【Kana’s Action】留学の準備を始めよう:ワーホリ申請!英語の履歴書を書いてみた!

 

12代目アイルランドOneやまかなです。
2020年1~3月、3か月間アイルランドで留学をします。
登場ブログは【こちら】、今までのブログ記事は【こちら】をご覧ください!

 

このたび、アイルランドへのワーホリビザの申請が通り、
準備を進めていると、「英文の履歴書」用意しないといけないということがわかりました。
申請時は、たまたま海外の企業団体に就職活動中で作っていたものがあったので、使いまわしました。
他の書類の準備方法などもこちらの目次からどうぞ

でもよくよく考えたら、語学学校に行ったら、「英文の履歴書の書き方」とかセミナーが特別講義として開催されるわけですよ。
その前に、国を出る前にビザ申請するために履歴書を書かないといけないんですよね。笑
絶対留学開始後にその履歴書の質が上がるってのが想像できるのに、なんで申請時に履歴書求めるんでしょう。疑問。
経歴把握して不安定な人じゃないって把握するためですかね…

 

そんな「?」を抱きつつ、履歴書を提出!
そこで、私がどのように書いたのか、ここにまとめておこうと思います!

ちゃんとした履歴書の書き方は、他の転職エージェントとかがやってるサイトを参考にしたほうがいいと思うので
この記事はあくまで参考としてご覧ください!!!笑

 

■基本的には5段落

たぶん英文履歴書のテンプレとかを検索してみてもわかると思うのですが、基本的には5段階です。

1)自分の情報(住所、電話番号、メルアド)

2)OBJECTIVE(希望職種やポジションについて)

3)QUALIFICATIONS AND SKILLS(資格系)

4)WORK EXPERIENCE(職歴)

5)EDUCATION(学歴)

 

1つずつ説明していきます!

 

1)自分の情報(住所、電話番号、メルアド)

A4の一番上に、センターでまとめます。大体順番は

名前(全部大文字で太字)

住所

電話番号/携帯番号(Phone/mobile:)

メルアド(E-mail:)

もちろんすべて英語表記です。

住所は大体
〒123-5678 ★★県〇〇市●●区△△ 1丁目2-3 なら
1-2-3 △△ ●●-ku 〇〇-shi ★★123-5678 と逆になります

電話番号は国際番号を入れておくとナイス配慮なので
03-1234-5678 なら
(+81) 3-1234-5678 と書きましょう。

 

2)OBJECTIVE(希望職種やポジションについて)

こちらは、ワーホリの場合は要らないんではないかなーと思って割愛しましたが

(どのような仕事に着けるかわからないから)

通常だと、自分が応募する企業のどの職種のポジションに応募しているのかを書きます。

私が今応募している職場に書いたのは以下の文章。

Seeking 〇〇 position in △△, which will require my communication skills and experience in ☆☆ to…

△△という会社の〇〇のポジション(営業、とか広報、とか)を希望していて、
私のコミュニケーション能力と☆☆の経験が必要となると考えています。

みたいな感じで、自信満々に書きます。笑

 

3)QUALIFICATIONS AND SKILLS(資格系)

自分の持っている技術やスキルを書きます。

社会人経験が長い人は、〇〇というポジションでの経験が☆年、とか書けるんですが、
ちょこちょこ仕事を変えている迷走中の私は書けません。

さらに、教員免許は持っていても国内でしか使えない資格。
しかも応募している仕事に関係のない資格について書いても意味ないので、書けません。
せめて持っていたのが英語の資格なので、以下のように書きました。

-Excellent communication skills in oral and written Japanese and English (TOEIC 〇〇〇, 2013)

〇〇〇には点数を書きます。そこは、秘密。笑

あとは、PCのスキルとかですね。私はこんな感じで書きました。

-Advanced user of MS Word, Excel, PowerPoint.

