【Kana’s Action】留学の準備を始めよう:ゴルゴ13も勧めていた外務省のサイト「たびレジ」に登録してみた&「海外安全アプリ」をダウンロードしてみた

 

12代目アイルランドOneやまかなです。
2020年1~3月、3か月間アイルランドで留学をします。
登場ブログは【こちら】、今までのブログ記事は【こちら】をご覧ください!

 

前回のブログで紹介した「ゴルゴ13×外務省 海外安全対策マニュアル」。

留学する人が読む対象の章は全部で13話中6話だったので、
1週間に1話ずつ読んでいたら、第2話に「たびレジ」というエピソードがありました。

ネタバレすると、たびレジに登録をしていたビジネスマンが、「この先は危ないと連絡が来ました!」
と上司に伝え、予定を変更し引き返してみたら、その通り、行こうとしていたところでテロが起きたという。
そこでゴルゴが登場。他の、たびレジに登録をしていなくてテレビをみてニュースに震えるビジネスマンたちに

ゴルゴが「お前はたびレジに登録していないのか…」と殺気ある目で見ていたので、私もおどおど、登録しました。

 

■たびレジとは。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg//index.html

こちらがWEBサイト。サイトによると、たびレジとは

「たびレジ」とは、 外務省からの最新の安全情報を日本語で受信できる 海外安全情報 無料配信サービス です。

と書いてあります。

渡航予定がある人用に利用者登録ができるページと、

投稿予定はないけれど海外の安全状況を把握したい人たちが見れるページがそれぞれありました。

それぞれのボタンの下には登録情報を変更できるボタンもあり、違う国の情報が欲しいと、そこで切り替えができるよう。

発信する情報はデモ実施予定やひったくりの発生率が上がっていること
ウイルスなどの伝染病の情報や近くで発生した銃撃事件など、さまざまのよう。

いつ登録したらいい?どんな文章が届く?どのブラウザに対応している?といった情報はよくある質問集がちゃんとしているので←見てみるといいと思う。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg//faq.html

 

 

■登録してみた。

ということで、いつでも登録していいと書いてあったので、さっそく登録。

私は、渡航予定がある人のほうで登録です。もちろん。

①まずメールアドレスを入力し、メールが届くのを待ちます。

②メールアドレスに届くWEBアドレスにアクセスし、必要情報を入力。

 

入力したのは…

・パスワード(自分で設定)
・滞在先の国、都市名
人気国・地域、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、中南米、中東、北米、大洋州 で分かれていました。
アイルランドを選択すると都市が選択できるようになっていました!

しかし謎に途中から英語で都市名が記載。とりあえず、英語のほうでDublinを選択してみる。笑

もう一つの留学先、ブレイは記載されていないのですが、ブレイはダブリンから電車で40分だそうなので、ダブリンで様子を見てみよう。←

・開始日と終了日
ちなみに「※メールの配信期間は,「たびレジ」登録完了日から,旅行期間終了日までとなります。」とのこと。
・氏名(ローマ字) パスポートと同じ推奨。
・生年月日
・携帯電話
なんと、「
」とのこと。
現地でWiFiで三か月生き延びるつもり満々だったので、こちらは私は「携行しない/未定」を選択。
・有効期限の延長についての確認
どうやら帰国後も、データは外務省のほうで30日間までであればキープしてくれるようで、
すぐ次の国にいったり、旅行が多い人は、チェックを入れておけば情報をキープしてくれるので
旅行に行くたびに再度にゅるよくして登録してという手間を省いてくれるそうです。
私は5月からアメリカに行くので、チェックを入れておきました!
・追加メールアドレス
他にも同じ内容を届けたいアドレスがあれば入力。
「ご家族や職場のメールアドレスなど」って書いてありました。該当しないので空白に。
心配性の家族がいる若い学生の方の留学の場合は、これは便利な機能ですね!
・ツアー会社利用、ツアー参加人数
あれば会社名を記入します。へええ。
ツアー参加人数はコンダクターさんのみ記入してくださいとのこと。そうかあ、ツアー会社の人も登録するよなあそりゃ。
・同行者情報
一緒に行く人がいればその人の情報も最大10名までであれば登録できるようです。
一緒に海外出張をする仲間がいたりしたら、便利ですね。

 

そしてこれで内容を確認し、登録!すると
登録完了の旨のメールとともに、大量に情報が!!

まず、このWEBサイトの存在!

外務省が出している、アイルランドの安全情報サイトです。

さらにメールにはこんな文章が続きます。

現在アイルランドには以下の情報が発出されています。
現在アイルランドには危険情報は出ておりません。(危険情報とは。https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/risk.html)
現在アイルランドには感染症危険情報は出ておりません。(感染症危険情報とは。https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/kansen_risk.html)
現在アイルランドにはスポット情報は出ておりません。(スポット情報とは。https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/spot.html)

これが紛争地帯とかだとすごいんだろうなあ…

さらに、広域情報として「海外における麻しん(はしか)・風しんに関する注意喚起」などが続き、

そのあとには領事メールとして在アイルランド日本国大使館からの情報が。

ダブリン・キルデア・ミース各県の一部地域における水道水の煮沸警告の解除  2019-11-13T05:45:34
11月12日午後,アイリッシュ・ウォーター社は,同社が11月4日に発出していたダブリン県,キルデア県,及びミース県の一部地域における水道水の煮沸警告を解除しました。

水やばかったのか。どっちにしろおなか弱い私は水道水飲むつもりまったくなかったけど。笑

最後に在外公館の情報として在アイルランド日本国大使館の電話番号、住所などが記載されていました。

 

 

海外安全アプリをダウンロード。

メールの最後に海外安全アプリの紹介がありました。

https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

なんだこれと思って読んでみると、

安全情報発信のアプリで、メールと機能はおそらく同じですが、なんと、アプリの場合は。

スマホのGPS機能から地域や国を把握して発信してくれる
プッシュ通知で情報を受け取れる!
各国・地域の連絡先を速攻確認できる!

ということなので、ダウンロードしました。

2019だけどいいか。

 

左の写真がトップページで、右が「海外安全情報」っていうメニューをクリックしたところ。

アイルランドにお気に入りの★つけておきました。

ただ、クリックするとWEBサイトにアクセスするので、WiFiがあるところでしか閲覧できませんねw 

 

 

ゴルゴも言っていたけど、「テロは世界のどこで起きるかわからない」

それにテロに限らず、香港のように、デモが起きたりするかもしれない。

海外には自分1人で行くのだから、自分の身は自分で守らないといけないし、
自分で情報の得方を知っておいたほうがいいなと改めて思った次第です。

 

アイルランドの色々な映画を観て北アイルランドについて勉強していて
ベルファストで起きたテロとか、パブでドーン!って爆発するシーンをひたすら観ていたので、
テロに対してビビっている最近のやまかなでした。
(だって、ベルファスト71とか、小さな男の子の腕がぶっ飛んでるんだもん…涙涙涙

 

今日はここまでです!

—–

【やまかなSNS!ぜひフォローください🌸】

やまかなInstagram:https://www.instagram.com/ky817/

やまかなTwitter:https://twitter.com/ky817