それぞれの自由があるって話

oneproject それぞれの自由があるって話

 

こんにちは、nokiです。

最近もカウチサーフィンにていろんな人と話をしています。
しばらくフランスの方が来ていて、ヴィーガンの方なのですが色んな話をしています。
その中でおもしろい議論だなと思ったことを少し。

しっかりと留学につなげるのでご安心を

 

例えば食べ方の話

 

食事中、唐突にこの話は始まりました。

数年前、お母さんと議論になったとのこと。

 

コトの発端は「食べるときに口を開けるな!汚い!」と言われたことから。 その子は「口開けなかったら食べながら息できない!口を開けて食べようが私の自由でしょう!」と反論したとのこと。

 

するとお母さんは「私にはあなたが口を開けて食べるのを見たくないという自由がある」と言ったそうです。

そこでその子は思ったそうです。 「誰かの自由を奪うことになる自由は正しくない」と。

 

ここで「口を開けて食べるか、どうか」という意見が正しいかというのはどうでもいいんです。 今、ポイントとなるのは「自由とは何なのか」という話

 

僕はこのシチュエーションについてこの子の意見に賛同しました。

 

例えば同性愛の話

 

他にも例があがりました。

 

同性愛の話。

差別がとても多い事柄だと思います。

 

例えば、男性同士のカップルが街を歩いていたとします。 通りかかった人が、 「同性愛者を見たくないという自由があるから排除しろ」 と言ったら間違いなくおかしいですよね。

 

でも、悲しいことにそれがこの世界には存在しています。

みんなそれぞれに人を愛し、生きる権利がありますよね。

 

例えばライブの話

 

次に僕が例を出しました。

 

ぼくは結構激しめの音楽が好きで、自分もボーカルをやっていますし、よくライブにも行きます。

一緒に歌う人もいるし、モッシュしたり、ダイブして楽しむ人もいます。 最前列で指先の動きまでしっかりと見たい人もいます。 後列でゆったりとじっくりと音楽を聴きたい人もいます。

 

フロントマンは言います。 「ここはライブハウス、一人ひとりがそれぞれの楽しみ方で楽しんでくれ!」

自由です。

 

でも、【最前列で指先の動きまでしっかりと見たい人】、【後列でゆったりとじっくりと音楽を聴きたい人】にとって、
【モッシュしたり、ダイブして楽しむ人】は邪魔になってしまいます。

 

逆に【モッシュしたり、ダイブして楽しむ人】は【最前列で指先の動きまでしっかりと見たい人】に対して、
「暴れないなら後ろにいろや」と感じるかもしれません。

 

自由にそれぞれの楽しみ方をしてしまうと誰かの自由を奪います
皆さんはどう思われますか? 難しい例ですよね。

 

『自由』ってなんでしょうねという話

 

ここまでいくつか例をあげましたが、自由のボーダーはとても難しいです。 というかボーダーを引いてしまったらそれはもう自由じゃないようにも思います。

 

「決まり」って自由を奪っているように感じます?
 法律について面白い考え方を先日見かけました。(どこで見たか忘れた)

 

『法律が存在することで、人は自由に生きられる。
もし、法律が無ければ盗みが横行したり、殺し合いになり、生きる自由が奪われる。』

 

決まりがあるから自由があるという考えでした。

 

で、留学とは何がつながるのって話

 

この議論をしていて尚更、国によって異なる自由の定義(つまり法律)があることに疑問がわきました。

全員同じように人間なので。

カナダという国では、どんな自由があるのか はたまた、さらに他の国ではどうなのか 知りたいです。

 

きっといろんな場所をみたら、貧富の格差や国の文化による違いが見えてきてさらに知りたくなると思います。

行った先で深い議論がしたいので、まずは英語を勉強したいなと、また強く感じました。

 

では。

 

SNSはこちら!

何でも相談受け付けます。勉強、留学、人生、恋愛…ただぶちまけたいだけでも連絡してください(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Twitter:@noki0905

Instagram:noki0905

Facebook:Naoki Yoshizawa