【Kana’s Action】アイルランド留学経験者インタビュー!:ベビーシッターワーホリトーク! with Shokoさん

 

12代目アイルランドOneやまかなです。
2020年1~3月、3か月間アイルランドで留学をします。
登場ブログは【こちら】、今までのブログ記事は【こちら】をご覧ください!

 

この記事では「アイルランド留学経験者へのインタビューシリーズ」として、
アイルランドに留学していた・留学中の先輩たちへのインタビューを書いていきます!

インタビュー連載を始めた背景や、他の人たちのインタビュー記事一覧は
【こちら】をご覧ください♪

 

さて、今回のインタビューはアイルランドOneの先輩!Shokoさんです。
One?という方に関して簡単に説明すると、留学の前授業料を支援してくれるOne Projectというものです。
現時点では最大3か月、アメリカ・カナダ・イギリス・アイルランド・マルタ・オーストラリア・フィリピンのどれか好きな国に語学留学をしたい人に支援をしています。

アイルランド留学に特化したEngineerというエージェントさん主催の物なので、
大体毎回の代でアイルランドのOneは選出されています。
(年によっては、その国に留学したい人誰も選抜されず、その国のOneはなし、という代もあります)

Shokoさんは第4代でした。

 

今回、日本時間の朝8時、アイルランド現地夜中の12時ということで、カメラは付けず、電話でお話ししました。
(夜遅くにありがとうございます><)

 

■Shokoさんアイルランド留学概要

タイプ: 語学留学+ワーホリ

留学先: SEDA College

留学期間:絶賛延長中!(現在1年と半年)

千葉出身のShokoさん。
カナダに1年間留学していてた経験があり、「海外で暮らしたい!」と夢を抱いたShokoさんは
たまたまFacebookで見つけたOneに応募。当時はヨーロッパではアイルランドしか選択肢がなく、
カナダにもう1回いくならヨーロッパ…とアイルランドを選んだそう。

そのあと実際にアイルランドに調べていけば調べていくほど、自分の好きそうな国だったと気づき、晴れてOneへ。

今は、アイルランドでの生活を楽しんでいるそうです^^

 

■アイルランドを感じるイベント紹介!

Shokoさんのブログを読んでいると、様々な現地でのイベントについて紹介されており、
こうした情報が一番私が手に入れづらく困っていたものだったので、とても感動しました!
特に私が留学する1~3月というアイルランドでは冬で寒い時期。
その時期にもいたShokoさんに、何かイベントありましたか?と聞いてみました。

 

サタデーマーケット系

土曜日に野外で開催するマーケットです。
Shokoさんが行ったのはこちら。

・ダブリン・テンプルバーで開かれているサタデーマーケット

・セント・アンズ・パークのSaturday Market

ここら辺は1~3月でも開催されているのでは、とのこと。実際に行ってみようと思います。

こんなかんじ。

 

季節的なイベント系

3月に開催される大きいものはやはり

・セイントパトリックデー

他に8月末~9月に開催されるものとして

・マッチメイキングフェスティバル

という、婚活祭り、日本でいう街コンが開催されるそうです笑

ほかにも、かずささんが教えてくれたブルームズデーが6月にあります。

 

アイルランド文化を体験できる教室・ワークショップ系

Shokoさんが通ったのは

・ティンホイッスル教室!!!

ティンホイッスルとは、アイルランド発祥のブリキでできた縦笛のことです。
もともと英語で何か習い事をしたくて、絵が好きなので絵画教室などを探していたShokoさん。
そこでティンホイッスルの情報を手に入れ、せっかくなのでやってみたい、と通ってみたそう。
Shokoさん曰く、「楽器が安くて始められやすいですよ」とのこと。
さらに、Shokoさんが通っていたのはなんとアイルランドが好きで音大出身?の日本人の先生
受講生はアイルランドに来ている外国の方が多く、国際交流も可能とのこと。

「アイルランドの人たちは自分の国の文化を大事にしているのは伝わってくるけど、
こうして外に発信しているのはそんなアイルランドに魅了された外国の方な気がする」とShokoさん。

確かに、日本の忍者が世界で有名になったのもNinja Turtlesっていうアメリカのアニメがきっかけだと聞いたことがあるし
能が世界で認知されたのも能面をもって海外に行った人がいたからだとか。
たまに日本人より抹茶や空手について詳しい外国の方を見て驚くけれど、アイルランドもそんな感じなのかな、と思いました。

さて、なんとこのティンホイッスル教室は毎週月曜日夕方にブレイのハーバーバー2Fでやっているとのことなので、
ブレイにも留学する私は1か月間毎週月曜日に何をするか、決まりました!笑
今からとても楽しみです。

ティンホイッスル教室のパブと実際に吹いてるShokoさん

 

 

他にもこれからもどんどんイベント情報は集めていきたいですね…!

