[Nao’s🇵🇭] フィリピン留学は本当にオススメできるのか?

13代目Oneのナオキです!

 

セブ島の封鎖に伴い、3月28日に緊急帰国する事になりました。

また留学中止に伴い、今回が最後のブログ更新になります

 

これから留学に行く人の為にも、フィリピン留学はどのような人に向いているのかについてお話しして行きたいと思います。

 

あくまで個人的な意見ですが、忖度なしに、そして、誤解を恐れずに、自分が感じた事を書いていきます。

 

 

1.フィリピン留学はどのような人に向いているか?

2.フィリピン人の英語力

 

1.フィリピン留学はどのような人に向いているか?

 

留学経験がなく、英語のレベルが初級から中級レベルの人です。

分かりやすい指標で言えば、TOEIC800点以下、TOEFL80以下、IELTS5.5以下の人の人にはオススメできると思います。

逆に、上記のテストで基準以上のスコアを持っている人はフィリピン留学は辞めて、英語圏の国に行く事を強くオススメします。

また英語圏に交換留学予定(語学留学を除く)の学生や社会人にも、フィリピン留学はオススメしません。

 

理由としては、

フィリピンで味わえる英語の壁は、そこまで高くないからです。

 

言い換えれば、フィリピン英語は非ネイティブの英語に過ぎないからです。

 

英語のレベルが中級以上の方がフィリピン留学をすると、意外と英語が聞き取れるという感情をきっと抱くと思います。

 

それは何故かというと、

フィリピン英語はネイティブが使うスラングや独特の言い回しが少なく、会話のスピードもかなり遅いからです。

受験英語のボキャブラリーの中で、非ネイティブが流暢に英語を喋っているというイメージが正しいと思います。

また発音に関しても、フィリピン英語の発音とネイティブの発音は明確に異なります。

 

私は中級以上の英語力を有している人は、もっと大きな英語の壁に直面した方が、学べることが多いと思っています。

英語圏の国の学校でネイティブの先生と会話をする方が、目指すべき目標がはっきりしますし、ボキャブラリーや流暢さもより高める

事ができると思います。

 

もう少し付け加えると、

フィリピン留学はあくまで、ステップアップとして割り切って考えるべきだと思います。

初級から中級へのステップアップの為、英語圏の語学学校への留学へのスッテプアップの為だと考えた方が賢明です。

 

 

2.フィリピン人の英語力

 

フィリピンでは小学校から英語の教育が始まり、国語以外の授業は全て英語で授業が行われます。

その為、学校の先生だけに関わらず、国民の多くの人が、ある一定程度の英語力を有しています。

特にリスニングに関しては、高い英語力を持っていると感じました。

 

ではスピーキングに関しては考えてみると、

普通に外で歩いている人のレベルは、中級以下なのではないかと感じました。

というのも、日常会話はセブアノ語を用いており、英語でコミュニーケーションをする機会は一般人にとって多くないからです。

教育や観光業などに従事しているフィリピン人以外は、そこまで英語のレベルは高くないと思います。

 

次に学校の先生は、英語を流暢に話し、表現する内容も豊富です。

高等教育を受けたヨーロッパ人やネイティブと比べれば、ボキャブラリーの量、発音、流暢さ、イントネーションなど

負けている面はありますが、概して初心者から中級までのレベルの日本人英語学習者からすれば、学べる事は多いと思います。

 

フィリピン人の先生の英語力が自分に適応しているかについては、本当によく吟味した方が良いと思うので、

私は一度オンラインの英会話レッスンでフィリピン人の先生と話してみることを強くオススメします。

語学学校の英語の先生は、オンライン英会話を副業としてやっている事も多いので、自分の英語のレベルとの相性を見極める為には、

最適かと思います。