【旅好きナースの留学ブログ】出国前にすべきこと① 〜住民税編〜

Hi! 9代目オーストラリアOneのSaeです♩

 

留学前に日本でしておくべきことってたくさんあって、

色々自分で調べて手続きしたので今回から4回に分けてシェアします!

海外へ行ってしまってから手続き忘れがあったら面倒なので、

抜けなく、こなしてしまいしょう!!笑

 

では第1回いきましょう。

 

出国前にすべきこと① 〜住民税編〜

住民税ってなに?っていうと、住んでいる市(住民票が置かれている市)に支払う税金です。

正社員として働いていると、給料から毎月引き落とされているのであまり意識したことがある人は少ないかもしれません。

住民税は、日本に1月1日に住所があれば、前年の給料に見合った金額を支払わなければなりません。

 

(例)・ 2018年12月31日に出国すると、2019年度の住民税は支払い義務なし

・2019年1月1日に出国すると、2019年度分の支払い義務あり

 

ちなみにの住民税、結構高いです。

私は2019/3/31まで働いていたので、上の例から見ても2019年度分の住民税を支払わなければなりません。

しかも、2018年度の給料に合わせてです。

2019年4月からは学生になるわけですから、結構この出費は痛いですね。笑

 

ちなみに、、、

約¥196,800-

びっくりしますよね。笑 出国前に痛い出費ですが仕方ない、、、

 

この住民税額が確定されるのが6月中旬。

え?私、日本にいないですよ????

 

大丈夫!!!事前に市役所に行って引き落とし口座を指定できます。

私は一括で引き落としてもらおうと思ったのですが、

私が住んでいる市では6、8、10、1月に4回分割払いしか無理でした。

↓こんな感じです。

 

住民税手続きに必要な物

・引き落とし口座がわかるもの

・引き落とし口座の登録印鑑

 

ちなみに!住民税は税務課で手続きしてもらえますよ!

市によって多少違うと思うので、

市役所に行く前に手続き方法を確認しておく方がいいと思います。

 

 

インスタもやってます。

なにか質問あればDMください!

SAEのInstagramへGO!!

 

 

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考