Shokoさんによると、冬でも芝生はいつも緑でただ寒いだけなので←、天気よければお散歩してもいいかも、とのことです。
風が強すぎて傘は壊れるらしく、ウインドブレーカーの上着必須ですね。
そんな風が強いと、サタデーマーケットは開催されるんだろうか…?まあ、実際に行ってみてみましょう。笑

これが冬の公園。確かに芝生が緑!

 

■チャイルドマインダーというワーキングホリデーのありかた。

今回Shokoさんと一番盛り上がった会話は、ベビーシッターです。

というのも、Shokoさんは現在ワーホリの仕事でチャイルドマインダーをしています。
私は、アメリカにいたときにも簡単なアルバイト程度で、そして今はがっつり複業としてベビーシッターをしています。

ワーホリで仕事を見つけられるか、カフェとかホテルで働いたことないのに仕事取れるんだろうか…と不安だった私。
ベビーシッターという働き方があるのか!と感動し、がんがん、質問してしまいました。笑

Shokoさんがチャイルドマインダ-の仕事を始めた経緯を聞いてみると…
元々最初はカフェが好きだからカフェで働きたいと思っていたそうです。

しかし、3月からCV(英語の履歴書)を配り始めたけれど1か月ほどたってもどこからも返事がもらえず…
あったとしてもキャンセル待ちで案内が来るなど仕事を見つけるのに苦労したそう。
さらに、挑戦したいけれど英語力的に無理かな…と行動に移せなかったときもあったんだとか。

そこでみつけた「チャイルドマインダ-」という仕事。
シェアハウスに移ったときに知り合った日本人女性からの紹介だったそうです。
その方がカナダに行くことになり、すでに決まっていた家庭へのマインダーのお仕事ができず、
その後家庭からの声掛けきっかけで、Shokoさんが代わりに引き受けることができたんだとか。
ちなみにこのお仕事は、Kahoさんからもきいた「MixB」というアイルランド生活情報サイトの掲示板で良く募集されているそうです。
ご両親のどちらかが日本人だったりする家庭の子どもたちに、日本語を維持させるために教えてほしいとお願いするところ
アイルランド人の家庭が、日本人は時間を守るからと信頼して探していたりするそうです。

これは、「I AM JAPANESE! (私は日本人です)」を主張したほうがいいですね。笑
実際、Shokoさんもいいことに繋がることが多いぐらい日本人のイメージはいいから言ったほうがいいと教えてくれました。

Shokoさんは、学校にお迎えに行ったりすると、チャイルドマインダ-だらけで驚いたそうです。
それぐらい、アイルランドでは当たり前のこの仕組み。だからこそ、見つけやすい仕事だし、需要もあるそうです。
Shokoさんは、カフェの仕事がなかなかもらえず…マインダーの仕事をしよう!と決心したそうです。
長期期間見てくれる人(住み込みとかもあるそう!)をもちろんご家庭は求めていますが、単発の仕事もあるはず。

 

Shokoさんが現在担当しているご家庭は日本とアイルランドのハーフのお子様!
そのご家庭に気に入られて、支援の下、学生ビザに変更し滞在期間を延長させてもらえたのだとか!

Shokoさん自身は保育関係に興味はあったものの仕事はしたことなく、
日本のイメージで「資格がないとダメ」という考えがあったけれど、
実際アイルランドではじめてみて「こういう仕事の在りかたがあるんだ!」と驚いたそう。
働き始めた頃も、今も、試行錯誤の日々。そこで刺激を受けて、さらなるチャレンジをShokoさんは決めました。

それは、このあと、アイルランドでの留学を終えたら、次はオランダに行く、ということ
それも、「オーペアビザ」という、1年間現地で「オーペア」、つまりベビーシッターとして働くためにあるビザを取得し
現地でその仕事で働きながら生活をするということ!
そういうビザがあるのに驚きですが、さらい驚いたのは、
Shokoさんが1年間アイルランドでシッターをしていた経験を伝えたところ、その実績が決め手で内定をもらえたこと

 

「ここまで来たからには、プロを目指したい。」
「いままでふらふらしてて何もしていなくて専門的な知識とかもなかったけど、今はこれを続けられているしこれで考えてやっていければいいなと思っています」

 

そう話すShokoさんが、めちゃくちゃかっこよかったです。

 

最初は、「ワーホリで来てるのにベビーシッターって…」って思ったこともあったそうですが、
よくよく考えれば日本ではこのような仕事はまだなかなかないし、需要もあるし、何より楽しい
いい家族に恵まれたこともあり、今はこの仕事でどんどん前へ進もうとしているそうです。

私も、探してみたい!Shokoさんみたいになりたい!!大変、刺激を受けました。

 

ちなみに、「チャイルドマインダ-」「ベビーシッター」「ナニー」など
色々呼び方があるみたいです。詳しくはShokoさんの記事で!笑

 

■持っていったほうが良いものって?

