【Kana’s Action】アイルランド留学経験者インタビュー!:仕事を辞めて語学+ワーホリ留学! by Kahoさん

 

12代目アイルランドOneやまかなです。
2020年1~3月、3か月間アイルランドで留学をします。
登場ブログは【こちら】、今までのブログ記事は【こちら】をご覧ください!

 

この記事では「アイルランド留学経験者へのインタビューシリーズ」として、
アイルランドに留学していた・留学中の先輩たちへのインタビューを書いていきます!

インタビュー連載を始めた背景や、他の人たちのインタビュー記事一覧は
【こちら】をご覧ください♪

 

さて、今回のインタビューはアイルランドOneの先輩!Kahoさんです。
One?という方に関して簡単に説明すると、留学の前授業料を支援してくれるOne Projectというものです。
現時点では最大3か月、アメリカ・カナダ・イギリス・アイルランド・マルタ・オーストラリア・フィリピンのどれか好きな国に語学留学をしたい人に支援をしています。

アイルランド留学に特化したEngineerというエージェントさん主催の物なので、
大体毎回の代でアイルランドのOneは選出されています。
(年によっては、その国に留学したい人誰も選抜されず、その国のOneはなし、という代もあります)

Kahoさんは第8代でした。

 

朝にお仕事をされているそうで、支度をしながら、出勤をしながらの1時間ほど、お時間をいただきました><
バスの中でも電話ができるのは驚きましたが(笑)お忙しい中時間を作ってくださって、とてもありがたいです…

 

■Kahoさんアイルランド留学概要

タイプ: 語学留学+ワーホリ

留学先: SEDA College

留学期間:20か月(2019年7月インタビュー時は16か月目!)

申し込んだ語学学校が8か月のコースで、One Projectからの授業料支援は3か月までなので、あとの5か月は自己負担だそう。
学生VISAで留学されているので、授業料や生活費をアルバイトで稼ぎつつの生活。シェアハウスにお住まいとのことです。

ヨーロッパに留学をしたいと思って、たまたま見つけたOne Project
今回の留学にあたり、もともと働いていた看護師のお仕事を辞めたそうです!住みやすくて移住したいかも…!とのこと!

 

■今の生活は?

語学学校に行く前に、家のクリーニングのお仕事を短時間でされているそう。
つい最近、金土日の週末にパブで働き始めたそうです!

週末にはボランティアをしたり、ヨーロッパ周遊をしたり。
やはり、飛行機が安いので、アイルランド留学中は周遊はおすすめだそうです。

他の日本人の友達は、日本にいる友達と連携をしてツアーの仕事をしてる人がいるそうです。

 

■ダブリンの「小ささ」がいい!

他のインタビューをしている人たちも言っていましたが、
ダブリンは首都とは言えど、東京やNY、上海ほどごちゃごちゃしていなくて
その「ちょうどよさ」にリラックスできる人も多く、実際現地の人たちも優しい人がほとんど。

刺激を求めた留学をする人にとっては、逆にダブリンは「つまらない」となってしまうかもしれませんね。

 

気になる英語ですが、アイルランドの人たちはやはりちょっとなまりがあるようです。
アメリカ英語に慣れている私は最初「変だ!」と思うかもしれないとのこと笑
Kahoさんは、特に問題なく、すぐになれて、後述のようにワーホリで仕事で接客もできてしまっているので、さすがだと思いました。

 

また、ちょっと移民問題にも触れてくれました。
アイルランドは、日本人は少ないのですが、ブラジル人が最近増えてきているそうで、
ポルトガル語街中で聞こえてくるとのこと。
というのも、ポルトガルは現在経済状況が悪いそうで、
そこから逃げてきた人たちがそのまま住み、アイルランドで働き、EUビザ取得を目指しているんだとか。

あまり詳しくないのですが4月にHuman Flowという世界の難民問題についてのドキュメンタリー映画を渋谷で見たので、
ちょっと関心があるので、現地に行ったら、ブラジル人に実際に話を聞いて、
ヨーロッパの移民問題にも触れる機会をつくってみたいなと思いました。

 

日本だとまだあまり見られないですけれど、
そうして隣国やいろんな国の移民の人や国籍の人に出会える環境って
陸続きのヨーロッパだからこそなんだろうなあと思いました。

 

 

■持っていったほうが良いものって?

Kahoさんに聞いた持っていくべきものは以下3つ!

洗濯ネット
アイルランドの洗濯機は温度が高く、洗い方が強かったりするそう。
そのため、色落ち防止の意味でも、洗濯ネットは100均でもいいから買っていくほうがいいよと言われました。買います。

バックパック
これは小旅行用と、学校用だそうです。
ヨーロッパ周辺の週末の旅行の際に重宝したり、語学学校に行くときに愛用したとのことこれはとても役立ったと!

米4合とレンジで炊けるプラスチック炊飯器
お米が食べたくなるから、とお米と炊飯器を持参したそうです!でも、すぐに使い果たしてしまったそう…笑
私も日本食が大好きなので、小さいレンジで使える炊飯器は持っていこうかなと思いました。

(なお上記は、他の留学体験者にも聞いてまとめた持ち物リストの記事にもまとめています!)

