【Kana’s Action】帰国子女経験の反省を踏まえて!語学留学は”語学以上”のことを学びに行くことを目的にする!!

 

12代目アイルランドOneやまかなです。
2020年1~3月、3か月間アイルランドで留学をします。
登場ブログは【こちら】、今までのブログ記事は【こちら】をご覧ください!

 

私は社会人で、現在27歳、今月28歳になるアラサーです。
そして、中高の約5年間をアメリカのワシントン州で過ごしていた、帰国子女です。

そんな私は、「語学留学」という形で、
3か月間ATC Language Schoolというブレイ・ダブリンにある語学学校に通う予定です。
アメリカに行って、カルチャーショックはもちろん、喋れないこと、友達が作れないこと、
先生が何を言っているかわからないこと、勉強についていけないことなどが立て続けに起き、
毎日悲観的に閉鎖的に学んでいたことで、5年間いたくせに、帰国子女のくせに、英語があまり話せなかった、ということがあり
どこか引っかかっている自分に自信をつけたい、という理由で挑戦しに行きます。

 

ですが、海外に留学をするという貴重な経験を3か月するにあたり、
ただ、「語学を学ぶ」ことだけを目的とすることは、
日本国内で英会話教室に行くのと変わりがないなと最近本当に思うのです。
語学はミニマム。プラスαで何をしたいのか。

仕事を辞めて、お金沢山払って←、異国で一定期間滞在する。
それだけでも、もちろん学びや刺激や多いはずですが(私も経験済み)、
アメリカでの悲観的閉鎖的だった時の自分を経験を振り返ると、
ただ行くというよりは、
自分が「吸収するぞ」「学ぶぞ」と前のめりに受け止めるメンタルになれているかどうかで、
その人が学べるものや刺激を受けられるもの、気づけるアンテナなどが一気に増えて広がると思っていて。

 

アメリカに行ってすぐ悲観的閉鎖的になった自分でしたが、
最近は大人になって(笑)、比較的ポジティブに物事を考えれられるようになったので
本帰国して10年になりましたが、チャレンジしようと思えるようになったんじゃないかなと思います。笑
(元々小学校時代いじめられていた経験があり、すごく周りに対して気を使い流されるタイプになってしまっていたので、
最近になって、もっと自分に意思をもって個性を大事にしていこう、と吹っ切れたのも結構大きいと思いますが、
これはまた別の機会でまとめます。笑)

 

そんな私が、じゃあ今回の留学で、語学留学(英語に自信をつける!)こと以外に、
何を目的に、何を吸収しに、何を学びに行こうとしているのか。
どんな経験をして、どんなスキルを得ようとしているのか。

自分の目標宣言もかねて、改めてまとめてみようかと。

 

私が経験したい・身に着けたいスキルはきっぱり。以下の2つです。
①アイルランドに滞在するという経験
②独立力

それでは発信してみます!

 

 

■ヨーロッパに、”マイナー”だけどスゴイ国に滞在するという経験。

私は以前、「アメリカ在住経験5年がアイルランド3か月留学でやりたいこと8つ」という記事を書きました。
そこでは、この8つをまとめました。

①現地の季節ごとの行事には全力で参加する。
②スポーツ鑑賞!
③教会に行く
④都会と田舎を見る
⑤踊る
⑥飲む
⑦学校視察
⑧ダークなところ?を知りに行く

要は、アイルランドの文化を知り、アイルランドという国の理解をもっとこの目で見て深めたいんです。

イギリスの隣にありつつも、「どこにあるんだっけ?」と友達から聞かれるくらい認知度が低く、
日本人の留学する人や旅行する人の数も他の有名なヨーロッパ各国に比べても低め。
でも、独自の魅力的な文化を持ち、世界規模で有名なハロウィン発祥の国であり、
またセイントパトリックデーも世界規模で有名な祭りになり、
国民投票で同性婚が合法化された国として有名で、世界を魅了し続けています
さらに、アイリッシュダンスや音楽に乗ったダンスはNintendo WiiのJUST DANCEにも2曲はいっています。←

私が5年住んでいたアメリカとは違い、長い歴史があり、小さく、
アメリカや日本とはまた違う文化がそこにはあります。

そこで得られるまた新しい価値観や視点、
滞在したことで感じる、観光客とはまた違う目線で見るヨーロッパ。
お金のある限り(苦笑)、色々な知らないことに出会い感じていきたいと思っています。

 

今も本で勉強中!これだけでもまた新たな気づきや発見があったりする…

 

■「独立力」というか「自炊力」

今まで海外旅行にも何回も行っていますが、長期で一人でしかも海外に住むという挑戦。
ここで私が一番頑張らないといけないなと思っているのが、これです。

私は実家住まいです。
アメリカから家族よりも先に帰ってきたときに数か月実家で一人暮らしをして、
2015年に半年ほどシェアハウス(ソーシャルアパートメントに近い)に住んでいました、が、
今は実家に戻って小学生の時からずっと同じ部屋で過ごしています。

