英語の実践をしよう!【カウチサーフィン編】

 

こんにちは、nokiです。

 

英会話の実践についてゲストハウスは紹介しました。

今回は最近、僕が利用し始めた「Couchsurfing」について書きます。

 

英語実践したい人必見!

説明とかどうでもいいって人はこちら→Couchsurfing(https://www.couchsurfing.com/)

 

What’s Couchsurfing?

 

まずは「Couchsurfing」って何?ってところから。

 

簡単に説明すると
ゲスト「今日どっか泊まるとこあらへんかな~、誰か泊めてや!」
ホスト「ええで!うちのソファ(Couch)でもよければ泊ってきや」
という流れが簡単にできちゃうサービスです。

 

Couch(カウチ)は英語でソファみたいなものを指します。
ソファを転々としていく、Couchをsurfingしていくって感じです。

 

このサービスのコンセプトは「Travel like a local」(地元の人みたいに旅しちゃお)
そこに実際に住んでいる人の家に泊まって、
地元を感じて、地域の料理を食べたりできちゃうわけです!

 

ゲストはホストに金銭は支払いません。
タダです!無料!ホストはタダで泊めます!

 

そのため、ゲスト側はTravel like a local だけではなく、金銭的な理由で利用する方も多くいます。

 

Couchをsurfingする

 

カウチサーフィンの説明をしてきてホスト側・ゲスト側の二つの立場があることが分かったと思います。
ここからはそれぞれの立場でのことについて説明します。

 

ホストとして

 

まず、僕が経験してきたホストの立場からです。
必要なことを羅列します。

 

  • プロフィールは充実させましょう(写真や性格や家のこと)
  • レスポンスは100%しましょう(responce rateが出ます)
  • ゲストの求めることを理解しましょう
  • みんなめっちゃ良い人ばかりなのでそんなに心配するな!

流れは以下の通り

 

ホストはリクエストを送ってきたゲストに対して、返事をします。
返事はOK, NG, Maybe + 文章があります。

予定が空いていて、ホストできるよ!って場合はOKを、
無理ならNGを、微妙な時はMaybeを。

そしてそこからチャットで予定を決めます。けっこうみんな返事が遅いのでできるだけ早めに色々決めましょう。カウチサーフィンのチャットが使いづらいので、インスタやFacebookを聞いてしまっても良いです!

 

僕の場合はチャットの時点で、
「平日だと仕事があってあんまり構えないけどOK?あと俺んち中心街から電車で30分だけどOK?」
というのは確認します。お互いのために。

 

待ち合わせ場所を決めたら、待つのみ。めっちゃ緊張します。
何話せば?どんな人?

 

ここからは個人ごとに色々あると思いますが、ほとんどのゲストさんが一緒にご飯を食べてお酒を飲みたいと言ってくれます。
ときには一人がいいという方もいるかもしれません。
外食する場合は予算を聞きましょう。居酒屋はけっこう高いです。

 

で、初対面の人を家に泊めます。とても不思議な感じ。
平日だと仕事で先に出るので普通にカギを渡します。

 

金銭は受け取らないので、利益はないです。

 

もう一つのコンセプトとして、「世界中に友達を作ろう!」というものも掲げています。

英語の勉強になって、友達ができて、彼らの国を訪れた時には泊めてもらえる。
十分すぎますね。僕にとっては十分です。

 

ゲストとして

 

僕は経験していないゲストの立場のことです。

 

カウチサーフィンは基本的に国内旅行で使用することはほぼないと思います。
(今度、日本人男性を泊めますが)

 

自分が海外に行ってサーフィンするとしましょう。

 

ホスト側をやっていてどんな人を泊めたいかは考えられます。
ゲスト側に必要なことは以下の通り。

 

  • プロフィールは充実させましょう(写真や性格)
  • レスポンスは早めにしましょう
  • 自分で用意できるものは出来るだけ持っていこう(タオル、シャンプーなど)
  • 自分が提供できるものが何か示そう!(和食作るよ、旅の話するよなど)
  • ホストの家のルールは絶対に守りましょう(靴を脱ぐ、食器の使い方)
  • 正直になりましょう(嫌いなら嫌いと言ってくれたほうが良いです)

 

利用の流れはホスト側に書いたままですね。

 

Note:快適に過ごしてもらう・過ごすためには

 

どうしてもカウチサーフィンでは【ホスト】と【ゲスト】という力関係ができてしまいます。

 

ゲストは泊めてもらっているので、なかなか思ったことが言えない状況だと思います。
僕はゲストに対して、正直に何でも言ってくれと先に伝えます。
これでゲスト側は非常にいやすくなると思います。

 

また、ゲスト側としてはホストに何かGiveできるものがあったらお互いに有意義な時間になります。
先日来たポーランドからのゲストは、ポーランドの有名なスープのインスタントタイプとマグネットをお土産でくれました。
必ずしもモノを渡す必要はないと思います。 お金ではない何かお返しがあるとより楽しく、良い信頼が構築できます。

 

そして良いレビューが貰えれば次に来る人も安心です。
ゲストとして利用する際もレビューは見られます。

 

おわりに

 

カウチサーフィンについて紹介しましたが、女性だと危険なのでは?という意見も聞かれます。
僕の家には今のところひとり旅女性のほうが多く来ています。

 

しっかりと見極めて、選択していれば危険はないと思いますし、
カウチサーフィンをやっている人は基本的に総じて良い人が多いです。本当に。

 

周りの人に話すと、知らない人を泊めるなんて…と非常に変な目で見られますが、とても面白いので是非始めてみてください。

 

わからないことがあれば聞いてください!

 

では。

 

 

SNSはこちら!

何でも相談受け付けます。勉強、留学、人生、恋愛…ただぶちまけたいだけでも連絡してください(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Twitter:@noki0905

Instagram:torafa0000

Facebook:Naoki Yoshizawa