空港でのビザ手続きについて 〜ヒースローで学生ビザをゲット!

空港に着いたら一番にすることは

イギリスに到着してすぐに必要なことは、学生ビザの取得です。日本から飛行機で来る場合、文字通り、空港に着いたら一番最初にすることになります。

6ヶ月以下の期間で語学学校に通う場合は、Short termと呼ばれるビザを到着時に空港の入国管理で無料で取得します。日本にいる間に申請する必要はありません。(可能ですが、事前の申請はお金がかかります!)

観光ビザの場合は、日本のパスポート所有者はeゲートを通れますが、他のビザの場合は人がいるところに向かう必要があるので気をつけましょう!

 

Short termビザを取得するには

必要書類:

1)語学学校など教育機関の入学許可書
2)滞在先の住所などがわかるもの
3)滞在中の資金を証明できるもの(銀行の残高証明書など)

(これらは常に変更される可能性がありますので、
最新の情報を確認してくださいね。)

 

ビザを取得する方法

飛行機で空港に到着した後、入国審査に向かいます。(immigration/passport controlなどと呼ばれます。ヒースローでは入国審査官のいるところに U.K. Borderと書かれた表示がありました。実際はもうイギリス国内にいるのだけど、ここから先がイギリスかああああ!!とドキドキしましたよ)

注意:学生ビザはeゲートでは取得できません。必ず審査官から対面の入国審査を受ける必要があります。

噂のヒースロー空港、、、すごい時間がかかると聞いていましたが、実際はあっという間に終わりました。

列にいたのは2、3人。ガラガラ!!!まるで、何かのイベントが終わって一通りお客さんが帰ったけど会場スタッフはまだみんな残ってる、、、みたいな雰囲気。審査官と列案内の人たちの方が多かったです。
これは推測ですが…わたしが到着した1月2日はクリスマス明けでまだ休日モード、あまり移動する人もいなく、いたとしてもeゲートを通る人がほとんどなのでこちらの入国審査はこんなに空いていたのでは。

 

入国審査官に聞かれたことは?

「滞在の目的は? What are you here for?」
「どこから来たのか? Where are you from?」
「滞在期間は? How long are you staying in the U.K.?」
「何を勉強するのですか? What are you going to study?」
「(イギリス国内の)ステイ先はどこ? Where are you staying?」

このくらいでした。本当にあっさり。形式的な印象でしたよ。
質問はされましたが、”必要書類を見せて”なんて聞かれませんでした。
えっ?準備してきたのに?(残高証明には400円もかかったよ?)
と押し気味に書類を差し出しましたが、しょうがなく受け取った感じ(に見えました 笑)
通学する学校の入学許可書はちゃんと見ていたふうに見えましたが、残高証明は「特に必要ないよ」って聞こえたんだけど…え…400円かかっ(以下略)耳を疑いましたけどね 笑

この間、5分もかかりませんでした。
えっ、これでいいの?本当に?というくらい。

無事、パスポートにスタンプをもらいU.K.国境を通過。あっさりしすぎて拍子抜けしました。

時期にもよるかもしれませんが、特に学生や語学留学生にとってピークシーズン出ない限り、時間はかからないと思われます!
そして、Short-termの場合、聞かれる質問もごくごく簡単なものばかり。あまり心配はいりませんよー☺️

 

追記:
現在は、入国審査カードへの記入が不要です。(用紙に必要事項を記入して提出する時代もあったのだ!)
なので、本当に飛行機降りたら入国審査に向かうだけですよー。

 

こまつきょうこ自己紹介ページ


こちらでも日常のこと、旅のこと、イラストなど公開しています。

よかったらぜひフォローしてくださいね。
instagram
note
twitter

 

留学やOne projectが気になったみなさま、
まずは Enginnier Limited の留学カウンセラーの方に相談してみましょう!
どんな小さな夢だと思うことでも、しっかり向き合って聞いてくださる方々です。
相談先は以下のフォームから:

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考