Excelは一般常識程度…( ^ω^)

 

4)WORK EXPERIENCE(職歴)

さてここからが転職したり副業をしている私が一番長くなってしまうカテゴリーでございます。笑

基本的な書き方は

時期
会社名、場所(太字)
ポジション
・ざっくりとした仕事内容を
・箇条書きで
・1行程度に収めて書く

時期はApril 2019 – Present とか April 2019 – March 2020 みたいな感じ。

会社名は自分の働いていた会社の英語名をコーポレートサイトなどに行って調べてください。
もしわからない場合は、一番下までページをスクロールダウンすると、大体著作権の関係で
(c)会社名 とか Copyright ©会社名 とか © 2019 会社名 All rights reserved. とかで書いてあります

それに続く場所は、会社名 ,(コンマ) Tokyo という感じで、都道府県まで書けばOK。

ポジションはざっくりと、企業に応募してる場合は、そこに関係ある内容だけ書いておけばベターです。
ちなみに、異動とかしてる場合は、それごとに分けて書きます。どれくらいの期間やってたかも明記します。

私は結構小さな企業や団体で複数のポジションを兼任するというか、
ゼネラリスト的な仕事を今までしてきたので、基本的に全部書いてどこでも流用できるようにしてあります。笑
応募する職種に合わせて、不要なものを削除したりしてます。

 

5)EDUCATION(学歴)

そして最後に学歴です。学生で新卒の場合は、こちらに比重を多めにして、
学校での研究内容やGPA、表彰など成果を記載し、
さらにサークル・学生団体での課外の活動(extracurricular activitiesとか言われたりします)を書きます。
(大学生の時に外資系の企業も受けていたので笑)

社会人に関しては、そこはザクっと省略。職歴のほうが大事なので、ここは簡単にこんな感じでまとめます。

B.A. in 〇〇, ☆☆ University- Tokyo, Japan 20△

学位名称、大学名、学校の場所、卒業年度の順番です。

学位は学士ならBachelor、修士ならMaster、博士ならDoctor / PhD。
法学部なら Laws 、教育学部なら Education のように、英語の名前があるので、調べて〇〇に記入しましょう。
私はすごく特殊な名前の学部だったので(日本で唯一?)大学のサイトで調べました。
大学名は大学のサイトで調べてください。英語表記がわからない時は、会社名と同じでページ最下部の著作権を調べましょう。笑
学校の場所は上記のように Tokyo, Japanと都道府県でOK
卒業年度はもちろん西暦で記入です。

 

■おまけ:海外の履歴書はおしゃれ。

上記の情報がA4の1~2枚にまとまればOKです。

わかりやすくまとまっていておすすめなのはマイナビさんのサイトです。

https://tenshoku.mynavi.jp/global/knowhow/resume

職歴におけるポジションの代表的なものの英訳や
学部の代表的なものの英訳が載ってるので便利だと思います。

 

ちなみに、海外の履歴書がおしゃれなのって知ってました?たとえば…

https://resumegenius.com/resume-templates

海外の映画とかを見てると、
「あなたの履歴書は?」とか言って登場人物が出す紙がカラフルだな~とか思ってたんですけど、こういうことなんですよね。
履歴書がわかりやすくかつおしゃれな(自分らしいデザイン)のも、自分のPRのうちの1つなんです。

今まで国内の外資系の企業とか受けてたりしたので質素なA4にまとめたものとかを書いてたんですが
せっかくアイルランドにワーホリで行って仕事を探すので、
渡愛前にこんなおしゃれなテンプレートにして、働きたいところに出しに行こうかな~なんて考えてたりします。

 

 

さて、今日はここまでです!

今回の記事、文字ばっかりで写真ないので、
最近私が英文履歴書を提出した、今応募してるところの写真を貼っておきます。
8年前ぐらいに行った時に撮った写真。
夜なのでやや見づらいと思いますが…これがどこかわかったらすごいです。笑
受かったらいいなあー。

 

 

他のワーホリ申請に必要な書類はどう準備したのか?こちらをご覧ください!

 

—–

<お知らせ>
Instagramフォロワー数がこの夏1000人突破しました🌸
これから留学についてのつぶやきも発信していくと思うのでぜひフォローください♪
https://www.instagram.com/ky817/

ちなみにTwitterのほうがもっと本音です。←
https://twitter.com/ky817