Sakura🌸One留学中に行きたいイギリス都市

 

みなさん、こんにちは〜

Sakuraです!

 

私は12代目イギリスOneに選ばれて、来年4月頃からイギリスの語学学校で留学します。

前回は、私が過去に行った時のイギリス旅行について紹介しました👇

Sakura🌸大学時代のイギリス旅行の思い出

その時は1週間ほどの旅行だったので、ロンドンとコッツウォルズにしか行けませんでしたが、今回4月からの留学では2ヵ月いる予定です。

なので、今回は「イギリス留学中に行ってみたい街」について記事を書こうと思います!

 

 

 

~留学中に絶対に行きたい8都市~

 

 

1.エディンバラ(Edinburgh)

スコットランドの東岸、フォース湾に面するこの都市は、グラスコーにつぐスコットランド第2の都市で、政治の中心。同国屈指の世界都市でもある。人口は2006年時点で463,510人。旧市街と新市街の美しい町並みは、ユネスコの世界遺産に登録されていて、旧跡も豊富。

旧市街、新市街ともに世界遺産として登録されているスコットランドの首都エディンバラ。

特に旧市街は、歴史的な建造物が多いため、中世のような雰囲気が漂っています。現代のアテネとも称されている非常に美しい場所です。街のどこを歩いていても楽しい空間が広がっています。ロンドンよりはこじんまりとしていて、街歩きも徒歩だけで楽しめます。

そして、エディンバラに行くのなら、「エディンバラ城」とウイスキーの博物館である「スコッチウイスキー・エクスペリエンス」には必ず行きたい!

エディンバラ城は、イギリス国内で最も歴史のあるお城の一つ。また、あの「ハリーポッターのホグワーツ魔法学校」のモデルとなったお城でもあります。

 

 

2.オックスフォード(Oxford)

イングランド東部にあるオックスフォードシャー州都である、地方行政区。圏において最も古い大学であるオックスフォード大学ほ拠点であることから、大学都市として有名。

ロンドンから2時間で到着する小さな街。街全体は小さいのでロンドンから日帰りで楽しめるのが魅力。

世界的有名なハリーポッターや不思議の国のアリスの舞台となった場所とも言われています。

また、有名なオックスフォード大学と教会が所々にあり、町並み自体が絵本の世界でとても可愛らしい。

 

 

3.バース(Bath)

イングランド西部、サマセットにある単一自治体のバース・アンド・ノース・イースト・サマセット内の都市である。三つの源泉から供給される温泉で著名であり、 イングランド有数の観光地である。

街全体が世界遺産に登録されている街。

お風呂(bath)の語源となった世界遺産都市バースは、お風呂の歴史を辿ることができる博物館や、おしゃれな街並みで、イギリスの観光地としては超有名です。歴史を感じることができる建物が多いので、ヨーロッパの歴史が好きな人には堪らない街でしょう。

そして、ストーンヘンジの近くにあるのでセットで一緒に行くことがオススメです!

 

 

4.ブライトン(Brighton)

イングランド南東部に位置する都市。知名度・規模ともにイギリス有数の海浜リゾートである。観光都市であることから、ホテルやレストラン、エンターテインメント施設が多数あり、これらの施設を活かしたビジネスカンファレンスなども頻繁に開催されている。この他の側面として、大学や語学学校をはじめとする教育施設が多い。このため学生が多く、パブやナイトクラブが多数あり、パーティ・タウンとしても有名である。

ロンドンの南に位置するブライトンは、イングランド有数の海浜リゾートの一つ。さらに音楽の街で有名で、ビートルズのポール・マッカートニーやアデルが住んでいるという噂もあります。のんびりとした雰囲気が漂う海辺の街で、美味しいシーフードや、綺麗なビーチが楽しめます。

ヨーロッパ最大のLBGTの街でも知られ、年に一回のゲイパレードがあり世界各地から参加者が来るそうです。

 

 

5.ストラトフォード・アポン・エイヴォン(Stratford-upon-Avon)

イングランド中部のウォリックシャーにあるタウンかつ行政教区。エイヴォン川に面している。文豪ウィリアム・シェイクスピアの故郷として世界的に知られており、多くの観光客が訪れる。年間2,500,000人の観光客が訪れる。

シェークスピア生誕の地でとても有名なこの都市には、ロンドンから直通列車で2時間ほどで行けます。

街のいたるところにシェイクスピア関連の施設やアンティークデザインの建物が立ち並んでいます。

自然豊かな小さな街で美しい街並みがぎゅっと詰まっています。街を歩いているだけで、楽しい気分になるでしょう。

私は、なかでもシェイクスピアの作品を鑑賞できる劇場「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー&シアターズ」に絶対に行きたいと思っています!

 

 

6.ウィンダミア/湖水地方(Windermere)

ウィンダミア は、イングランド・カンブリアのサウス・レイクランド地区にあるタウンおよび行政教区である。人口は8,245人でウィンダミア湖から約半マイル 離れている

ピーターラビット誕生の地と言われているウィンダミアは、自然が多く、美しい湖に囲まれた小さく静かな街です。

大都会よりも小さな街や自然が大好きな私には魅力的すぎる場所!湖と緑の美しい景色を見てゆっくりと楽しみたい!

 

 

7.ストーンヘンジ(Stonehenge)

ロンドンから西に約200kmのイギリス南部・ソールズベリーから北西に13km程に位置する環状列石のこと。世界文化遺産として1986年に登録された。

ソールズベリー平原に存在する先史時代の遺跡。

ストーンヘンジは、紀元前2,500年から紀元前2,000年の間に作られたと言われていますが、どうやってこんな巨大な石を並べたのか、なぜこの遺跡が建てられたのか、いまだ謎に包まれたままで、謎の遺跡として有名です。

この巨大な石を自分の目で一度は見てみたい!

 

 

8.セブンシスターズ(Seven Sisters)

イングランド南部イースト・サセックス州にある白亜系チョークからなる海食崖である。緩やかな起伏の丘が削り取られて形成された白い崖が連なる様子からその名がある。イングランド南岸の都市シーフォードとイーストボーンの間に位置しており、イギリス海峡に面している。

ドーバー海峡に面した岸壁セブンシスターズは、コバルトブルーの海に生える真っ白な岸壁で有名です。

「セブンシスターズ」の名前の由来は、崖のピークが7つあることと、崖の一つひとつがまるでヴェールを被った修道女のように見えることからだそうです。

 

 

以上が、私が留学中に絶対に訪れたいと思っている街でした~👐

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・-・-・ー・ー・ー・-・-・-・-・-

SNSでも色んな情報発信していきますので、是非フォロミー!

留学や勉強などの相談、メッセージも気軽にどうぞ☺

Twitter

Instagram