さて、恒例の持っていったほうがいいもの質問タイムです。
(なお、ここでの内容は他の留学体験者にも聞いてまとめた持ち物リストの記事にもまとめています!)

そもそもShokoさんは、「全然日本に帰ってないけど困ったことはない」とのこと。
例えば服はPennysで安く帰るし、TESCOというスーパーで安く自炊の物を仕入れられるし…
現地調達で普通に生活できるとのこと。その中でも、これは!というのを教えてもらいました。

・スリッパ
アイルランドの家庭では、家の中で靴を脱いでる人も多いそうです。可愛いのを買っていこうかな。

・ウィンドブレーカー・コートは日本で買おう
アイルランドでも売っているけれど、高いイメージがあるそうです。「日本のほうがいい気がする」とのこと。

・ティッシュ
元々ティッシュが大好きなShokoさん。
「こっちのティッシュ、薄いやつ2枚とかではなく分厚いんですよ」ということで、鼻をかむときとかが痛い、と。
今はトイレットペーパーを使っているそうです。

・チェキ
Shokoさんは、すぐに印刷出来て渡すことができる形に残る思い出として、チェキを渡すことが好きだそう。
語学学校の教室で一緒だった人たちと2枚撮って、1枚を相手に上げたりするそうです。

・トランクは2個がいいですよ!
トランク1つだけで行こうとしていた私。結構冬服とかかさばるし荷物も多いので、2つをおすすめされました
エティハド航空のチケットを取ったのですが、Shokoさんが「エティハド航空ならトランク2つまでOKですよ!」と教えてくれました。
ちゃんと調べてなかったのでこれで決意しました。2個持ってく。

・PC
私たちOne Projectメンバーは留学中にブログを書いて情報を発信します。
PCをもっていかなかったShokoさんは、大変だったから持っていったほうがいよ!と教えてくれました。
ちょっとOneの話をすると、私たちこのブログをWordpressで書くんですよね。スマホの画面だと結構やりづらいんです。笑
絶対PC忘れないように持っていきたいし、何より、壊さないように気をつけたいですね。

 

 

■”話すことや出会うことで、さらに視野が広がる”

2人で話していてお互いが気づいたのは

やはりまず何か踏み出さないと何もできないんだな、ということ。

そして、それは仕事探しや友達作りといった留学中のチャレンジだけでなく、

こうして違う情報を持っている人たち同士で話すこともそう。

 

私はShokoさんからアイルランドやオランダでのベビーシッターとしての仕事の機会について知ることができ、
Shokoさんは日本での私が使っているベビーシッターマッチングサービスはじめ、日本でのベビーシッター情報を渡しが伝えたので、
お互いに「保育」というテーマで沢山の情報を交換することができました。

 

特に私は、Shokoさんが「日本に帰国する前提ではなく、外国で済むことが前提」で物事を考えて行動されているので
世界で働く機会や、外国に住むことについて、ちょっと自分の中で疎遠に思っていたこと
本当にちょっとですけど、身近になっというか、想像しやすくなったというか、
私もできるか、考えてみようかなーと思えるきっかけになったので、本当に感謝です。

これからアイルランドに行って、現地で生活する日本人の方に話を聞き、
外国で住むことについて、話を聞いて刺激を受けていきたいなと思えた日でした☀

そして、もちろん、アイルランドに行ったら、LCCか何かの手段を使ってオランダに行ってShokoさんに会いたいです!

沢山写真も提供下さって…ありがとうございました!

 

■Shokoさんのブログ

最後に、ShokoさんのOneブログのリンクを紹介します!
写真も素敵だし、記事もわかりやすく簡単に読めるものがおおいので、おすすめです!

自己紹介 https://www.enginnier.com/one-project/one-project-4/one-project-4ireland-one-shoko/

ブログ https://ryugaku-gear.com/author/shoko

 

 

 

以上、今回のインタビューでした^^

 

他のアイルランド留学経験者とのインタビューはこちらの一覧からご覧ください!