気になるハワイ〜イオラニパレスで触れたハワイの歴史

Aloha〜🌺 Hatsueです🏝

 

 

帰るギリギリになって、やっとやっと行ってきたイオラニパレス。

行こう行こうと思ってたけど、先延ばしにしていたらこんな時期になってしまいました。。😓

 

 

 

イオラニパレスは、1882年にハワイ王朝7代目であるカラカウア王によって建設されました。アメリカに存在するただ一つの宮殿なのだそうです。

1893年、白人が起こしたクーデターによって8代目となるリリウオカラニ女王(カラカウア王の妹)の王位が剥奪され、この宮殿内に幽閉されていたという歴史もあります。

その後は、王国が崩壊するまでの11年間は政府の公邸として使用され、今はハワイの歴史を伝える博物館となっています。

 

 

曜日や時間帯によって、日本語のツアーがあったりオーディオツアーが用意されているので、見学に行く際には利用するのがおすすめです。

私も、オーディオツアーの予約をして館内を回りました。(一人一人にオーディオ機器が用意されて、ポイントポイントでボタンを押すとその部屋や物の説明が流れる仕組み。)

オーディオツアーは、一般的なツアーと違い自分のペースで回れるからいいなと思いました!

 

 

 

宮殿の中には、重厚な絨毯やカーテン、金の調度品で飾られた「王座の間」や、来客をもてなしたり、公式行事に使われた「正餐室」、小さな歓迎会や音楽会などで利用した「青の間」など、華やかな部屋を見ることができます。

 

また、今でこそ当たり前のように使っていますが、電気系統の設備や水洗トイレなど、当時の設備としては最先端の技術を取り入れた建物なのだと説明されて知りました。

 

 

進んでいくと、王様たちが使っていた寝室や、執務室なども見ることができます。

そしてこの階には、実際にリリウオカラニ女王が幽閉されていた部屋もありました。

 

 

1891年にカラカウア王が病死し、その妹・リリウオカラニが王位を継承しました。

ですが、この頃には政府の役人のほとんどは白人で構成されていました。

そのためリリウオカラニ女王は、王権を回復するための新憲法の発布を計画していましたが、1893年1月、これを阻止しようと白人たちがクーデターを起こしたのです。

このクーデターが王国崩壊の引き金となり、白人勢力は新政府を設立することになります。

 

彼女は、ここに約8ヶ月間幽閉されていました。

 

また、イオラニパレスの中にある家具や調度品などが処分されてしまいました。

現在少しずつ買い戻されてこの宮殿に保管されているようですが、戻ってきたのは全体の4割程度なのだそうです。

 

 

 

華やかな部分とは一変、暗く悲しい歴史にも触れて、とても考えさせられた時間でした。

 

 

綺麗なビーチやショッピング、ハワイの魅力はたくさんありますが、歴史に触れることでまた違った魅力のあるハワイを感じることができました。

 

 

 

 

Mahalo〜🙌

 

 

 

 

他のブログも、ぜひ覗いてみてくださいね✨👀

綺麗だったな〜「気になるハワイ〜Sinnyo Lantern Floating Hawaii〜亡くなった方に想いを馳せて」

言語を勉強するなら話せる環境に行くこと!「【社会人留学】ICCを卒業しました!」

ポイ食べたい「気になるハワイ〜伝統のハワイアン料理〜」

 

 

その他、ちょこちょこ更新中 😛  😛

ストーリーやっと使い始めました、インスタグラム⇒ https://www.instagram.com/hatsueshibata/

最近、写真も入れてつぶやいているTwitter⇒ https://twitter.com/hachi07210721