実家の場所が都内でも非常にアクセスのよいところにあり、一人暮らしをするために出ていく必要がないんです

そのため、家族でいろんなものをシェアしているので、
その方が楽だし、自己負担かからなし、エコだし←、と今までその状態に満足していました。

しかし、Oneに選ばれたときに「私の一番の挑戦は自炊です!」と書いたように
料理の経験がないことだけが自分の中ではずっと引っかかっていたんです。

これまた変なきっかけですが、小学校の時の家庭科の授業の時に
私が料理ができなさ過ぎて料理ができる同じグループの子が全部作業をしてしまった時に自信を喪失したのと
先生が裁縫の授業のほうで「これがダメな例です」とクラス全員に私の縫っていたエプロンを見せびらかしたことがあり
とにかく「家庭科」…料理や裁縫といった分野にトラウマによる苦手意識を持ったうえで拒否反応が出ていたんですよね。笑

さらに、家でのお手伝いよりも魅力的なことが学校の外やインターネット上にはたくさんあって
親が手伝って、と声を掛けても、思春期も重なり無視をしたり反発した結果、料理は本当に避けてきたものでした。

ダンスをやっているので、衣装を直したり作ったりする過程で裁縫に関しての苦手意識は払しょくできてきました。
でも、料理に関しては、実はABC Cooking Studioにも大学4年生の時からずっと通っていますが
大学4年生になってやっとレタスとキャベツの違いが認識できたり←基礎的な調理器具の使い方を覚えられるようになったレベル
でも、家族がいる場で料理をして「あんたが料理するの?」といわれるのも気に障るし…と自宅で復習する機会も作らず。
さらに受講費もかかるし、留学に向けて資金を溜めたいので、最近はABCもお休みに入ってしまいました。

 

 

 

今まで作ってきたお菓子パンとか総菜パンとか和菓子とか。料理はすぐ食べてしまって写真撮ってない←

 

もちろんコンビニやスーパーで今は調理済みの物が売られていてそれで生活していくことはできます。
でも私はコンビニで売られる食品や国産ではない食料に懐疑的だったり、
ベジタリアンやビーガンの考えにも賛同しているところがあり、
自分で作れる力もつけたうえで、自分が食べるものはしっかり選んでいきたいと思っているのです。
だから、自分の中では自炊ができるようになるともっと自分らしくなると思っていたりするのです。

しかし、私の中では、前述の通り、家族がいる場=実家でもう料理はできない、ということが、わかっているもので。笑

だから、海外で作ろう、と思いついたのでした。笑

この経験、このスキルが着実に身に付くことで、私はもっと「独立」できる、と思っています。🔥

 

 

 

■留学を決めたときから、もう色々な経験をしている。

以上2つが私が今回の語学留学にプラスαで経験したいこと、学びたいことです。

さて、7月の大学の講演会でも話したのですが
帰国子女は自分から動くことがそもそも前提ではないため、留学のように以下3つを経験することがない、と思っていました。
①自分起点(主体性前提)
②費用面が見える、サバイバル能力がつく、自分の行動に自分で責任が取れる
③自分で好きに留学の内容などをデザインできる

面白いことに、すでに留学準備を進めながら、この3つを経験し始めています。

 

すでに自分主体でアイルランドの情報を取りに行くべくイベントに参加したり、人に話を聞いたりしています。

留学の資金が見え、しっかりと貯金計画を立て、自分の生活を振り返っています。

人に話を聞きまくったことでワーホリというオプションや、海外に住むという「戻ってこない留学」の考え方、
海外での働き方についてなど、様々な視点を経て、自分の将来設計の可能性が広がっています。

 

 

そして何よりそれらをすべてこのブログにまとめて発信していることで
自分の脳内でまとめたり書く力もついてきているような。

 

 

冒頭で書いたように、
「吸収するぞ」「学ぶぞ」「体験するぞ」(+私の場合は「料理するぞ」)
意識を持つことで、その人の留学中に得られるものって変わってくるんだろうなと思います。

それは、留学中もそうだし、今留学に向けて準備をしている段階でもそうみたいです。

そしてそれってもちろん失敗することもあって、今私はすっごい金欠です。笑
でも、そうした失敗や挫折や壁を経験したほうが、もっと得られるものって多いと思んですよね。

 

12代アイルランドOneのテーマは「Action」

意識的にも、フットワーク的にも、Actionした人はもっとカラフルな世界が見えてもっといろいろなことにActionできる

それは、これからの情報社会、多様化する社会、ボーダーレスな社会で
楽しく自分らしくわくわくできる生き方の方法のうちの1つ。

そんな留学の形、そんな学びの形を体現できる留学生としてこれからもこのブログで発信してきたいと思います🔥

 

 

毎回こういう系のブログは長文になるー!

今日はここまでです~

 

—–

<お知らせ>
Instagramフォロワー数がこの夏1000人突破しました🌸
これから留学についてのつぶやきも発信していくと思うのでぜひフォローください♪
https://www.instagram.com/ky817/

ちなみにTwitterのほうがもっと本音です。←
https://twitter.com/ky817