【Kana’s Action】アイルランド留学経験者インタビュー!:親の反対から強行突破!byまゆちんさん@ダブリナーズ赤坂!

 

12代目アイルランドOneやまかなです。
2020年1~3月、3か月間アイルランドで留学をします。
登場ブログは【こちら】、今までのブログ記事は【こちら】をご覧ください!

 

この記事では「アイルランド留学経験者へのインタビューシリーズ」として、
アイルランドに留学していた・留学中の先輩たちへのインタビューを書いていきます!

インタビュー連載を始めた背景や、他の人たちのインタビュー記事一覧は
【こちら】をご覧ください♪

 

さて、今回のインタビューはまゆちん!

私とまゆちんは、「個性が響き合う社会へ」というテーマで活動するNPO法人コモンビートの仲間です。

以前インタビューした、かずささんと同じです。

ざっくり説明すると、メインの活動は市民ミュージカル
世界平和や異文化理解をテーマとしたミュージカルを、100人の素人が100日間で作り上げるものです。
ミュージカルを作る過程の中には作品理解のための異文化理解ワークショップや
自分自身の個性や軸を考えるワークショップやトークセッション、
そして自己表現能力を高めていくためのアクティビティなどもたくさんあり、
自分という人間性がとても高まる、プログラム型の芸術活動になっており、
大手人材会社の営業の方や、小学校の先生、学生など、色々な方が集まってきます。
そうした多様な人たちと一緒に作品作りをするだけで、とても多様性があって素敵な活動です。
(たまにそのチームビルディングが効果絶大すぎて、はたから見ると「宗教」と思われたりするらしいんですが…全然違います笑)

この活動は去年2018年に15周年となり、今や全国各地で開催されるまでになりました。
私とまゆちんさんは、お互い初めて2015年に参加しています。

それからもまゆちんはよさこいなどで活躍、久しぶりの再会でした~!

さて、前置きが長くなりましたが、そんなまゆちんさんに聞いたアイルランドのお話です!

 

ちなみに今回のインタビューは…

赤坂にあるダブリナーズというパブでご飯を食べながら!

お互いお酒が苦手なので、お食事メインで。

駅地下で、アクセスが良く、驚きました!赤坂駅7番出口のエスカレーター上がってすぐ右!!

ご飯のレポートもあげていきます~★

 

 

■まゆちんアイルランド留学概要

タイプ: 語学留学

留学先: グリフィスカレッジの語学学校

留学期間: 2001年7月~9月(2か月)+ヨーロッパ周遊

今は水道メーカーに勤めているまゆちん。

大学2年生で初海外の2週間のカナダでの語学留学を経験。
お試しの語学留学で、その時は日本人同士がつるんでいたことに違和感を感じ、
日本人が少ないところに行きたい、と日本人率が低いところを調べ
3年生でアイルランドで2か月の語学留学&ヨーロッパ周遊をしたそうです。

なんとイギリスに移動してすぐ、あの、911のテロが起きていたそう。

アイルランドでは、ダブリンへ。
ビルに入った語学学校があったカナダでは、味気のなさを感じ、
雰囲気の良いところで学びたい!と大学のキャンパス使ってできるところを探し
グリフィスカレッジの語学学校棟を見つけたそう。

 

 

■まゆちんアイルランド留学概要

まゆちんがアイルランドにいたタイミングはちょうど夏休みということもあり、
日本人が多く、100人中最大12人程度はいたのではないかということ!
実際学校内はイタリア人やスペイン人が多く、
「バカンス」として語学学校に来ている、「大人・社会人」が多かった印象だそうです。
彼らの滞在先はアパートを借りるとかだそうです。へええ。

まゆちんは在学中、クラスのレベルアップがあったそうです。
というのも、日本人は読み書きできても話す聞くができないから1つ下に下げられることが多いらしい、とか。
先生からは電子辞書ではなく英英辞典を使った方が良いと言われ、勉強を頑張ったそうです。

授業が終わった午後の時間の使い方は、
・ホームステイ先の子どもと過ごす
・語学学校の友達と遊びに行く
・ランチにパブに食べに行く
など。昼間に空いているパブにランチに行くのはおすすめされました!

