【台湾】恐怖!台湾の梅雨に大量発生する”あいつら”【3か国留学】

こんにちはNao(@yokie870_yuki)です。

 

日本でも梅雨入りした地域があると聞きました。

台湾にも梅雨があります。

 

台湾の梅雨は5月中旬~6月で、現在はまさに梅雨まっさかり。

 

台湾の梅雨は「天候」以外にも私たちを憂鬱にさせるものがあります。

 

それは白蟻(シロアリ)

 

現在台湾では大量発生中の白蟻被害にプチパニック。

初めてそれを目の当たりにした私は大パニック。

梅雨の風物詩らしいですがその被害はニュースになっているほどです。

 

そうです。タイトルの“あいつら”って、白蟻のことです。

 

今回の記事は白蟻について書くので、虫苦手な人はブラウザバックをお勧めします!

私も虫得意じゃないのでイラストや画像は載せません!

 

 

 

日本にも白蟻っていますよね。

見たことはないですが、「木造の建物に住み着いて家を壊す害虫」ってイメージがあります。

色は白くて、集団で、小さい。

 

 

台湾の白蟻はこうです。

 

大きい・飛ぶ・大量にいる

 

 

初めて見たときは蛾だと思いました。

でも台湾人の先生に蛾じゃなくて白蟻だと教えてもらいました。

 

蛾だと見間違えるくらい大きいんです。

そして羽もなんかベージュっぽい。

 

 

暗くなってから電灯を見上げるとそこに大量の白蟻が群がるおぞましい光景をご覧になれます。

気になった人は「台湾 白蟻」で検索!

 

他の昆虫にも言えることかもしれませんが、白蟻は光が大好き。

 

 

で、何が問題かというと、台湾の夜は明るいということです。

 

道路にある街灯に群がってるだけならそこを避ければどうにかなるかもしれません。

 

でも、大学から家までの道はまるまる夜市になっているわけで

夜だろうがそこかしこで電灯がギラギラ光ってるわけで

道全体が普通に明るいんです。

一か所だけじゃなく、そこらじゅうで大量の白蟻が群れを作ってます。

しかもちょうど頭の高さと同じくらい。

昨日の夜はコウモリたちまでもがゴリゴリに飛びまわっていたので地獄でした。

 

畜生道ってああいうのを言うんですかね。

 

台湾は日本より暖かい分虫も多いので

少しは慣れたつもりでいましたが全然無理です。

 

通学路を全力ダッシュしました。

 

 

ようやくマンションに着いてホッと一安心。

したかったんですけど、無理でした。

 

私の住むマンションは一階にエントランスがあって

そのエントランスはガラス張りなんですよ。

だから外からも光が見えるわけです。

 

ドアを開けると、エントランスで無数の白蟻が飛び交っていました。

10や20なんてもんじゃないです。

百単位の白蟻です。

 

普段虫に対して悲鳴を上げたり逃げまわったりするタイプじゃない私でも

さすがにその時は「ワ“ア”ア“ア”ア“ア”ア“ア”ア“ア”!!!!」と叫んでしまいました。

 

 

私の部屋は6階にあるのでさすがにそこまでは来なかったですが

1階に住んでいたらと思うと…ゾッとします。

 

 

白蟻は夜に活動します。

雨の夜だけって聞いてたんですけど上の話は晴れの日の出来事なのであんまりあてになりませんね。

 

 

昼間の灼熱地獄と夜間の白蟻地獄

どっちか選べと言われたら灼熱地獄に飛びつきます。

 

 

明るいうちに授業が終わる日は白蟻が出る前に帰ればいい話ですけど

そういうわけにもいかない日もあるのでとっても憂鬱です…

 

暗くなってから外に出るのもうイヤだな~…

 

台湾のこと、中国語のこと、交換留学のこと…

聞きたいことあればこちらからどうぞ!!

ブログの更新状況もこちらから。

Twitter

Instagram

 

 

 

どれだけわがままを言っても、行きたい学校を見つけてくれます。

学校探しだけじゃなくて夢について語ったり、人生相談したり。

留学について一歩踏み出したいからはこちらから!

とっても優しいスタッフさんがたくさん話を聞いてくださいます!(^^)!

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考