No.13《アイルランドビザ申請》書類準備

𝑯𝒆𝒍𝒍𝒐…  𝑵𝒂𝒐です🌷

 

🇮🇪旅立ち6日前になりました。

10/9,10,11は京都&大阪旅行へ🥰

 

🇮🇪ワーキング・ホリデー申請について

 

私の手順&ビザ書類準備編( ఠ͜ఠ )

きちんと早めに準備することをお勧め❣️

【全体の流れ】

  1. 申請書をWEBダウンロード
  2. 申請書をメール提出
  3. 申請許可のメールが届く
  4. 必要書類を一式揃えて郵送で提出
  5. 申請受理
  6. 期間内に渡航

🔻🔻1.2 詳しくは🔻🔻

https://ryugaku-gear.com/2019/07/naoko/92212

【私の手順】

7/19にメール提出

8/15に申請許可のメール受理

8/22に書類郵送

9/21申請受理

10/18渡愛 (アイルランド✈️❤️)

 

【必要書類】

1)申請許可の E-mail文書を出力したもの

▶︎すぐに準備可能

2)申請書と写真 2 枚 (6 ヶ月以内に撮影したもの)

▶︎すぐに準備可能

3)パスポート(原本)

アイルランドを出国する時点で、有効期間は 6 ヶ月以上必要。(6 ヶ月+滞在期間)

▶︎すぐに準備可能

4)パスポートのコピー

顔写真のページと渡航履歴スタンプが押印されているページのコピー

▶︎すぐに準備可能

5)履歴書(英文)

A4 サイズ1枚程度

▶︎かなり準備が必要

私の場合、有難いことにネイティブと仕事をしていた為、アドバイスを貰い1年前から作成し良いものを完成出来ました。周りに頼れる方がいる場合は頼ることをお勧め致します。レイアウトなどを考えると結構時間がかかります。

6)卒業証明書(英文原本)

最終学歴校の卒業証明書。現在就学中の方は、在籍証明書でも可。

▶︎準備が必要

私の場合は卒業した大学のHPから手続きし郵送で依頼しました。1週間ほどで届きました。

7)残高証明書(英文原本)
個人資金として 50 万円以上の金額を示す本人名義の残高証明書。

▶︎準備が必要

私の場合は東京UFJの窓口で銀行印鑑を持参し手続きしました。郵送での受け取りになる為、1週間ほどかかりました。

【気になりVFS GLOBALに直接質問】

◉残高証明書に英文での住所の記載は必要でしょうか。
▶︎残高証明書に住所の記載は必須ではございません。(VFS GLOBAL回答)
◉円ではなく換算通貨の記載になりますでしょうか。
▶︎円でも結構です。(VFS GLOBAL回答)

8)医療保険証券又は付保証明(英文原本と A4 コピー1枚)

滞在期間をカバーする医療保険証券又は付保証明

▶︎準備が必要

私の場合

【tabiho たびほ✈︎】

https://ryugaku-gear.com/2019/08/naoko/93702

9)航空券(原本と A4 コピー1枚)

片道航空券又は往復航空券。E-チケット、予約確認書可。

▶︎準備が必要

私の場合は片道航空のみ購入したので片道航空券のEチケットを郵送

10)補足申請フォーム

添付の補足申請フォームを切取り、英語にて記載のうえ同封。

▶︎すぐに準備可能

11)申請料振込控え(申請者氏名、振込日、振込金額、金融機関名が記載されたもの)

▶︎すぐに準備可能

指定口座に、プログラム申請料7900円を銀行振込します。

振り込んだ際にATMからでてきたレシートをそのまま提出!捨てないように‼️保管‼️

12)返信用レターパック 510

自身の住所、氏名記載のレターパック 510 の封筒(郵便局にて購入)

▶︎準備が必要

郵便局で360と510のレターパックを購入し510を折り曲げて中に入れました。

 

13)追加サービス(任意)を申し込む場合は、当該サービスの申込用紙(SMS 申込用紙、郵送申込用紙)

▶︎準備必要なし(私の場合)

 

準備は余裕を持ってしましょう〜

 

Have a nice day!!

 

Nao