【Kana’s Action】留学の準備を始めよう:アイルランドのワーキングホリデーがしたい!ワーキングホリデーセミナーに行ってきた

 

12代目アイルランドOneやまかなです。
2020年1~3月、3か月間アイルランドで留学をします。
登場ブログは【こちら】、今までのブログ記事は【こちら】をご覧ください!

 

アイルランド留学経験者の皆さんにインタビューをしていて、
Kahoさんのワーホリ体験談を聞いて、私もワーホリしたい!と
ワーキングホリデーのビザをとることを決めた私。

インタビュー後調べてみると、年に2回募集をしているアイルランドのワーキングホリデーの後期の募集が始まる直前でした!
なので、急いで概要を知るべく、日本ワーキングホリデー協会が開催するワーキングホリデー初心者向けセミナーに申し込み。
そこで学んだことを、シェアします!

 

■ワーキングホリデー協会のオフィスへGO!

場所は新宿西口からすぐ。昔よく通っていた予備校の通学路の途中にあったので迷わず到着しました。

入り口どーん。入り口前のテレビスクリーンで到着手続きしました。

会場に入ってみると見覚えのあるポスターが。私の職場で作っているやつでした。笑

 

会場の参加者は男性が多いのが印象的でした。
25,6人の参加者で、11,12人ほどが男子でした。
「留学」となると女子が多いイメージだったので、意外でした。

そして、ワーホリは30歳までの国がほとんどなので、やはりセミナーの参加者も若い。

 

いざ、開始時間まで、椅子に置いてある資料を眺めます。

 

■アイルランドのワーホリセミナーあるやん!!!!

今回は英語圏のワーホリの初心者向けセミナーということでしたが、なんと資料をみてみたら
アイルランド大使館の方が来られる、アイルランド限定のワーホリセミナーが翌週に開催されるということで。

…ぅおおおおおい。笑

セミナー開始までの間にこちらも申し込み。また別日にこちらもブログで感想まとめますね。

ということで、今回は概要を理解するセミナーとして気軽に参加しよう、と気持ちを整えました。笑

 

■めちゃくちゃ資料が充実している!

いざ、座席に置いてあった資料を開くと…

 

めっちゃくちゃ充実している…!!!!

ワーキングホリデー情報に限らず、
1年前からやるべきことのチェックリストや、流れ、お金についてのページやプランの立て方など、
この冊子だけでも非常に計画が具体化されるありがたいものになっていました。

これで、一気にワーキングホリデーの具体性が高まりました。
Webサイトでもいろいろと記事やまとめサイトはありますが、
このガイドブックは概要がざっくり見やすくまとまっていて、初心者向けには非常によくまとまっているものだなと感動しました…!
私もワーキングホリデーについて、ネットで調べてから向かったので、ある程度知っているつもりでいたけれど、
こう整理されたかたちでみると、自分の中で混乱していた情報が整理されていった気がして、感動。←

 

■ワーキングホリデーセミナーの内容。

いざ、セミナースタート。アイスブレイクからでした。
お互いの自己紹介をしてから、講師の自己紹介があり、
配布された上のガイドブックとプロジェクターで写されたスライドでの説明が始まりました。

 

私が初めて知った情報を羅列するとこんなかんじです。:

日本人がワーホリに行く人数は2万人。隣の韓国は日本の人口の半分なのにワーホリに行く人は10万人!
(留学の数も韓国のほうが倍だから、ワーホリも倍なんですね…グローバル化進むなあ、韓国。)

・ワーキングホリデー協会さんが、2015年にアイルランドのワーホリ年齢の上限を25歳から30歳に引き上げてくれたそう!
(ありがとう!!!)

・ワーキングホリデー協会さんは、留学会社がつぶれてもお金を守れるような信託をしているらしい。
(業界初らしい)

・もともとワーキングホリデーの定義は、「ホリデー」とあるように「休暇」
休暇に付随しているもので、仕事ができるVISAという捉え方。
なので、日本にいる間に仕事を決めてはいけない(内定を得るのはルール違反)だし、
現地に入ってから地道にお店を渡り歩いたり語学学校で紹介してもらってお仕事を得なければならないということ。
(つまり、すっごい主体制とサバイバル能力がいるから、成長しそうだし、だから安全志向な日本人にはハードルも高そう…笑)

30歳という線引きについて。
31歳になるまでに申請書を出していれば、31歳になったり、32歳になってからでも、ワーホリに行ける国もあるし、
フランスみたいに、29歳までに申請をしないといけない、と急にルールを変えてくる国もあるので気を付ける。

ワーキングホリデーVISAだけでなく、他にもいろいろなビザの紹介をしてくれるワーホリ協会さん
(観光ビザもあるし、少し働くのは大丈夫な学生ビザもあるし、
学生ビザとワーホリビザを合体させて期間を自由自在に決めて行くみたいな手もあると話してくれました。
留学という選択肢もありだよ~というトーンで話していたのが印象的です)

・ワーキングホリデー協会さんは最近帰国後の就職支援を始めて、キャリアカウンセラーがいる

原宿にワーキングホリデー・コネクションというパンケーキの店がある
(情報交換やイベントなどに使える場所らしい!)

 

各国のワーホリの傾向もざっくり話してくださいました。
今回は英語圏なので、限られた国の紹介だけでしたが、
英語圏以外の国にも協定国ってこんなにたくさんあるんだなあと、パンフレットをめくりながら驚いていました。

アイルランドの説明は5分もなく、超さっくり!
ハロウィン発祥の地なんですよ~と紹介してくれた一言のみ印象に残っておりました。笑

 

■ワーキングホリデーをする場合、追加で発生する費用。

今回のセミナーでの一番の収穫は、
ワーホリをする場合、私がもともとやろうと思っていた語学留学にプラスでいくら発生するのかということ。

アイルランドの場合は、
1)ワーホリビザ申請料 7900円
2)GNIB(外国人登録)€300(約32,300円)
でした。

ただし、GNIBは3か月以上の滞在をする場合のみ発生し、入国1か月以内のネット経由での申請が必要です。
なので、留学前に必要な費用ではなく、留学開始後に必要なコストです。
留学前に必要なコストはワーホリビザ申請料7900円+α。書類で作成するので、郵送料とかがかかるみたいで。

また、追加で発生するものではないのですが、支払いが前倒しになったものがあります。海外保険です。
申請にあたり海外保険に加入している証明が必要だそうなので
留学はまだ半年後ですが、もう海外保険を探し始めて加入の準備を始めないといけないんだな、と焦りました。
今から準備を始めていきます。ひー。

こうして、予算がはっきりして、締切とか時期がはっきりしてくると、具体的な次の行動も細かく決まってきて、
安心しつつ、焦り、不安になりますね。頑張るぞ

ちなみに、ワーキングホリデー協会では、そんな不安払しょくのために、
初心者セミナーの次はプランニングセミナーというものがあるらしいですよ。

 

 

以上です!

こうしてネットで調べまくって混乱している脳内を、整理させてくれるセミナーって貴重ですね…

次は、アイルランドのワーホリセミナーの参加もしますが、
申請書をさっそく書き始めようと思います。
あと、原宿のワーホリセミナー・コネクション、行ってみようかな!

 

今日はここまでです🌸