Sakura🌸 IELTS私の勉強法&取得して挑戦したいこと!【パート2】

 

こんにちは、イギリスOneのSakuraです!

 

前回に引き続き、今回もIELTSの勉強法を紹介しますね☺

まだ前回の記事を読んでない方はこちらを先にお読みください☟

IELTS私の勉強法&取得して挑戦したいこと!【パート1】

IELTSの概要、勉強している理由、勉強する上で心掛けていることなど書いています。

 

 

で、今回は、みなさんお待ちかね(?)

リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各パートのオススメ自己学習法を全てご紹介しますっ!

※下の内容は私に合った方法です。必ず皆さんにも有効であるとは限りませんのでご注意を!

リスニング編👂

  • 1日1問題(4セクション40問)解く

私のやっていたリスニング問題の流れがこちら!

①何も見ず問題を解く→②答え合わせ&スクリプトで内容確認→③知らない単語・熟語はノートにメモ→④スクリプト見ながらもう1度聞き、声に出して読む→⑤1日で何度も聞いて復習。出来ればスクリプト見ずに。

☝時間がかかるけど、こうすることでReadingもSpeakingも練習にもなります。

 

  • 何度も聞き、最終的にスクリプトなし聞くだけで理解できるように

私の場合は、携帯のボイスレコーダーに本文の音声を録音して、いつでもすぐ聞けるようにしてました。

そうすると、お風呂、洗顔、移動中、ストレッチしながら等、すぐ聞けます。

BGMになるほど何度も聞くことで、難しい内容でも耳が慣れてくる!

そして、答えが出る前のナレーターのポーズ、強弱やアクセントなど、何となくコツまで掴めます!

 

  • スペルミスはノートにまとめておく

IELTSでは、解答のスペルミスまでチェックされるため、正しいスペルで答える必要があります。

なので、スペルミス用のノートを作り、よくミスする単語やパターンを把握しておきました。

試験日が近くなったらそのノートを見返し、よく間違える単語を覚える!

 

 

リーディング編📔

  • 時間内に全問題解けるように訓練

私の解く流れは、①まず質問のタイプ(穴埋め問題、選択問題とか)をざっと見る→②文全体をスキミングして内容把握→③問題を解く

私はいつも時間ギリギリなので、苦手な質問タイプには時間をかけず、得意なタイプに時間を割いて得点を稼ぐようにしてました。

※長文は全て読む必要はありません!

全て細かく読んでいたら時間全然足りないと思います。

問題に関係のある文やその前後の文だけを読み、答えを出せれば良いのです!

 

  • 質問文のキーワードで素早く探す

時間短縮のため、質問文にあるキーワード(固有名詞、人物名、年月など)を使って、問題となる文章を早く探し当てます。

例えば、What term can be used to depict that Jane Goodall found the chimpanzees in different regions used the different tools in 1973? という質問では、下線がキーワードとなり、それを長文から探し出します。

数字や大文字なので、わりと見つけやすいです。

 

  • 復習が重要

リスニング同様、リーディングも復習が重要です。

1度解いた後、その日のうちで何度も読んで復習し、知らなかった単語もここで覚える。

そして、忘れたとき(私の場合は3,4週間後)にまた同じ問題を解く。

私は1つの問題を3回は解くようにしてました。

 

 

ライティング編🖊スピーキング編👄

正直、ライティングとスピーキングは私もまだ模索中で、自信ありません…

リスニングとリーディングは答えがあって、自己採点ができ、自己学習ができますが。

ライティングとスピーキングは答えは1つではなく、試験官が採点しスコアを出します。

なので、対策塾やオンライン添削などでプロの講師から学んだ方が確実に伸びると思います。

ただ、サイトや参考書でも、出題傾向や頻出問題は出ているので、そこを自分で練習するのもスコアアップに繋がります。

私がやっていた自己学習法は、

  • ライティングは、毎回使うテンプレートや単語、接続詞を用意しておく
  • ライティングとスピーキングも、頻出問題をカテゴリーに分けて抑える(例えば、家族、教育、仕事などのカテゴリー)
  • スピーキングは、外国人の友達に頼んでスカイプ練習を行う

 

 

単語編🔤

  • リスニング・リーディングの教材のなかで単語暗記

私の場合、単語集を使って暗記するということはあまりせず、その日やったリスニングとリーディングの問題で出た知らない単語を毎日覚えるようにしていました。

その理由は、単語は文脈で覚えることが大事だからです!

単語集だと単語の意味や短い例文しか載っていません。

それだと具体的な使い方やニュアンスが理解できず、ただ意味を暗記するだけになってしまいます。

上で言ったように、リスニング・リーディングの復習を何度も重ねることで単語も覚え一石二鳥になります。

さらに、文脈のなかで使い方やニュアンスまで理解できたら、実際にライティングやスピーキングでも活かせると思います。

※ただし、専門用語や難しすぎる単語は飛ばす。覚えないでいい。

 

  • 寝る前と起きた直後に単語

寝る前30分間が暗記力が上がって良いそうで、私は毎日寝る前に単語を見直し、そして特に苦手な10単語を選んでそれを呪文のように何度も唱え覚えます。笑

そして、起きた直後には昨日覚えた10単語を完璧に言えるようにします。

たかが10個ですが、それを毎日積み重ねると物凄い量を暗記できますよ!

 

  • 工夫してどうにか暗記する

どうしても覚えきれない単語は工夫!

イラストを描いて覚える。

語呂合わせで覚える。

トイレに行く度にその単語の呪文を唱える。笑

携帯のメモに書いて覚える。

時には、超苦手単語をまとめて携帯の待ち受け画面に設定して覚える。笑

 

 

では、最後に

無料でできる練習サイトを紹介!

Road to IELTS: http://www.roadtoielts.com/

IELTS Online Test (iot): https://ieltsonlinetests.com/ielts-exam-library

IELTS-Exam.net: https://www.ielts-exam.net/practice_tests/

ielts-simon.com: https://ielts-simon.com/ielts-help-and-english-pr/

4番目のサイトは模擬試験はありませんが、元試験官の方が為になるポイントを紹介してくれているのでとても役に立ちます!

※上のサイトは全て英語のサイトなので、日本語訳や解説はありません。

日本語できちんと理解したいという方は、参考書を購入し進めるのがいいと思います。

 

 

 

 

以上が、私が2年半もかけて、自分で学習方法をもがき、どうにか編み出したオススメ法です!

きっと塾に通えばもっと早く6.5取得できただろうけど、自分で努力したのはそれはそれで自分の為になって良かったと思います♪

 

Overallの目標点は取れたのですが、まだライティング力が弱くスコアも伸び悩んでいるので、今回プロの講師から学ぶ!と決めました。

どうせ塾に通うなら、いっそ海外で、しかもIELTS発祥の地イギリスで学びたい!と思い、今回One Projectに挑戦しました。

すると、まさかの受かって!笑

 

だから、この貴重なチャンスを絶対ものにしてスコア伸ばします!

新たな目標点数はより高く!

Overall 7.0!

そして、ライティング6.5!

がんばるぞぉ~✊

 

 

☝記念に撮った、2年半の努力の証です。

私の人生でここまで英語に向き合ったことはありません。

辛い時もありましたが、コツコツやることで自信に繋がります!

 

自分に合う勉強法は人それぞれだと思うので、みなさんも自分の勉強法を探してみてください~

夢に向かって頑張りましょ~✊

 

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・-・-・-・ー・ー・ー

SNSでも色んな情報発信していきますので、是非フォロミー!

留学や勉強などの相談、メッセージも気軽にどうぞ♪

Twitter

Instagram