ホームステイ先について 〜旅するイラストレーターこまつきょうこ


こんにちは、イギリスOneのこまつきょうこです。
イギリス滞在も2ヶ月目です。

 

ホームステイをしてみて

現在もホームステイ中です。ホームステイするか迷ったのですが、選んでよかったですよ。

今のお宅は、3人家族でソーシャルワーカーの母親と2人のお子さんがいるところ。
以前も他の国の子を受け入れたことがあるそうで、慣れてるようです。あまり気負いせず滞在させてくれてる印象なので、ちょうどいい具合の距離感があってこちらも気が楽です。

朝ごはんは、シリアルやトースト、ヨーグルトや果物などを自分のいい時間に食べます。
夕食は基本的には家族で一緒に同じものを食べます。
もちろん、家庭によって違って、朝ごはんも一緒にテーブルを囲んだりする場合もあります。

ちなみに、わたしが通っている ces オックスフォード校は、徒歩圏内にシェアハウスがほぼないのでホームステイしている人がほとんど。

 

以下にホームステイについてまとめました。
ホームステイをするかどうか迷っていたら、よかったら参考にしてみてくださいね。

ホームステイするかしないか

「何を優先するか」で決めよう

1)徒歩圏内に住みたい
2)家でも英語環境にいたい
3)食事の心配をしたくない
4)滞在先について相談できる人がいてほしい

オックスフォード校に通うのを決めた場合、上記が優先事項の場合はホームステイがおすすめです。

1)徒歩圏内に住みたい
ces OxfordのあるWeatleyは、シェアハウスを探すのが難しいです。
Airbnbの部屋もいくつかありましたが、数週間単位だと割高になってしまいます。 (食事なし部屋だけで月8-9万円くらいから)
学校斡旋のホームステイ先だと、学校に徒歩圏内なので通学が便利です。
ホリデーシーズンと重なる場合は、近くに探すのが難しくなり、バスで通学範囲に決まることもあるようです。

2)家でも英語環境にいたい
1日のうち必ず1食は一緒のテーブルに座って会話を持ってくれるようです。基本的には夕食ですが、中には朝食の場合もあるみたいです。
シェアハウスでも同じく英語環境を持てると思いますが、ホームステイの場合は地元の人と暮らすので、cesのあるWheatleyという地域を知るにもいい環境だと感じています。

3)食事の心配をしたくない
ホームステイ費用は、安くはありません。でも
1日2食込みなので、1週間あたりの滞在費は額面より割高には感じないかも。
※ホームステイ費用:2020年現時点で1週間あたり190ポンド(£1=142円で計算して約27000円弱)

また、基本的にはステイ先の台所は使えないようですが、家庭によっては使わせてくれる場合もあるようです。わたしの場合は、台所を使えるのが重要なので、リクエストして今のお宅に決まりました。

4)滞在先について相談できる人がいてほしい
学校が斡旋してくれるので、希望を伝えることができます。食品アレルギーや食事(菜食など)、ペット、小さい子供と同居の有無などリクエストはできます。必ず全ての希望が通るとは限りませんが、学校の宿泊担当の方が最善をつくしてくれます。
また、ホームステイに滞在中も不安を感じたり、心配なことがあったら担当の方に相談できるのも気持ちの面で安心ですね。留学生たちに慣れているので、「こんなこと聞いたら変かな」なんて思わず聞けるのもすごく助かるところです。

「それでもホームステイよりシェアハウスがいい!」という場合
Headingtonだと比較的見つけやすいようです。飲食店や様々なお店も多く、実際に暮らしている人に聞いても生活しやすいエリアのようです。オックスフォード市内とcesの中間にあり、移動するにもバス1本で便利がいいです。

あえてホームステイのマイナス面を言うなら
1)他人と暮らすことになるので、意見や好みが合う・合わないは必ず出てきます。それを自分から楽しもうとする意識が持てないと、生活自体がかなり辛くなるかもしれません。
そして、全く逆のことに聞こえるかもしれませんが、無理しすぎない・我慢しすぎないこともとても大事です。大きな負担になる前に誰かに相談する、ということも忘れないでいてほしいポイントです。
でも、ホームステイに限らないですね。

2)食事が好きになれなかったらつらい…かも。短期間の旅行なら、現地の食事もある意味アトラクションなのですが、長くになるにつれやはりずっと食べ慣れた味は恋しくなるのが自然です。それでも、他人である留学生を受け入れて、食事の準備をしてくれることはお金をもらっているとはいえ大変なこと。おいしい時は素直に伝え、どうしても食べられないものがあったらそれも伝えるようにしてくださいね。学校側からもホームステイ申し込み時に聞かれます。

生活全体で意外と大変なこと
あくまで一般論ですが、日本で生まれ育っていると、他人に対してネガティブな思いや感情を伝えるのが(自分で思っている以上に)抵抗を感じるはずです。そして、そういった外側に身についたもので、意外と自分の本心が自分で見えなくなっていることも多いのです。少なくともわたしはそうでした。
英語で伝える・表現することが難しい以前に、本心を表に出したり自分なりの意見を伝えたりすること自体が思った以上にかなり難しいです。無意識にしていたこと・避けていたこと・しなくて済んでいたことが、海外生活では明るみになってきます(うおお)

いろいろ書きましたが、一番肝心なことは、「楽しむ!」ことです。受け身でいるより自分から楽しんだら、意外とうまくいくことって多いです。

 

こまつきょうこ自己紹介ページ


こちらでも日常のこと、旅のこと、イラストなど公開しています。

よかったらぜひフォローしてくださいね。
instagram
note
twitter

 

留学やOne projectが気になったみなさま、
まずは Enginnier Limited の留学カウンセラーの方に相談してみましょう!
どんな小さな夢だと思うことでも、しっかり向き合って聞いてくださる方々です。
相談先は以下のフォームから:

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考