「留学を目的にする」で何が悪いの?〜手段としての留学、留学の先の目的について〜旅するイラストレーターこまつきょうこ

「留学を目的にしてはダメ」
ってよく目にするようになったけど、

「留学が目的」の何が悪いんだっけ?

これをちょっと探っていきます。

 

そもそも「留学が目的」ってなんだ?

「留学に行く」ということに手いっぱいで、
留学を終えた後のことを何も決めていない・
または見通しを立てていない状態のことだろうか。
もしくは「留学に行きさえすればなんとかなる」と
思っている状態のこと?

例えば、
・なんかかっこいいから留学する
・海外生活に憧れるから留学する
・よくわからないけどとにかく留学したいからする
ということなんだろうか。

きっと、「留学で”何を得るか”や留学後のことよりも
とにかく行ってみたい気持ちが先走ってること」を
「留学を目的にしている」と言うのだろう。

でも、この理由ももっと探っていくと、
・英語が今よりもっとしゃべれたら「かっこいい」とか、
・海外生活できるくらいの生活能力と言語スキルを持つことに「憧れる」からとか、
・英語を上達させたり生活力を身に付けたいし、それが一度にできる新しい環境に飛び込みたいし、他にもたくさんの理由があって言葉にしづらいから一言で「留学したい」ってことなのでは。

「留学したい」って思った時点でもうすでに「留学の目的」は本当はあるはずなのだ。
だから、「留学を目的にする」ことが決して悪いことではない。

 

たしかに、留学後のビジョンは持っていた方がいい

これは事実。
「こんなふうになりたいから」「〜〜の資格/学位を取りたいから」という留学の理由が具体的なほど、準備から滞在中にかけて何にフォーカスするのか明確にしやすい。
そして、明確なほど行動につなげやすいし、そのぶん結果も見えやすくなって次の一歩も進めやすくなる。効率がよくなるのだ。

 

でも、そう全てがうまくいく?

新しい場所で新しい生活を始めたら、思わぬハプニングが起きたりするもの。どんなに下調べして入念に準備をしても、100%思い通りに進むことはほぼないかもしれない。体調を崩したり予期せぬことで、思っていた通りにできないことも起きるかもしれない。(だからこそ保険は大事。)体調を崩すと弱気になったりホームシックにもなりやすいから。(経験あり。ホームシックについてはまた別の記事で詳しく書く予定)
ただ、その時に「それでもやり遂げたい!」と思い直せるのは、具体的な目的への強い気持ちでもある。根性論は好きじゃないけど、最後はどれだけ強い気持ちを持ってるかが大きく左右すると経験から言える。

 

留学行ってみたい!で行くのはアリかナシか

じゃあ、やっぱり単純に憧れだけで留学するのはナシなのか?
そう言えないのが大人留学でもあると思う。だからアリ!大賛成!

知人のお母様は、退職してから”憧れていた”語学留学に行った。地中海のマルタにずっと行きたかったそうだ。娘さんが学生時代に短期留学してから「自分も英語を話せるようになりたい」と思ったのがきっかけだそう。
そして、もう一人別の人は、イギリスで落ち着いて英語の勉強をしたいと田舎の語学学校に留学へ行った。長い間かなり忙しい職場で働いていたので、一度仕事と日本から離れてずっと行きたかった国で生活を送った。
二人に共通しているのは、「とにかく行ってみたい」という気持ち。
この時に、例えば大学院留学をするぞ!とか英語を使う仕事を探す!という意気込んだ様子だったかというとそうではなかった。

長い間、働きつつ子育てをして忙しかった人、仕事に没頭していたけどふと夢を思い出した人、いろんな人がいろんなタイミングで「留学」を決める。
それまで続いた長い日常から離れて、全く別の環境に飛び込む。これだけですごい決意だ。そして、その中で必死になったり思い切り楽しんだりしていると、ふと次に進みたい景色が見えることがある。それは、当然だけど行ってみないとわからない景色。日本にいながら見えることと、外に出てこそ見えることがある。

 

じゃあ、留学を”逃げ”に使ってもいいの?

結論から言うと、いいと思う。というより、今いる場所が辛くて別の環境に行きたいなら留学も手段の一つ。行けるなら行った方がいい!!

以前、オーストラリアでワーキングホリデーをしていた時に、現地の高校に通う日本人の子に会った。日本では不登校で、それでも学校には行きたいからオーストラリアへ引っ越してきたらしい。それから数年過ごし、卒業後はオーストラリアに残るか日本へ帰国するか考えている最中だった。
日本にいても引っ越しはできたかもしれないけど、日本の学校にこだわらなくてもいいし、他の国へ行った方が気持ちのどこかが楽かもしれない。それなら、”選択肢”の一つとして、留学を選ぶというのは積極的な行動でもある。

 

結論

憧れこそ、留学の理由になる!
積極的な逃げも理由のひとつ。
留学に行きたいって思うタイミングは、人それぞれだし、その理由がいろいろあって当然。遅すぎるとか早すぎるというのも、本当はないはずなのだ。
ただ、自分の「本音」を探っていくのがベスト。他の人の理由や動機と比べる必要は全くなくて、「自分は本当はどう思っているのか」深掘り*していくことがもっと大事。
自分なりの理由を見つけられたら、留学に挑戦しちゃいましょう!

*深掘りのしかたは、次のリンクで紹介しています。
One project 応募に絶対必要なもの 《2》
こちらの本文、3)「なぜ」の部分を明確にする。がそのやり方です。
One応募…となっていますが、いろんなことに応用が効くのでオススメ!

 

 

 

こまつきょうこは、海外へ行きたい人を応援します!
こまつきょうこ自己紹介ページ


こちらでも日常のこと、旅のこと、イラストなど公開しています。

よかったらぜひフォローしてくださいね。
instagram
note
twitter

 

☆留学やOne projectが気になったみなさま、
まずは Enginnier Limited の留学カウンセラーの方に相談してみましょう!
どんな小さな夢だと思うことでも、しっかり向き合って聞いてくださる方々です。
相談先は以下のフォームから:

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考