【LGBT留学】僕は10代目アメリカOne🇺🇸

こんにちは!10代目アメリカOneのきっちーです🕶🇺🇸

 

今日はOne projectの広報活動としての活動をシェアしたいと思います👏

僕が10代目アメリカOneとして選ばれてから早1年

One projectをもっと広めて留学をもっと身近なものになってほしい!

いろんなOneの人たちがそれぞれの活動をする中で

僕はいったいどんな活動ができるんだろうかと考え

この一年頑張ってまいりました!

長かったような短かったような…。笑

そして今回行ったのはこちら!👇

ストリートライブ👏

この写真落ち武者みたい笑

 

アメリカの中で最もゲイフレンドリーだと言われている街

サンフランシスコで演奏してきました!

一人だったので撮影も大変で、携帯やら荷物やら盗まれるんではないかとヒヤヒヤ。笑

それもそのはずサンフランシスコは治安があまりよくありません

クラスメイトにサンフランシスコへ旅行に行った友達がいたのですが

車に荷物を置いて駐車していたところ

数時間の間に窓ガラスを割られ

荷物を盗まれる事件に遭ってしまったと😭

写真を見せてもらったのですが見事に粉々。

サンフランシスコでは車内に荷物を絶対に置かないようにと言われました🙅‍♀️

 

とまぁひやひやしながら日本らしい曲(久石譲など)

を演奏したのですがジブリ系はやはり人気なようで何人か声をかけてくれました👏

うまく説明できたかは分からないけれど

同性婚ができるこの国で生きる人たちの意見を聞くためにやってきた

いまは留学中で留学を広めるために演奏してる

そんなことを伝えました👏

一番印象に残っているのがゲイカップルの二人

結婚しているらしく、僕の旦那だよ!と

紹介してくれました

一番困ったのは

「なんで日本はあんなにLGBTについてメディアに取り上げられてて理解があるのに

、結婚できないの?」

という質問でした。笑

「なんでかは分からない」そう答えるしかない自分が情けない。笑

もちろん肯定的な人ばかりではなく

僕が当事者だと知るとあからさまに嫌な顔をする人も

ここでわかったのが

同性婚できる=ほとんどの人が肯定的

ではないということ

むしろ日本と同じくらいの割合な気もした

(ちなみに途中怖い人に絡まれたから中断して逃げた)笑

 

あとは「自分たちを特別扱いしていない」こと

ただ「性別に関係なく結婚できるだけ」

うまく説明できないけれど

日本でも「私たち結婚したんです!法に認められた結婚をしてるの!」

みたいな主張をする人は多分いないよね。笑

そんな感じ

「法に認められた結婚をしてるの!」みたいな人はいなかった

みんな

「あぁ、僕結婚してるよ〜」みたいな

いわゆる”普通”だった

 

日本だとパートナーシップ条例だとまだ珍しいから

パートナーシップ利用してるんだー!って人も珍しいイメージ◯

いつかそれも「あ〜そうなんだね!」くらいのイメージになるといいなって思います👏

 

 

ちなみに場所によっては注意されるので

もしアメリカでストリートライブをやりたい人がいたら

気をつけてね。笑

 

 

ひろまれOne project!

今回の活動を通じて留学のさらなる可能性を改めて感じることができたと思います◯

第13回 One projectももうすでに始まっているので

少しでも挑戦してみたいと思ったらすぐ行動するべし!

 

アメリカに来てよかった

そう思うことはまだまだたくさん!残り1ヶ月

悔いのないように頑張りたいと思います🇺🇸

see you next time✈️

 

 

よかったらSNSもみてね!ロサンゼルスの日々を更新中!

Twitter @jmpyeah

instagram @lockmonkey8810

see ya!