Sakura🌸Another sky ハンガリー【ハンガリー生活で驚いたこと】

 

こんにちは~ Sakuraです!

 

前回の記事では「ブダペストの観光地&ハンガリー料理」を紹介しましたが、

今日は「私が1年間住んでいた街」について書いていきます!

 

異文化を知るのが好きな私は、他国に行くと、違いや面白いことを発見する度すぐメモを取るようにしています。

そして、ハンガリー生活でもメモして残しているので、

「生活してて驚いた異文化やマナー」なども色々紹介していきますね☺

 

 

~私が住んでいた町~

 

私が住んでいたところは「Pecs(ペーチ)」

ハンガリー第5の都市で学生の町と言われています。

ブダペストから鉄道で3時間ほどで行けます。

 

小さな町ですが、建物や雰囲気がとてもかわいい!

とてものんびりしてて、ウチナーンチュの私にはピッタリで住みやすかったです♪

👆大聖堂

 

👆セーチェニ広場

 

👆クリスマスマーケット

 

ペーチは、ハンガリーを代表する陶磁器・ジョルナイの発祥地です!

ジョルナイの工場や美術館もあります。

街中でも、ジョルナイのタイルを使用した噴水や建物が点在しています。

👆ジョルナイ博物館

👆ピンクジョルナイ

 

 

 

~ハンガリー生活で驚いたこと~

 

1.物価がやすい

他のヨーロッパ、日本に比べてとても物価が安い

ハンガリーは世界で最も消費税の高い国、27%!

それでも、消費税を含めても信じられないぐらい安い!

レストランもホテルも安いので、費用を安く抑えて旅行が出来ますよ♪

 

2.クーラーがないところが多い

扇風機 or 窓を開け外の風でしのぐ。ホテル・病院・学校・電車の中にもない…

日本では考えられないが、ハンガリーではめったにクーラーを使わないらしい

 

3.ハンガリー人は見た目は怖いが、実はすごく優しい人が多い

男の人は、体格ガッチリ+坊主+髭+怖い顔つきの人が多い気がする。笑

あまり愛想も良くないため一見怖そうだが、とても優しい人が多い!

そして日本人と似て、少し消極的でシャイで大人しい人が多いので、共感が持てる!

 

4.煙草を吸う人が多い

若い女性でも、年配の人でも煙草を吸ってる人が多い。

そして室内は煙草禁止なとこが多く、レストランはほぼ全禁煙。

外で吸うか、喫煙所ルームで吸うのがマナー。

逆に、お酒は絶対に外で飲むの禁止。必ず店内や家の中で。

日本では普通に公園や外で飲めるからビックリ!

 

5.労働時間・日数が日本と比べすごく少ない

普通の会社員でも長期休みが1~2週間連続もらえるらしい

学生は夏休みが2~3か月。祝日も多い

学校も仕事も全体的に朝早め(7・8時)開始で、3・4時頃には帰宅。残業はほぼ無し。

その分、家族との時間を大切にする。

 

6.飲食店・スーパーが夜9時には閉まる

24時間Openのところはほぼない。

大手のスーパーでさえも祝日休み、たまに毎週日曜日休みの店もある。

日本では、週末や祝日の方がサービス業が忙しくしっかり働いているのに、ハンガリーではその考えがない。

自分や家族の時間を優先し休みを過ごすという考えが普通である。

 

7.スーパーではまとめ買い

日本人みたいに毎日スーパーに寄りその日分の食材だけを買うということがない。

月に1~2回でまとめて大量に買うため、1つ1つの商品が大きく量が多い。

そしてカートも巨大。コストコみたいな感じが普通。

 

8.スーパーでエコバックやかごを持参するのは当たり前

レジでは日本のように袋を出してくれない。

持っていない場合は、店内にある袋を購入する必要がある。

 

9.スーパーの陳列がテキトー

業務スーパーって感じで、ざっと置かれてるだけ。

お客もテキトーに商品を置き、元あった場所に戻さない。

ベーカリーコーナーから取ったパンでさえも、レジ横のガムコーナーに置かれてたりする。笑

そして、商品も欠陥がよくあるので注意を!

割れている卵、ボトル破けている飲み物が普通に売られていたり…

だから毎回購入前にチェックすること!

 

10.食べる量、カロリーの高さが半端ない

レストランでは1人分が多すぎて毎回食べきれない。

そして、大量の油を使ってる料理が多く味付けも濃いめ。

 

 

 

 

そして、初めての長期海外生活は本当に色んなことがありました。

まったく予想外の事態が本当に起こる

そんな時に冷静に瞬時に判断することが必要。

ハンガリー生活で1番得たのは、自己解決能力と臨機応変さかもしれない!

 

 

ここで少しだけ私のハプニングネタをご紹介☟笑

 

・到着初日に、タクシーの運転手にスーツケースを持っていかれそうになった事件

乗合タクシーで、私の他にも乗客がいるためその人達を待つ必要があり

私は荷物をタクシーに乗せ、待ち合わせ時間を設定し一旦運転手と別れた。

けど、待ち合わせ時間になっても運転手が全く来ない…

10分、20分待っても来なく…

不安になった私はそこら辺いる人に聞いたが分からないとのこと…

着いたばかりで電話も持ってなく、公衆電話の使い方も分からない…

終った…これは完全に荷物全て盗まれた……

と泣きそうになっていると、運転手が遅れて登場!

運転手が全く英語通じなかったため会話がうまくできず、私が時間を勘違いしていたみたい…

何もなかったから今じゃ笑い話だけど、あの時は本当に初日にして終わったなと覚悟した時でした。笑

 

・ペーチ行の最終電車に間に合わない事件

冬休み中に行っていたドイツ旅行から帰る電車が遅れ、乗換の最終電車に間に合わず…

ブダペストに着くと深夜で、薄暗い駅のなか1人さまよう…

急いでペーチにいるハンガリー人の友達に電話し…

深夜なのに起きてて電話出てくれた奇跡…

どうにかタクシー手配してもらって無事帰宅できました。

 

これはほんの一部…

全て挙げるとキリがない…笑

海外で生活したら生きていく力を学びます!笑

 

 

そして、ハンガリーに来て、たくさんの素敵な出会いがあり!

色んな人に支えてもらい、無事に楽しく過ごすことが出来ました~👏

 

ここが私のAnother sky ハンガリーですっ🌎

↑ これ私の大好きな旅番組「アナザースカイ」の決まり台詞✨

ずっと言ってみたかったんです!笑

 

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・-・-・ー・ー・ー・-・-・-・-・-

SNSでも色んな情報発信していきますので、是非フォロミー!

留学や勉強などの相談、メッセージも気軽にどうぞ☺

Twitter

Instagram