[Nao’s🇵🇭]13代目フィリピンOne- 純ジャパの為のTOEIC勉強法 単語帳は要らない? Part2

こんにちは!

13代目フィリピンOneのナオキです!

 

先日、府中試験場にて大型バイクの一発試験を受けましたが、クランクで落車していまい失敗してしまいました😢

府中試験場はスズキバンデット1250ccが試験車なので、めちゃくちゃ重いです!

さて、前回のPart1にてスコアを効率的に上げる為には、まずリスニングの能力を高める必要が理解できたと思います。

なので今回は、

リスニングスコアUP戦略を考えてみましょう!

 

 

まずは、前回と同様に「敵を理解する」という事で、TOEICのリスニングの各パートを見てみましょう!

 

TOEICリスニングセクションは45分間のセクションであり、以下の4パートから成り立っています。

 

Part1   写真描写問題   6問

1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークする。

Part2   応答問題 25問

1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送される。印刷はされていない。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。

Part3  会話問題 39問

2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。 各会話には設問が3問ずつある。

Part4  説明文問題 30問
アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。トークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。各トークには質問が3問ずつある。(TOEIC公式サイト引用)

 

まず、全パートで重要になるポイントをお話しします!

それは、

先に問題に目を通しておくという事です⚡️

非常にシンプルな事ですが、私は大きく点数に影響するポイントだと思っています。

 

先に問題に目を通すメリットは、以下の2つがあります。

1.どこに注目して聞き取りをするべきか分かる。

2.心理的な不安を低減する事ができる。

 

リスニングの問題に目を通しておくと、どのようなテーマをリスニングするのかという事が漠然と分かります。

テーマが分かると、注目して聞くべき場所というのが自然と分かってきます。

これはリスニングに自信がなく、45分間も集中して英語を聞く事が出来ない(脳が英語を拒否してしまう)人にオススメです。

 

特にPart1やPart4は先に目を通しておくと、「写真のどの部分に注目すべきか」や「ミニトークの中で何がキーワードになるか」

などが分かってきます。

 

また、

リスニングはリーディングセクションよりも先にあり、リスニングで失敗してしまうと、後に引きずってしまう事が多々あります。

しかしリスニングにおいて先に問題に目を通す事ができると、英語を聞く前に準備ができる為、

心理的に少し安心できる効果があると思っています。

 

ではどれぐらい先の問題まで目を通しておくべきかについては、

私は、2問先(自分が今から解く問題の一問先まで)で充分だと思っています。

 

たまに5問先まで目を通している人もいますが、設問の内容をそこまで覚える事はとても難しいので目指さなくても良いでしょう。

 

私はまず2問先の問題を読んで、次の問題が始まる直前に、次の問題をもう一度目を通します。(説明が難しいので図解で笑)

この方法で、設問を2度目を通す事が出来ます!

 

では次に、各パートについてポイントを説明していきます!

 

Part1の写真描写問題では、

 

写真を見て、「何をしているか」理解する事がポイントになります⚡️

 

例えば、以下の写真の場合は、

 

1.男

2.スコップ(シャベル)で土を移し変えている

3.庭で作業

の3つの理解をする事が重要です。

 

このように問題を先読みする段階で、写真の内容を頭の中で箇条書きできるようになっておきましょう!

この問題の解答は’He’s shoveling some soil’であり、箇条書きした2番と一致します。

 

基本的にTOEICの問題では主体がはっきりしている写真を使ってくれる(ギターを弾いている、電話をかけている、など)ので

主体の動作に注目して考えるようにすれば、分かりやすく箇条書きが出来ます!

 

次にPart2の応答問題のポイントは、

疑問詞(Where, What, Why, When, Who, How)に注目する。

 

疑問詞は時に設問の最初に来ることが多いので、絶対に聞き洩らさない姿勢でいましょう❗️

 

そして、Part2の問題は

1.直球系

2.変化球系

の2種類がある事にも注意しましょう!

 

直球系の問題は以下のような内容です。

“Where’s the new fax machine?”

a)Next to the water fountain.

b)I’ll send the fax tomorrow.

c)By Wednesday.

この問題はシンプルに、疑問詞に注目して、Whereに適応するa)が答えになります。

 

しかし、変化球系の問題は以下のような内容になります。

“How well does Thomas paly the violin?”

a)Sure, I really like it.

b)Oh, he’s a professional.

c)I’ll turn down the volume.

この問題は変化球系で、

「トーマスはどれくらいバイオリンが上手か」という質問に対して、「彼はプロだよ」という事で返答しています。

 

つまり、

「どれくらい上手いか」→(「とても上手い」or「とても下手」)→言い換えて「彼はプロだよ」

という構造になっています。

 

この言い換えに対応できる事ができるとかなりの点数UPに繋がります。

 

変化球系の問題をもう一問練習してみると、

“Mariko announced that she’s retiring in April.”

a)How many did you count?

b)I am not tired at all.

c)Right, she’s been here 25 years.

 

この問題は疑問詞は関係なく、最も関係性の高い内容で選ぶべき問題です。

あくまでもどのような解答なら、相槌として適当かという観点で考えます。

 

「マリコ、4月で仕事やめるって言ってるよ」→(選択肢を全て考えて)→「25年も働いているもんね」という相づちが

この中では適当だと判断します。

 

Part3とPart4に関しては次回のブログで!

———————————————————————————————————————————————————–

SNSも良かったら覗いてみて下さい!

Instagram: https://www.instagram.com/nao___2525/?hl=ja

Facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100003670538021