[Nao’s🇵🇭]フィリピンに持ってくれば良かった持ち物、持ってきて良かった持ち物

Maayo’ng udt(マーヨンオッド)!

セブの現地語で「こんにちは」という意味だそうです!

 

今回は、フィリピンに持ってくれば良かった持ち物、持ってきて良かった持ち物について

ランキング形式でお話ししていきたいと思います!

 

持ってくればよかったもの、

 

No1.ポケットWifi

第一位は、ポケットWifi。

 

セブ島のネット回線はあまり強くありません。

地域によってはアンテナが立たないところも多く、

建物の中では特に電波が弱くなってしまいます。

動画の視聴やSNSの閲覧もまともに出来ない事もあるほどです。

 

またCPILS内のWifiは大勢の学生が使っている事もあり、時間帯によって速さが全く異なります。

加えて、原因は分かりませんが、パソコンがWifiに繋げられないなど、ネット関係に関してはかなりストレスが溜まる事が多いです。

 

なので、ポケットWifiがあれば快適にネットを使うことができると思います。

特に、スマホを辞書代わりに使っている人やYoutubeで英語の勉強を自主的にしている人には強くおすすめしたいです。

 

No2.トイレットペーパー

第二位は、トイレットペーパー。

セブのトイレには、トイレットペーパーが付いてない事が多く、

自分で持ち歩く事が前提です。

 

もちろん、コンビニやモールなどに行けば基本的にどこでも購入可能ですが、

セブ行きの飛行機が夜中に到着する人は注意です。

 

トイレットペーパーを販売しているお店は閉まっているので、トイレットペーパーなしで朝まで過ごさないければなりません。

CPILSのトイレもトイレットペーパーは付いていないので、朝にCPILS内のお店が開くまで待たなければなりません。

 

持ってきてよかったもの、

 

No1.短パン

セブ島は昼夜問わず、本当に暑いです。

日本ほどではないですが湿度もあるので、短パンがあればQOLが上がります。

現地でも短パンは売っていますが、服にこだわりがある人はお気に入りの短パンを多く持っていく事をおすすめします。

 

No2.自習用教材

単語やWritingなど自分の弱点が分かっている人は、自習用教材を持っていく事をおすすめします。

特に単語帳に関しては、日本語でかつ自分の好みのレイアウトの物の方が

学習の効率が高いと思うので、是非持って行く事をおすすめします。

 

 

最後に

セブ島には、

大型ショッピングセンターがある為、基本的なものであれば現地調達が可能です。

服に関しても、UNIQLOやH&Mなど多くのブランドが出品しているので、足りない物があれば現地調達出来ます。

 

———————————————————————————————————————————————————-

 

SNSも良かったら覗いてみて下さい!

Instagram: https://www.instagram.com/nao___2525/?hl=ja

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100003670538021