ちなみに、普段のお昼ご飯は、大学のカフェテリアにて。
お金があるときだけ、サンドイッチを頼んだりしていたそう。
お金がない時は山盛りのポテトを友達と分けていたそうw
後述しますが、親の反対があって留学をしていたので、親からお金の仕送りがなく、貧乏だったとか。

そんなまゆちんが驚いたのは、夜2時に飲んで帰っても大丈夫だったこと。
初めてアイルランドに来たんだよ~と話すと、必ずギネスをおごってもらえるよ、とのことですw

「see you nine o clock at trinity college」(9時にトリニティカレッジで会おうね~)
と普通に約束をするそうですが、なんと夜ご飯食べてから飲むだけのために集まる、というやりかたがあるそうです。

日本は飲み会が夜ご飯を兼ねていて、そのまま2次会、3次会…と行くことが多いですが
こうした集まり方もあるんですね。というか、なんか素敵…★←

 

 

■ということで、ごはんトーク。

 

ご飯が届いたので、そのままごはんトークが盛り上がります。

 

まゆちんからおすすめされたのは朝ごはん!
小旅行中、bnb(bed and breakfastの略)で豪華な朝ごはんを食べたそう。
それは、そこのホテルの人に聞いたところ、アイルランドの伝統料理なのよ、と教えてもらったんだとか。
写真が見つからなかったのですが、そこのパンがめちゃくちゃおいしかったんだとか。
私もアイルランド流の朝食、楽しんでみたいです。

ちなみにホームステイ先はシリアルとかパンとかてきとーにとってーと言われて食べていたそう。
時間は早めの18時頃。夜ごはんがいらない時は事前に連絡すれば大丈夫だったとか。

ちなみに、ホームステイ先のお母さんからは謝られたとのこと!
というのも、「日本人は30-60分かけて作るんでしょ」と言われたそうです。
ホームステイ先のお母さんは冷凍食品をチンするだけ。
ただ、フライドポテトは家で揚げていたそうです。
まゆちんは全く気にしなかったそうです。
私も、今私たちはコンビニで総菜を買うようになったし、全然問題ないと思っています。笑
ホームステイ=手作りの家庭料理が食べられるとはあまり期待しすぎないほうがいいですね。もちろんですが。

ただまゆちんが気になったのは、ホームステイ先の家がフォークとナイフでパスタを食べていたこと。
これはアイルランドの家庭ではよくあることなのか、最後まで謎だったとか…私が見てきます!!w

また、サンデーローストという、日曜の昼だけたくさん食べる習慣がご家庭にはあったとのこと。キリスト教かな?

 

■北アイルランドでみたもの

語学学校終わって金曜の夜に移動して、北アイルランドに旅行に行った時があったそうです。
そのとき、町に入った途端に道の脇に銃を構えたミリタリー服の人が座ってたのをみたそう。
また、ロンドンデリーでは建物の壁に銃弾の跡が普通に残っているのをみたとか。

また、語学学校でも、ふらっと先生が入ってきて
自分が訪れていた町が1週間後にテロがあったとサラッと言ってきて、背筋が凍ったそうです。
未だに、ちょっとした衝突があるんですかね…。

ちなみに写真がベルファスト。
結構英語が鈍ってたそうです。

 

ちなみに訛りはアイルランド全国的にあるそうです。
ダブリンは「ド」ブリン
バスは「ボ」スになるそうです。
イギリス発音とはまた違う訛りのような。映画で観て聴いて事前に慣れなきゃ。

 

■素敵な出会いと、怖い出会い

まゆちから、ある2人との出会いを教えてもらいました。

1人目は、怖い出会い。
夜遅く、二階立てのバスの二階に座って帰っていたら、
若いフラフラした足取りの男性が片っ端から乗客に声をかけていて、自分にも話しかけてきたとのこと。
その人はクスリをやっていたようで、その時は怖い経験をしたとのこと。
ただ、それ以外、遅い時間に家に帰っても怖いことがなかったとのことです。

