スコットランド留学、エジンバラ留学へ行きたい理由3つ(1)

2018年の春に初めて訪れて、すっかり好きになった
スコットランドという土地。
今回は、スコットランド留学、エジンバラ留学で
またそこへ行きたい理由3つを紹介します。


1. スコットランドの変化に富む地形と身近な自然
2. エジンバラの美術館・博物館・建築
3. フレンドリーな人柄


1. スコットランドの変化に富む地形と身近な自然

Skye島にて

スコットランドにいる間中、たとえ街の中でも
自然がすぐそばにあってとても居心地がよかったのです。
海岸線から丘陵地帯、島々、そして市街地へと
スコットランドの地形は変化に富んでいます。
エジンバラはスコットランドの首都であり、
グラスゴーの次に大きな都市ですが、
街中心部と自然の距離がとても近いのです。
次にあげるのが、「また来るぞ」と思ったスポットです。
スコットランドに来たらぜひ見て欲しいポイントです!

 

・アーサー王の玉座
首都エジンバラを象徴する景色でもあり、ここからの眺めは最高です。
ふもとから一番近いルートで30分くらいで頂上に行けます。
ただ、岩場や急な斜面が多いので歩きやすい靴は必須です。

 

 

 

・スカイ島
スポットごとに全く表情が違う!
これが同じ島の中にあるなんて、とその壮大さに圧倒されました。
スカイ島はスコットランドの西側にあり、多様な過ごし方が選べます。
起伏の多い地形をダイナミックに楽しむトレッキング中心に回ったり、
(ガチの登山好きの人たちとも多く会いました)
妖精伝説の残るスポットを巡ったり、
海鮮料理とお酒でグルメを楽しんだり。
エジンバラなどからツアーも出ています。
電車などで近くまで行き、バスやフェリーで渡れますが、
おすすめは、島を自在に回れるレンタカーです。

妖精が住むとされる場所
海岸沿いの低い丘は牧羊地になっている

 

 


・市街地の緑

住居の建物が立ち並ぶところでも、敷地に小さな庭や
共有の庭があり木々が生い茂っています。
交通量の多い場所はもちろんありますが、
少し歩けば必ず目に緑が入って来ます。

歩道に面する敷地には、必ずと言っていいほど
緑や花の鉢が置かれていました。

大きな駅にほど近い場所。歩いて目が止まりました。こんな家に住みたい。

自然の多い場所で育ったからか、街の中に
木々が多いだけでかなり落ち着きます…。
初めて行ったのに落ち着いて過ごせたというのが
あまりにも心に残っていて、必ずまた来ようと
旅の途中で決めたのが理由の一つです。

次に続きます。

 

 

こまつきょうこは、海外へ行きたい人を応援します!
こまつきょうこ自己紹介ページ


こちらでも日常のこと、旅のこと、イラストなど公開しています。

よかったらぜひフォローしてくださいね。
instagram
note
twitter

 

留学やOne projectが気になったみなさま、
まずは Enginnier Limited の留学カウンセラーの方に相談してみましょう!
どんな小さな夢だと思うことでも、しっかり向き合って聞いてくださる方々です。
相談先は以下のフォームから:

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考