【Kana’s Action】留学前からできる帰国後の準備!:就職活動における”保険”、教員免許状申請!

 

12代目アイルランドOneやまかなです。
2020年1~3月、3か月間アイルランドで留学をします。
登場ブログは【こちら】、今までのブログ記事は【こちら】をご覧ください!

 

いよいよ留学まで3週間!
留学に向けた準備と合わせて、帰国後の準備も始めています。

 

今日は、2015年から4年かけて通信大学で勉強して取得した、
幼稚園教諭2種と小学校教員免許1種の免許状を取得しに東京都庁に行ってきました!
(通信大学卒業したぜ!ブログは10月に書きました~こちらです)

 

中学校と高校の英語の免許も持っているので、単位を流用するために
前の大学で「学力に関する証明書」を発行して、
通信大学でも同じ証明書を発行して、住民票と発行手数料をもって行って。
申請をしたら、発行は1か月後ということなので、今日、窓口まで取りに行って。
ワーキングホリデービザを取るのと同じくらい、移動と時間の手間が…笑

 

中高の免許も並べると圧巻。笑
これ全部取るために、めっちゃ、お金と時間と労力、かけたな~苦笑

 

10月のブログで書いた通り、今現状で教職に就くことに関しては今はそのつもりは全くないけれど、
帰国後、就職活動や仕事を探したりして、自分の中でしっくりするものがなかったら…という保険として、
精神的に少しだけ安心できたな、とは思いました。正直。笑
(色々な転職サイトにも登録はしてあるけれど…笑)

しかしまあ、発行に1か月かかるし、その前にも沢山書類を準備しないといけなくて、
帰国後すぐに免許状を使って教職への就職活動をするとしたら、
教員免許状は本当に今、留学する前に取っておいてよかったなと思いますね…苦笑

窓口も平日の日中とかにしか空いてないないし、
フルタイムでぎりぎりまで働いてなくてよかったと思ってしまう。笑

 

帰国後の”収入源”について少し意識をしながら留学に行かないといけないのは、
社会人留学ならではですね。。。笑

でも、べつに帰国しなくてもいいんだよね!という考え方は、ブログに書いた通りあるので、
結局この資格を使わずじまいになるかもしれない…笑

どうなるか、どうしたいかは、留学した先で、ゆっくり考えていこうと思います。

 

 

今からできる帰国後の準備、渡愛前はこれで全部かな・・・

TOEIC申し込み

アルバイト先休職

☑教員免許状発行

 

 

今日はここまでです!

いよいよだ~!

 

—–

【やまかなSNS!ぜひフォローください🌸】

やまかなInstagram:https://www.instagram.com/ky817/

やまかなTwitter:https://twitter.com/ky817