2人目は、とても素敵な出会い。
ある日カフェで日本人の友達と食事をして日本語を話していたら、視線を感じる…
振り返ってみると、素敵なご年配の紳士が自分たちのことをじっと見ているではないですか。
すると、すっと出した本のタイトルが「やさしい日本語」
その方は、お仕事において日本とつながりを持ちたくて、日本語の勉強を始めていたそう。
いつまでも学ぼうとする姿勢、そして紳士というところ、たまらないですねw
その時は、すこし日本語でお話をしたそうです。

 

道ではこのように演奏をしている景色を見るんだとか。

 

■アイルランドで買ったもの

アイルランドにもっていったものを聞く前に、まゆちんからは沢山、現地で買ったものを教えてもらいました!

まゆちんが買ったもので見せてくれたのは…

ポストカード!

物持ちがいいし、自分が撮るより観光地や有名なところの景色が綺麗で分かりやすいから良いと。

 

また、まゆちんはお酒が苦手&コーヒーも苦手。
そんなまゆちんはBewleysで紅茶を飲んでいたそうです。
公式サイトはこちら↓

https://www.bewleys.jp

 

また、クラダリングというのを教えてもらいました!
これはアイルランドの伝統工芸品で、願いが叶う系のアクセサリーだそう。
なんと、Naverのまとめサイトに紹介があったので、ご覧ください!↓

https://matome.naver.jp/m/odai/2143172092908580001

デザイン可愛すぎて、ほしい。

ちなみに、ホストマザーのおばあちゃんにつけ方を教わったそうですが、
(どの指につけるとどういう意味だとか)忘れたそうです笑

私が現地で調べてつけてきます!!

 

ちなみにホームステイ先に買ったお土産について。
エージェント経由(アイルランド留学センター)で1か月前にどんなホームステイ先にお世話になるかわかっていたそうで、
手紙を書いたほうがいいよとアドバイスをもらい、「来月からお世話になりますまゆこです…」と日本から絵葉書を送ったそう!

そのとき、ホームステイ先に子供がいるとわかったそうで、
ポケモングッズをお土産にしたそう。
そうするとなんとこれがまた最強だったそうです。
なんと、当時ピカチュウの進化前のピチューのグッズをもっていったら、
時間差でまだヨーロッパではピチューがアニメ等で登場していなかったらしく、
ピチューは何か説明する必要があったそう。
しかし、「進化」がまだわからない5歳児、
「BABY PIKACHU!!!」と名付け、周りの友達に自慢をしたそう。
当時ヨーロッパ未上陸のキャラクターグッズをもらえるなんて、最強ですよね~!
ちきしょう、最新のソード&シールドは全世界同時リリースだったはず…先行プレゼントができない…!←

また、親御さんには千代紙で作られた箱や手ぬぐいをプレゼント。
手ぬぐいはまさかのタペストリーのように飾られてたそうですw
留学生を良く受け入れている家だそうで、世界中のお土産が飾ってあったそうです。

素敵な家だ!!!

 

こちらのポストは北アイルランドのもの、真ん中に英国の王冠が描かれていますね。

ちなみに、まゆちんによると、海外にあまり行かない人たちは外国のポストカードや消印に感動するみたいです。
あまり海外に行かなかった友達に、当時写真付きのはがきを送るととても感動していたんだとか。

私もやってみよう!

 

 

■アイルランドで気づいたこと

まゆちんが当時留学して気づいたことは、「自分がおもってるほど日本って海外に知られてない」ということ。
日本と聞けば、ポケモンとソニーとトヨタぐらいは出てくるが、それだけ。
ホームステイ先のパパがヤマハで働いていて、いくつか有名な企業は知っていたそうです。
確かに、それはアメリカにいたときも思ったな…日本がどこにあるかなんて全然わからないし。
日本人と韓国人の違いがわからないとか、当たり前だし。
私が留学して、現地でいかに正しく日本を伝えるかって、大切なミッションだなと思いました。

また、もう一つの気づきは、留学のスタイル。
というのも、中国人が自分の子どもを留学させていたわけですが、
なんと、いとこ同士で一緒に留学をしていたりしたそうです。
なので、現地で2人で立ちはだかる壁を乗り越えていたりしたそうで。
日本って留学は必ず一人だけど、そういう兄弟留学のような、親戚留学のありかたに気付かされたそうでした。

 

まゆちん留学当時はEU加盟前なのでお金が違う!

