【ウィンチェスター留学🇬🇧1】イギリスの入国審査🇬🇧

皆さまこんにちは、Shioriです 🙂

 

6/28の深夜便で羽田空港を出発し、6/29の早朝にヒースロー空港(Heathrow Airport)に到着しました✈️

 

イギリスには3年前にも来たことがあるのですが、今回空港に着いて驚きました。

なんと、日本を含む数ヶ国は税関の入国審査を自動化ゲートを利用できるようになっていました🇯🇵!!!

入国時に記入していたあの紙も不要!

※ただし学生ビザ等の場合は従来通り職員による入国審査が必要です。(紙は不要)

ヨーロッパに入国するの、すごく並ぶのでありがたい😂✨

と思いつつも、わたしは学生ビザが必要なので職員の列へ。

ただこの自動ゲートのおかげか早朝だからかかなり空いていました!

 

入国審査時の必要書類や質問についてはネット等で事前に調べてはいたのですが、やっぱりドキドキ😣

結論から言うとかなりあっさりパスしました!笑

わたしが事前に用意していた書類は、

①学校の入学許可証

②ホームステイ先の情報

③資金証明書

ロンドンだと£1,265×滞在月数

ロンドン以外だと£1,015×滞在月数

④出国時のチケット

日本に帰るものでなくても、イギリスから出国する事が分かればOK

⑤保険の付保内容

の5つです。

いらないと分かりつつも用意していたものもあります。

 

このうち実際に提示を求められたのは①入学許可証と④出国時のチケットだけでした。

②と⑤は心配性なわたしが念の為用意しておいたものです(笑)

③資金証明書については、見られることはほとんどないとネットで見ましたが、ランダムに提示を求められることもあるとの情報もあり、念の為用意しました。

ちなみにゆうちょの口座をお持ちの方は即日発行してくれるので便利です!

手数料は510円で、『英語の残高証明を下さい』と言えば作ってくれます。

 

④出国時のチケットについてですが、半年も先の帰国時のチケットなんて買えるか!と思い確認したところ、イギリスから出国する事が分かれば良いとの事でした。

なのでヨーロッパの格安航空会社でダブリン行きのチケットを購入しておき、それを提示しました。(もちろん乗りません)

ちなみに帰りのチケットは入国時以外にも日本でチェックインする際も提示しました。

 

質問された事は、

①学生かどうか

②滞在期間

③帰りのチケットはあるか

たったこれだけでした。

帰りのチケットに関しては、行くつもりのないダブリン行きのチケットを見せたので、ダブリンにはどのくらい行くのか、その後日本に帰るのか、も追加で聞かれました。

 

ということで、、、

無事半年のビザをゲットできました!

心配だったので一安心😂✨

 

いよいよイギリス生活がスタートします🇬🇧

少しずつ近況をアップしていくつもりですのでお楽しみに!

 

See you later!