ももこの留学 アイルランド留学10カ月のワーホリ生活を振り返る

アイルランド留学振り返り。

10ヶ月アイルランドのダブリンにいました。

 

転職も何回かして最後は憧れのバリスタになれました。

仕事探しが思ったより長引いて辛くてもう仕事探すの辞めようかと思った時もありました。

でも日本にいた時に休学して海外での働き方を体験したくてここまで来たことを思い出して、とにかく1枚でもいいから履歴書配ろうって思いました。

アイルランドでのワーホリは毎日が冒険だった。安心で代わり映えのない日本での生活とは違った。

一歩外に出れば沢山の刺激が散らばっててコンビニに行くにも英語を使うし街ゆく人もみんな英語を話してる。

ストレスも沢山感じたし、上手くいかないことの方が多かった。

でもなぜか長く住めば住むほどアイルランドが好きになっていった。それはこの国を色んな角度から見たり沢山の人と触れ合う中で心があったかくなったからだと思う。

本当に素敵な国。

 

 

 

雨が沢山降る。

初めはなんだか嫌だなぁと思っていたけど雨が降るからこそたくさんの緑に恵まれる。

太陽のありがたさに気づける。そう考えるとなんか雨も悪くないなぁって思えた。

そんなアイルランドでの生活。

水も甘いも経験した。こんなにも濃い1年は初めてでした。自分でも少しだけ行動力上がったって言える。そんでもってこれからの人生において大切なことを沢山学んだ。自分のことをもっと知れた。

本当に休学して1年間日本を離れて、ここへ来て良かった。日本であの時ワーホリに行くか迷ってた自分に今なら大丈夫って言える。

背中を押してくれた留学ギアのスタッフさんには感謝しかありません。ありがとうございます。

 

 

今同じようにワーホリへ行くか悩んでいる人へ。

 

ワーホリは遊びだとかそういうイメージがあるかも知れません。でも実際は十人十色で、何が正解とかもない。行きたいっていうその強い気持ちがあればやる価値はあります!失敗しても絶対に次に繋がる。いけない理由は沢山見つかるけど行ける道が1つでもあるならばやっていいと思います。

周りの色んな声があると思いますが自分の人生を自分で決めるってすごく勇気がいるけどすごく自分を生きてる感じがして楽しいです。

 

 

 

今回でoneとしてのブログは最後。

記事を読んでくれた方ありがとうございました。

ではまた!