Sakura🌸日本語教師への長~い道【現在・未来編】

 

こんにちは~Sakuraです♪

 

今回は前回に引き続き、「日本語教師への長~い道」

「現在」の仕事&「未来」の大学院とその先の夢について書いていきます!

まだ前回の記事を読んでない方は、こちらから先にお読みください☟

日本語教師への長~い道【過去編】

 

私は、現在沖縄で日本語教師をしています。

大学で日本語教師養成課程を修了したので、日本語学校などでは働けます。

 

…ですが、私は大学で留学生に日本語を教えたいとずっと思っていました。

大学で日本語を教えている先生方、大学で学んでいた留学生の友達たち、またインターン先でも教えた経験は大学生のクラスです。

なので、自然と大学で教えたいと考えるようになりました。

 

大学で教える・・・・ということは

そう!

修士号以上が必要です!

大学院に進まないといけないというわけです!

 

日本の大学院進学、という選択ももちろんありますが、

私はあえて海外の大学院を選びました。

 

それには3つの理由があります。

 

①海外での経験が日本語教師としての深みを増す

 

国、年齢、職業、バックグランドが全く異なる様々な学習者と、そして彼らの文化と関わるこの仕事には、柔軟性や忍耐力、また異文化間コミュニケーション能力や豊かな国際的感覚が必要不可欠です。

ただ授業を提供するだけでなく、学習者自身を理解し尊重すること、日本語非母語話者の立場に立って考え、彼らの学びに寄り添うことが大変重要です。

そのためには、教師自身も異国の地で深く異文化・異言語と関わる経験をもつことが必要であると感じ、海外の大学院を決意しました。

将来は、日本で日本語を学ぶ外国人の不安な気持ちや苦労なども理解し、精神面でもサポートしていける教師になりたい!

そして、外から日本を見ることで見えてくる日本の魅力や特徴の再確認、世界中の諸問題に関心を持ち幅広い知識を蓄えることで、教師としての深みを増す多くの経験ができると思います☺

 

 

 

②学びたい指導方法がアメリカの大学院にある

 

2つ目の動機は、現在アメリカの大学で日本語教師されているある先生との出会いです。

その先生が学生たちを引き連れ、夏休みの間日本でサマープログラムを行うということで、私も講師としてそのプログラムに参加しました。

そこで目にした、私のこれまでの指導とは全く異なった先生の授業😲

そしてその学生たちの日本語力の高さに衝撃を受けました😲

たった半年しか勉強していないという生徒でも、日常会話の日本語はほとんど出来る!

私と同じ教科書を使ってるはずなのに、教え方や豊富な知識と経験で、こんなにも学習者の伸びが違うのか!と驚愕しました。

効率的に学べる指導、また日本語がいかに論理的にできているのか多くのことを学び、その指導法が学べるというアメリカの大学院で一から学びたいと思い始めました。

 

 

 

③ティーチングアシスタント(TA)制度で授業料免除

 

3つ目は最も重要!お金💸!!!笑

みなさん、アメリカの大学・大学院の学費ってご存知ですか?

 

経済協力開発機構(OECD)が2017年に公表したレポートによると、

日本の大学の平均年間授業料は、私立で8428ドル(約92万円)、公立で5229ドル(約57万円)。

一方、アメリカは私立で2,1189ドル(約230万円)、公立は8202ドル(約89万円)、堂々の世界一高額な学費です。

↑ 私立大学の平均年間授業料

↑ 公立大学の平均年間授業料

 

修士課程は2年なので、もし私立大学に進んだ場合、2,1189ドル×2=

4,2378ドル(約460万円)!!!!

上の値段+入学料や教科書代したら…500万は超える。。。

日本の大学でも高っ!って思うのに、アメリカの大学… お、お、おそろしすぎる。。。

高級車買えちゃうよ!世界一周旅行行けちゃうよ!ってほどですね😢

OECDによると、アメリカの学生の少なくとも75%が公的なローン、奨学金、助成金で工面してるそうです。

 

当然、私にもそんなお金ありません。。

(しかも学費の他にも、住居費や食費、渡航費、保険代などの留学費用も必要…)

 

しか~し!

多くのアメリカの大学にはTAやRA制度があります👏

ティーチングアシスタント(TA)や リサーチアシスタント(RA)として大学で働けば、授業料が免除されるという制度です。

大学によっては、授業料だけでなく生活費まで支給してもらえたり、お給料も出たりします。

TAの内容は大学や学部によって異なりますが、私が目指してる大学院では、大学の日本語クラスのTAをします。

つまり、大学院で日本語学を勉強しながら、日本語クラスでTAとして働きます。

まさに、学び(Input) + 実践(Output)です!!!

 

経験も積めて、お金も支援してもらえるなんて…

日本語教師を目指す私にとっては、おいしすぎる話です♪

 

 

以上の3つの理由から、日本よりも外国!

そして、外国のなかでもアメリカの大学院を選択しました👍

 

大学院後は、沖縄で日本語教師という職業を通して、日本そして沖縄の魅力を世界中の人々に発信していきたいです。

多角的に物事を捉え、何事にも柔軟に対応できるグローバルな視野を持った日本語教師を目指し!

沖縄県民、定住外国人、日系人、米軍人、全ての人が共存していける未来を目指し!

国際的に活躍できる多くの日本人育成を目指し!

この大学院&海外生活の経験を活かして、仕事の他にも国際交流活動やボランティア活動などで、大好きな沖縄に貢献できる大人になりたいです♪

 

🌟夢はBIGに🌟

 

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・-・-・ー・ー・ー・-・-・-・-・-

SNSでも色んな情報発信していきますので、是非フォロミー!

留学や勉強などの相談、メッセージも気軽にどうぞ☺

Twitter

Instagram