【LGBT留学】アメリカと日本の授業の違い

こんにちは!10代目アメリカOneのきっちーです🕶🇺🇸

アメリカは現在寒くなったり暑くなったりの繰り返しで

朝は16度とかなのにお昼になると34度とか

寒暖差がありすぎて体調を崩しました。笑

ロサンゼルスは日が落ちるのが遅く20時くらいにならないと暗くなりません

19時でも夕方より少し明るいくらい!

しかも一番暑いのは15時から16時!

日本だと2時くらいが暑さのピークですよね💡

 

ロサンゼルスと日本の違いに驚きの連続ですが

今日は授業についてご紹介します👏

 

僕の学校の始業は10時から

コースによっては8時くらいからスタートします🙆‍♀️

 

各授業は1時間で僕の場合は10時から17時30分までみっちりと授業があります💡

1時間目が終わったらお昼休憩。各自お店に食べにいったり

お弁当だったり学食だったり

スケジュール的には日本とさほど変わりはないのですが

授業のやりかたがちょっと違います◯

まず

飲食自由

最近は日本でも普通になってきた授業中の飲み物

僕が高校生くらいまでの時は授業中の飲食は一切禁止

飲まなくとも机の上に置くことも禁止でした!

それが普通だと思っていたので授業中に

お店で買ったジュースやお菓子

基本食べても怒られません。(先生による)

 

僕は気になっちゃうから授業中は食べないけど。笑

ここの学校に来て一番最初の指示が

水をとにかく飲みなさい

でした。

学生が守るべき規則としても言われました

とにかく乾燥している地域なので

特に日本や中国への学生には指示していると言っていました。

頭が痛くなったりするからね💡

 

なので授業中はむしろ飲み物を飲む方が正しいのです💡

 

もちろん服装髪型に制限はありません◯

ある授業で日本の学校について発言することがあったのですが

アメリカの学校と違い日本の学校には制服を着る校則がある

と話したところ先生からは「なんでそんなことする必要があるの?」と言われました。笑

たしかになんでだろう。笑

それが普通だったのでなんの疑問も特になかったのです。

最近では公立の高校でも服装自由なところも増えてきましたね◯

髪型はいまだに黒髪が良いとされていて

その話をした時も

なんで?

って顔された。笑

勉強に服装も髪も関係ない

それがアメリカの学業に対する姿勢みたいです👏

むりやりアメリカの文化を日本に取り入れる必要があるとは思ってませんが

生まれつき茶髪の学生が黒髪に染めなおさなくてはいけない校則は

すこし変える必要があるんじゃないかと思えました◯

 

そして何より違うと感じたポイントが

授業中はうるさい

うるさいと少しネガティブな感じで書いてしまいましたが

私語が多いわけではなく

授業中は発言の嵐

ということです👏

もちろん先生が喋っている時はごちゃごちゃ言いませんが

先生とはもちろんクラスメイト同士が討論をしたり

答えを一緒に考えたりする機会が

日本とは比べ物にならないくらい多いです

もちろん語学学校だからというのもあるのですが

アメリカの学校では同じくらい発言するのが普通なのだそうです👏

だから海外の人はYesかNoかはっきりしているんですかね💡

日本はどちらかと言うと先生の話をしっかりきいて勉強するスタイルですよね!

それはそれで集中できるというメリットもあるわけです👏

 

はじめのうちは日本と全く違う授業のスタイルについていけず

苦労しましたが最近はもう慣れました👏

これで英語ももっと慣れるといいんだけど…。笑

 

そんなことを考えながら書いていたら目の前にリスが。笑

前話した通りリスと共存する学校。それがFLS。

 

よかったらSNSもみてね!ロサンゼルスの日々を気まぐれに更新してます👏

Twitter @jmpyeah

instagram @lockmonkey8810

see ya!