One project選考②〜選考の一部始終編〜

Hello〜

 

 

ハマってしまうと、とことんハマる小寺です。

「インターンシップ」という映画が面白く、毎日DVDを観ています(笑)

Googleにインターンシップに行くという、面白い話なのでコメディが好きな方は是非!!!!!

 

 

 

 

 

前回の記事から引き続きOne projectの選考について書いていきます。

 

 

 

①書類提出

 

仮エントリー後、該当項目に回答し提出します。

 

・行きたい国

・留学理由

・成し遂げたい夢

・下克上のために必要なこと(ここはその都度変わると思います)

 

上記について書きました!

私は文章を書くのが苦手なので、伝えたいことを詰め込みましたが、長文ではなかったです。

現状の自分→将来どうなりたいか→その為に何をするか等を意識して書きました。

 

 

 

 

②1次面接

 

提出した書類についてや留学について質問がありました。

緊張しすぎて、何を質問されたか詳しくは覚えていませんが、答えられるように準備をしていました。

 

 

 

これを見せながら話す予定でしたが、見せるタイミングが分からず、質問された時にちらっと見るくらいしか使わなかったです。

でも緊張すると伝えたいことを100%伝えれないと思うので、作って良かったと思います。

 

 

 

③2次面接

 

自分の中で1番てこずりました。(笑)

事前に「oneとしてどんなプロモーションをするかを考えてください。」と課題がありました。

 

もちろんプロモーションは考えていましたが、「あなたが何故oneに選ばれるか?」という質問で止まってしまいました。

 

私しかできないことってなに?????

 

という感じで、

終わった時は「落ちたな…」という感覚でした。

 

 

 

「結果は1週間ほどで連絡します」と仰っていたので、毎日祈る思いでした(笑)

 

 

 

 

 

 

④代表面接

 

変化球の質問がくると、歴代のoneの方のブログに書いてあり、構えていました。

 

緊張はしましたが、思っていた以上に話しやすく、安心感がありました。

 

変化球の質問はすぐに答えられませんでした。

たしか、「自分の性格を食べ物で例えるなら」だったかな?

間違ってたらごめんなさい。

自分のメモに答えしか書いてないので…

 

多分、何故そう考えるかを見てると思います。

 

 

 

 

 

⑤追加資料提出

 

面接後、すぐにメールがきて、追加資料を提出しました。

 

 

・字は丁寧に書く

・独自性をだす

・色をつける

 

これを意識しました。

依頼メールを受け取ってすぐに取り掛かるのが本来ですが、期限の前日にだしました。(1番悔やんだ)

 

 

 

 

 

⑥追加面談

 

追加で提出した資料を中心に質問を受けましたが、Oneにもしなったら、という話もありました。

 

 

2回目の追加面談で、結果発表を受けました。

その後、留学時期やお金、滞在都市等細かい話をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一連の流れを書きましたが、これが模範解答というものはありません。

留学したい気持ちと準備は大事です。

留学したいのはなぜか、今後どうなりたいのか、自分が面接で最大限力を発揮する為にはどんな準備をすべきか。

 

あとは自分を知ること、向き合うことが大事なんではないでしょうか?

 

One projectは飾らず、過去の栄光もいりません。

あくまで今と未来を見ましょう!!!

 

 

 

 

因みに、口から心臓が飛び出るくらい緊張したり、合否通知のメールを何度も確認したり…これ普通の現象ですか?(笑)

 

って思いましたが、

 

 

普通だと思います。

 

なので、同じ状況の方、大丈夫です。

思いっきりやり切りましょう!!!!!

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

ほとんど質問を覚えておらず、すみません。

何かお役に立てればと思います。

 

 

 

 

Bye〜

 

 

過去の記事

 

 

 

Instagram

Facebook

フォローや質問等は気軽にどうぞ

お待ちしております💐