正しい勉強の仕方とは

 

 

こんにちは、nokiです。

これまでのブログはこちらからご覧いただけます!
→https://ryugaku-gear.com/author/naoki

勉強は嫌いですか? なぜですか?
勉強が好きじゃない人が多くいるのは何故なのか、また件のカウチサーフィンで知り合った友人と語りました。

記事はこちら→カウチサーフィンにて①-1

またもその人の言葉がとてもよかったので書き留めます。

 

勉強がなぜ嫌いになるのか

 

小さいころから勉強が嫌いな人は多いです。 なぜ勉強が嫌いになってしまったのでしょうか?

では、なぜ勉強したのか考えてみてください。
恐らく大半の人は『やらなければならないから』でしょう。
小学校から始まり、テストや宿題といった形で課せられるものが勉強でした。
中学校になると点数が明確に示され、順位を見せられます。

テストのために、宿題をやらないと…という気持ちで勉強をしていても楽しくないですよね。
中には誰かに勝つことが楽しい人もいたりしますが、
ほとんどの人はそれがプレッシャーになり、嫌々勉強することになります。

僕もトラウマ的なテストの記憶があります。
このテストで赤点取ったら留年…という状況でした。
そんな状況で勉強してもまったく楽しくない。楽しくない。

勉強嫌いでした。

ただ、幸いなことに家庭で勉強しろと言われた記憶は全くありません。
自分のために勉強していました。これは良いコト。
子育てという面で母から見習いたい部分です。

 

勉強を始めるきっかけ

 

今は社会人です。

なので、自分のしたい勉強ができます。テストはないし。
勉強しない選択もできます。

誰しもが勉強しなきゃと思っているもののしていない方が多いのが現状です。
前述した通り、勉強はやらされるものだったからです。

ただ、強制してくる人もテストもありません。自分で進んでやらなければなりません。

この起点はどうしても本人に生み出していただくしかない。
僕には何もできません。だって勉強するのは本人だから。

何を勉強したらいいかわからない人は興味のあることについて、 何でもいいから始めるのが良いと思います。
興味があるものが無いというなら、仕事に役立ちそうなものにしてください。

目標達成が好きな方は資格にチャレンジしてもいいですが、
その思考のない方には資格試験は学校でやったテストと同様なので強制された、楽しくない勉強になってしまうでしょう。

僕が英語を勉強し始めるきっかけとなった出来事は以下のブログに書いてます。
→英語が大嫌いでした【留学のきっかけ①】

負の感情は原動力になりやすいです。 悔しさ、怒り、悲しみ…とても強いです。

 

正しい勉強方法とは

 

カウチサーフィンの彼(初登場記事)と上述したようなことを色々と語りました。
(いつも彼とは英語で話します、貧弱な語彙で対抗します)

彼はウクライナで日本語教師をしたり、スキースクールで講師をしたり、
MeetUpで英語を教えたり、Cashflowゲームを通してお金について教えたりと、教育に関わっていることが多いです。

そんな彼がいつも言う言葉が

「勉強が楽しくないならば、その方法は間違っている」

楽しく勉強できていないならば、それは勉強の仕方が間違っているからすぐに変えるべきだと言っています。
本来、勉強は知識を得るという欲求を満たしてくれる最高に楽しいことのはず。

よって、楽しめないなら違うぞ!!

僕の場合、TOEICの勉強はくそほどつまらなかった。→TOEIC学習開始しました!
でも、ドラマや映画を見たり、人と話すのは楽しくてできている。

そのために語彙を増やしたり、文法を勉強する努力ができました。

とりあえず何か始めてみよう!!

 

では。

 

SNSはこちら!

何でも相談受け付けます。勉強、留学、人生、恋愛…ただぶちまけたいだけでも連絡してください(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Twitter:@noki0905

Instagram:noki0905

Facebook:Naoki Yoshizawa