 

■親の反対を強行突破!

ここで、衝撃的な話を聞きました。というのも、
新潟に住むまゆちんの親は日本を出たことなく、
アイルランドへの語学留学はもちろん、そのあとの2週間ヨーロッパ周遊が大衝撃だったそう。

あの手この手でやめさせようとしていたらしく。
物価高いから、と他のオプションを提示されたり、
親戚のおばさんが出動したり、
「お父さんが(心配しすぎて)痩せちゃったじゃない!」と言われたこともあったそう!

最終的には半ば強行突破。
・何かがあったらすぐ帰る
・週1国際電話とメールをする
・何かあったらどうしたら良いかをどこに問い合わせるかを全部書き出して渡す
などをして、飛び立ったそう。
最終的には呆れていたそうですが、ヨーロッパ周遊中に911のテロがアメリカで起きたので、家族は気が気でなかったそうです。

まゆちんの行動力すごい…

 

アイルランドで出会った馬。上の家族の話とは関係ありませんw

 

■持っていったほうが良いものって?

さて、恒例の持っていったほうがいいもの質問タイムです。
(なお、ここでの内容は他の留学体験者にも聞いてまとめた持ち物リストの記事にもまとめています!)

沢山教えてくれました!
・ポケットティッシュ(たくさん)
鼻炎持ちのまゆちんはポケットティッシュを探したけれど見つからず困ったとのこと。
親から荷物を送ってもらうときにポケットティッシュもお願いしたとか。
日本では街中で配っているもので十分とのことです。ヨーロッパのは固いし分厚いんだとのこと。

・耳かき
ヨーロッパ人は耳が湿っているそうで、綿棒だけで耳掃除が十分らしく、耳掻きが存在しなかったそう。
長期滞在の場合はあってもいいかもですね!

・豆の発酵食品 醤油煎餅
「日本食は3か月の留学なら十分我慢はできると思うけれど、話のネタに日本食をもっていってもいいと思う」とまゆちん。
家族から送ってもらったザラメ煎餅、羊羹もウケていたそうです。
また、キットカットも最強。
これは留学ではないですが、仕事で海外向けの展示会をしたときに用意したお菓子の中でも断トツの人気だったとか。

・ガムテープ
布のテープがなく、透明テープ・ダクトテープが一般的だそう。
荷物を日本に送るときに、ない!と驚いたそうです。
私は送る必要はないと思うけれど、確かに、透明テープだけだと不安ですねw

・ヒートテック
寒さ対策ですねwそして腰痛対策w
アイルランドの家は全体的にセントラルヒーティングで温かいそうです。
簡単に脱いだり着たりできる服装がよさそうですね。

色々新しい情報を教えてもらい感謝です!

 

■最後にダブリナーズのメニューをご紹介…

こんなかんじでプレミアムフライデー企画とかやっているそうです。

  

クリスマスイベントも12/14の土曜日にやるそうですよ!

https://mobile.twitter.com/injwebsite/status/1202695041833029632

以前紹介したINJ東京のクリパのようです。

INJ東京 クリスマスパーティー
12月14日(土)18:00〜22:00 場所:ダブリナーズ赤坂(入場無料) r.gnavi.co.jp/g008233/
FiddleとtapのAyakoを中心に素敵なミュージシャン&ダンスライブ
恒例のクリスマスラッフルも、豪華賞品用意してます

 

とのこと!興味ある…!
以上です!

 

こんかいまゆちんにインタビューして、素敵な感想をもらえました!
「しあ(私のあだ名)のためにいろいろ思い出してまた行きたいと思った!」
私もアイルランドに行くのがさらに楽しみになりました!ありがとう!

 

以上、今回のインタビューでした^^

 

他のアイルランド留学経験者とのインタビューはこちらの一覧からご覧ください!