イギリスで発見したハマっていること〜パブはお酒飲まなくても楽しめる場所だ!〜旅するイラストレーターこまつきょうこ🇬🇧 

こんにちは!イギリスOneのこまつきょうこです。

日本にいた時は、「お酒弱いから」と居酒屋もバーもあんまり行きませんでした。
それに、車生活だったので、飲んだら代行が必要だしさらにお金かかるし、、、と好んで行く場所ではありませんでした。

でも、イギリスに来てから、”お酒を提供する場所”にはよく行くようになりました。ご存知の通り、『パブ』と呼ばれるところです。
これが、「いかにも飲む場所」というよりは、「集う場所」としての機能が大きいです。(集まったら何かしら飲むから飲む場所なんだけども)
数百年経った建物で、暖炉があって落ち着いた雰囲気のところがあったり、昼間はカフェとしてオープンしてて開放的な雰囲気の場所だったり、というところもあります。もちろん、中にはこじゃれたバーがあってオサレな人たちでいっぱいのところもありますが、基本的に気楽に入りやすい場所が多いです。

そして、頼むものもお酒じゃなくてもオッケー。当然のように夜もお茶はメニューにありますし、ソフトドリンクもあります。何を飲むかより(そして酔うかどうかより)、誰とどんな会話を楽しむかの方がもっと重要なのです。
オサレなところに入った時は、お茶…じゃないよねえと一緒にいた子と頷き合いお酒を頼みましたが(笑)
基本的になんでもおっけー。

そして、複数名で一緒に行って飲み物を頼む時は、1人が全員分を1回で支払います。で、次は他の人が…という順番制。正直なところ、これちょっとプレッシャー感じて苦手と感じます。はは…。でも、それぞれ払いたい時はそう言って一人分支払うことにしてもいいみたい。わたしは一晩で1杯くらいしか飲めないから、別々はらいたいですよ…。
でも、パブは一緒にいる人たちとの時間を楽しむ場所。周りがビールやお酒を頼んでいても、お茶や他の飲み物で会話を楽しんでいますよ。

お店によって雰囲気や特徴が違うので、お気に入りがきっと見つかりますよー!ぜひ試してみてください。

 

こまつきょうこ自己紹介ページ


こちらでも日常のこと、旅のこと、イラストなど公開しています。

よかったらぜひフォローしてくださいね。
instagram
note
twitter

 

留学やOne projectが気になったみなさま、
まずは Enginnier Limited の留学カウンセラーの方に相談してみましょう!
どんな小さな夢だと思うことでも、しっかり向き合って聞いてくださる方々です。
相談先は以下のフォームから:

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考