思い立たせる雰囲気もあるんですね。 
そんなボストンでの留学は、国際的な交流を経験できるだけでなく、名門校を求めて世界中から学生や研究員が訪れていることから、とにかく意識の高い学生や教授と同じ環境で生活を送るメリットも。また意外にも日本人の数は多すぎないというメリットがある為、日本人が少ない学校で英語を学びたい人にとってはとてもおススメメできる学校です。

Access/交通

公共交通手段は充実しており、街中はもちろん郊外まで行き届いています。ボストンではアメリカで一番古いTと呼ばれるMBTAが運営する電車・地下鉄があり、ホームは路線によって色分けされていて分かりやすい。お得なチケットの種類も豊富です。ボストンの端と端を結ぶ一番長いレッドラインは便利な路線の一つ。また、市内・市内外へとバスも充実しており、長距離バスもあるので車がないと生活ができないというイメージからは程遠く、車なしで十分に生活ができるのがとても便利です。

Climate/天候

日本と同じ春夏秋冬があるのが特徴ですが、少し気温は変わってきます。夏はエアコンがなくても室内が過ごせる日があるなど、日本ほど湿気がなく、比較的ボストンの方が涼しい夏になります。一方、冬は東京と比べるとボストンの方がずっと寒く、特に12月~3月は氷点下になり、雪も沢山降ります。寒いのが苦手な方は、留学時期に注意するといいと思います。しかしボストンの多くの建物や家庭内は冬の間はセントラルヒーティングというシステムで建物全体で温めており、半袖で過ごせてしまうくらいの暖かさの室内も。冬のボストンの室内に関しては、日本より暖か事が多そうなので、冬が苦手な方も安心できるのではないでしょうか。

Security/治安

特に大きな心配はありませんが、最低限のボストンエリアでの注意事項は知っておくアメリカ必要があり、特にロックスベリー区、ドーチェースター区、マタパン区は少し意識したほうがいい地区です。ただボストンはアメリカの都市治安ランキングでも上位の6位という上位であることから、基本的に安心して過ごして頂ける都市と言えます。また基本的にはFLSの校舎は地域を厳選しているので、治安が心配という方にも安心していただける学校です。万が一、心配な事がありましても日本人カウンセラーがカルフォルニアの本社に在籍しているので、電話でも相談が可能です。

Tourism/観光

ボストンといってまず欠かせない観光のうちの一つとして、1つ目は、Freedom Trail/フリーダムトレイルという10数か所のアメリカ建国の史跡をめぐるツアーが挙げられます。季節によっては、National Historical Park Visitor Information Center/ナショナルヒストリカルパーク観光所のパークレンジャーによる無料のツアーが日曜日に先着で行われるので要チェック。また近年オープンしたHarvard Art Museum/ハーバード大学美術館もとても人気です!名門ハーバード校が所有していた3つの美術館が今までは東洋美術・北欧美術というように地域別に分かれていましたが、大改修工事を経てひとつのスペースで見れるようになったんです。ピカソ・ゴッホ・ルノワール・モネ・ゴーギャン・といった知名度の高い芸術家たちの作品はもちろんの事、東洋美術の分野も充実しており、なんと日本の絵巻き図も多数保管。一般公開はしているものの、実は実際に芸術を学んでいるハーバードの学生や研究員、講師たちの学習用のギャラリーなんですね。ハーバードの現役学生による解説も聞くことができるので、貴重な経験になること間違いなしのスポットです。

 

 

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考