 

お米の話に合わせて、アイルランドの日本食事情もきいてみました。
どうやら、寿司ブームなどで日本食レストランはありますが、中国人が運営していたりして味は微妙とのこと。笑
生魚を食べないアイルランドでは、スパーでもスモークサーモンくらいしか見なかったそう。
アジアンマーケットに行くと、お米は確保できるそうで、おにぎりを作ったりしていたそうな。

私は、お米はアジアンマーケットで現地で入手することにして、
おにぎり食べたいので🍙、のりやふりかけも併せて持っていこうかなと思いました…笑

 

あとは、私が留学する1~3月の時期は雨が多い時期のようなので、
防寒対策に加えて防水対策もしっかりしていこうと思いました。

 

■留学に向けた準備の話や、お金の話。

具体的にお金の相談もしちゃいました。
留学前に仕事を辞めたKahoさんが、留学までの間どのようにお金をためていたのか聞いてみると、
ちょっと看護師のバイトはしていたそう。

現地での生活として、アイルランドは外食は高く、スーパー日本より安いらしく、節約するなら自炊メインになるそう
なので、お金に関してはあれば不自由はないが、工夫は必要になると。

 

年金や所得税に気をつけたほうがいいよ、とアドバイスをいただきました。
海外に長期住む場合は「海外転出届」を出すと年金の支払いを止めることができるんだとか
詳細はまた調べて、ブログに上げてみようと思います。

また、所得税は前年度の支払いを今年度に支払う仕組みになっているので、
アイルランド留学中に前年度の請求が来て驚いたとのこと。
日本にいるお母さんに振り込み手続きなどをサポートいただいたそうです。
さらに、語学学校通っていて、学生だからお金がないのですと話したら、なんと1/4近く免除してもらったそうです。
その仕組みも、気になるので、また調べてみようと思いました。

 

■Kahoさんの3つの聞いて、ワーキングホリデーやりたくなった。

私は3か月のビザなので、観光ビザで行く気満々でした。

しかし、Kahoさんの話を聞いて、おそらく5分ぐらいで、「あ、ワーホリビザ取ろう。」と思うようになりました。笑

 

というのも、まず、1つめ。アイルランド、時給がいいんです。笑
Kahoさんによると、EUでも上のほうらしいとのこと。

具体的にいくらかというと、「9.8€=1,200円」。ちょとまた、今の私の仕事の時給やん。←
場所によっては10€とかを超える場所もあるんだとか。

 

そして、2つめ。語学学校での留学だとしても、時間は作れるよ、と話してくださったのが決め手でした。笑
Kahoさんは朝と週末に勤務をしているので、週8時間の朝仕事と週末に計20時間の仕事をしているということで、
週に合計28時間働いているということになりますね。そんなに働けるんだ、と私は驚きでした。

Kahoさんがどのように仕事を探しているかというと、以下2つの方法。
・パブは、紹介。Kahoさんの場合は日本人の友達の紹介だそう。
MixBという、アイルランドの生活情報サイト

基本仕事のとり方は紹介制だそうです。自分から募集すると信用がなかなか得られないということで、
「誰かからの紹介はないの?推薦は?」と聞かれてしまうそう。
ワーキングホリデーで沢山の短期のバイトの人が多いと、育成費にコストかけられないし、
即戦力と信頼関係がすぐ構築できる人かどうかみたいなところが見られるんだろうな…

 

さらに、最後の3つ目の理由は、働くことで得られる学び
働いてると「違う英語、丁寧な英語を学べる」とKahoさん。
語学学校に通っていると外国の方が多い一方で、ネイティブの方たちとは職場(パブ)で会えるとのこと。

一緒に働く仲間は、ブラジル人とかが多くなるかもしれないが、田舎とかに行けばその状況は違うかもとのこと。
なので、「ちょっとだけでも働くのおすすめです」とのこと。

 

ということでさっそくワーキングホリデー協会のWebサイトを調べたら
なんと年に2回募集をしているワーキングホリデービザ申請期間のうち後半の募集がまもなくで、
しかもそれが自分が留学を始める時期と被った時期でした

早速ワーキングホリデーセミナーにも申し込み。今後、セミナーの感想や、申請についてもブログにまとめていきますね。🔥

 

 

■One Projectの話

Oneの先輩として、色々悩み相談もしました。

まずは、ブログ記事の執筆について。
留学期間中に書けるか、正直不安ですと話したところ、

「忙しいのはプロジェクトメンバーもわかってる。」
と励ましてくださいました。あまり気負いせずに書いていこうと思いました。笑

 

そして、お話を聞いていて、他のOneの人たちと接する機会があることもわかりました。

京都に住んでいるカナダOneの方がいて、一度対面で日本で会われたそうです。
その方とは今も仲良しで、やり取りをしているんだとか。
また、今度イギリスに行かれるそうで、その際には同期のイギリスOneと会うとのこと!

日本で会ったり、海外で会ったりできるのは、同じOneの仲間同士だととても盛り上がりそうだなと思いました!

私も、12代同期のみんなと留学前に対面で会えたり、向こうで会えたりしたらいいなあ…

 

■Kahoさんのブログ

最後に、KahoさんのOneブログのリンクを紹介します!

自己紹介 https://www.enginnier.com/one-project/8th-one/8th-ireland/

ブログ https://ryugaku-gear.com/author/kaho

 

 

最後に、Kahoさんは、ご自身の経験で、アイルランドに対しての情報が少ないことが気になっていて、
大好きなダブリン・アイルランドについて情報発信をするために

Oneとは別にブログを書きたいと考えているそうです!

Kahoさんのアイルランドへの愛が伝わってきて、引き続き、応援したくなりました。
そして、ワーホリ頑張ろうと思いました…!!!

ありがとうございました!

 

おまけ

最後に気付きました、スクショしたらちゃんとこの画像も保管されてた。笑

 

以上、今回のインタビューでした^^

 

他のアイルランド留学経験者とのインタビューはこちらの一覧からご覧ください!