イギリス生活も2ヶ月経ってみたら 〜旅するイラストレーターこまつきょうこ🇬🇧

こんにちは!イギリスOneのこまつきょうこです。

イギリスに着いたのが、2ヶ月と1週間ほど前です。
なんだかとっても前のような気がする!!!
はじめはずいぶん何度も何度も「だいじょうぶ」って自分に言い聞かせていました。(だいじょうぶじゃなかったなあ、と今になって思います。)

なんだろう、何が変わったのかな。

 

出国前

とにかく緊張していました。楽しみだった反動もあるけど、ひさびさに6ヶ月海外暮らしなんてどうなるか…とドキドキでした。

 

到着後

イギリスの景色にうっとり…しつつも、英語漬けの毎日に加えて真冬の真っ暗な寒さにかなりダメージを受けていました。

 

1ヶ月後

余裕が出てきてよく出かけるようにしました。学校の外で知り合いもできて、生活への視点が変わった感じ。少しずつ肩の力が抜けてきました。

 

2ヶ月後(今)

天気が良くなった!(大事)
何か気に触ること言われても「うう」となっていたのが、言い返せるようになりました。(この話はまた別でたっぷりします!)
いい意味で自分主導になってきた気がします。

 

これまでを通して、一番大きく変わってきたのは生活への慣れと自分への自信です。新しい場所に来たばかりでは、慣れることに力をかなりとられましたが、今は落ち着いてきました。
と書くと簡単そう!に見えますが、実際はもっとアップダウンありましたよ。でもそれを経験しての今のわたしがあるので、くっそーと思うことも悔やんではいません。ぐぬぬと思った時ほど頭を使ったり知恵をつけたりしたので、わたしの糧になっているはずです。
失敗と名付けていいものもいっぱい経験しました。以前なら悔しんだだけだったでしょう。でも、そこから何か学んだり身につけたなら、それはもう失敗じゃなくなるんです。

小さい頃は、大人になったら失敗なんてしないものだと思っていましたし、大人になってからは失敗は恥ずかしいものだと思っていました。
でも、「失敗しないように」いろんなことを選択していくのと、「これがしたい!」と決めたことに失敗が伴うのとでは意味が違います。もちろん、自分を守るために失敗を防ぐというのも大事ですが、そこには「自分はどうしたいか」という意識を持っていることが必要です。

わたしは小さな間違いなんていくつもしたし、自分にガッカリしたことなんて何度もあります。でも、それで?なんですよね。本当は。
出国前は自信ない自分でいるのが当たり前(と甘んじていた)でしたが、今はもっと自分でいることが心地よくなりました。
英語で話しているからというのもあるかもしれません。わたしにとっては外国語なので、常に何を言いたいかはっきりさせておかないと伝えたいように伝わらないから。それはとても疲れることでもありますが、ここでの生活自体がわたしにとっては「自分の自信」を再構築していく場にもなっています。

英語を学ぶなら、日本でやった方が効率がいいと思います。教材も手に入りやすいし、オンラインで学べる環境もたくさんあるし。何も苦労して海外生活することは絶対必要ではないのです。実際に留学せずにビジネスレベルもしくは大学レベルの英語を身につけた人も少なくないですし。
でも、あえて海外での生活を選んだのですから、受けて立ちますよ。そして大変でも楽しんでやれ!と思える少しばかりの皮肉さ余裕も忘れずに。

あと3ヶ月後、イギリスでの生活に一区切りつく時、またどう思っているかな。楽しみでもあります!
ではまた!

 

 

こまつきょうこ自己紹介ページ


こちらでも日常のこと、旅のこと、イラストなど公開しています。

よかったらぜひフォローしてくださいね。
instagram
note
twitter

 

留学やOne projectが気になったみなさま、
まずは Enginnier Limited の留学カウンセラーの方に相談してみましょう!
どんな小さな夢だと思うことでも、しっかり向き合って聞いてくださる方々です。
相談先は以下のフォームから:

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考