イギリスが舞台!〜ロケ地を巡ろう 映画編①〜

Hello〜

 

 

 

e-taxで確定申告をした小寺です。

還付申告は2月1日からできるので1日にやろうと思っていたのにすっかり忘れてました。

所得も控除も種類が少ないので簡単にできますが、こういう時会計事務所で働いていて良かったな〜と思います(笑)

 

 

 

 

前々回の記事で「留学で経験したいこと」について書きました。

その中のイギリスを堪能したい!!という内容について詳しく書いていこうと思います。

 

 

今回は映画のロケ地編です。

 

 

 

調べてみると、イギリスには映画のロケ地とされている有名な場所がいくつかありました!

 

 

今回は有名なハリーポッターのロケ地について5つ書いていきます!!

 

 

①WBスタジオツアー

 

 

 

これは前から行きたいと思っていました。

昔アメリカのWBスタジオツアーに行ったことがありますが、やっぱハリーポッターといえばイギリスやなーと会話した覚えがあります(笑)

また当時はgossip girlやFriends などのドラマを観てたので、そちらに興奮してました(笑)

 

 

 

ロンドンのWBスタジオツアーはハリーポッターの世界観が体感できるということで行ってみたいです。

 

また2020年4月3日から2020年9月6日まではスリザリンを特集するようです。

 

 

少し前にニュースで「2023年春 としまえんにて映画撮影に使われたセットを見学できるロンドンの施設を参考にしたテーマパークの検討が進んでいる」とやっていました!!

遂に日本でもスタジオツアーができる日が来るのですね。

楽しみです!!

 

 

 

②エディンバラ城

 

これを見て「あっ!これは!」となった方いらっしゃるんじゃないでしょうか?

そうです。

ホグワーツ魔法魔術学校のモデルとなった城です。

 

 

城内は歴史を物語る城壁や巨大な大砲が残っており、城門にはスコットランドの民族衣装を着た衛兵が立っているようで、毎日午後1時になると空砲が発射される「ワン・オクロック・ガン」という伝統儀式が行われるそうです。

 

ハリーポッター以外にも楽しめるのは嬉しいですね。

 

 

③キングスクロス駅  

9と3/4番線ホーム

 

キングスクロス駅はロンドン北部に実在する駅で、イギリスの主要幹線イースト・コースト本線の始発のようです。

 

 

 

ホグワーツ特急や9と3/4番線ホームは架空の存在ですが、多くのファンが訪れることからホームには9と3/4のプレートや壁に半分埋まったカードがあります。

 

以前イギリスにいるYouTuberの方が、すごく並んでいるって仰っていたので、覚悟して行かないといけないですね。

それほど人気なのだと伺えます。

 

 

④レドンホールマーケット

 

こちらはハリーポッターと賢者の石でハリーがハグリッドに連れられ、ダイアゴン横丁へ向かう場面でマーケットを歩いていました。

ダイアゴン横丁に繋がる「濡れ鍋」の入り口もあるみたいです。

 

またイギリス感が溢れるマーケットでショッピングやパブも楽しめます。

 

 

 

⑤オックスフォード大学

 

 

ホグワーツ魔法魔術学校の図書館や大広間はセットではなく、実際に撮影をしたロケ地であることをご存知ですか?

現在も学生や教授の食堂として使われており、時間に制限はあるものの一般客も見学できるそうです。

 

 

 

 

行きたいところはありましたか?

他にもロケ地がたくさんあるようです。

これからハリーポッター以外にもロケ地を紹介していくのでお付き合いください!

 

 

 

 

Bye〜

 

Instagram

Facebook

 

フォローや質問等は気軽にどうぞ

お待ちしております💐