【ど素人英語留学】語学学校だけで終わらせたらもったいない!能動的に動くが鍵!!学校の外にコミュニティを作ろう!

みなさん、こんにちは😃

Sakanaです🐟

最近スーパーでラテン系の食材が見つけられず、寂しくなっているSakanaであります。

向こうでは日本食が恋しかったのに、今じゃメキシカン料理などのラテン系の料理が恋しい、、、無い物ねだりです😂

 

さて、今回は語学学校だけではもったいない!ということで、

学校の外でのコミュニティの作り方について。

私が実践していたことを紹介します。

~まとめ~

MeetUp のアクティビティ、イベントに行ってみる!

Facebook などにあるイベントに行ってみる!

友達にお家に招かれたら行ってみる!

一期一会の出会いでもとにかく話してみる!

なんでこれを書こうと思ったかと言うと、語学学校に通っていると、自分から外に出ていかないと学校の友達しかできないんです。

それが悪いという訳ではありません。

かけがえのない国境を越えた絆ができます。

しかし、生活や学校、英語に段々慣れてきた時、

「あれ、ホストファミリーと学校以外に繋がりがない….」

と、気がつきます。

せっかく来た先に友達が出来ないのは、寂しいですよね!

そして、もっと落とし穴だなと思ったのが、

自分のコミュニティの中の人の英語しか聞き取れない、理解できない

状態になり得るということです。。。

学校のクラスがレベル分けがされているということは、大体同じレベルの英語を使う人一緒に居ることが多くなります。

一緒に居れば居るほど、その人のトーンや訛りの癖、使う文法のパターンなどから何が言いたいのかが分かるようになってきたりします。

私の場合、そもそもの私のレベルが低すぎて、周りがどんどん話すのについて行くためにチカラがどんどん伸びていったところはありました。

しかしそれでも、馴れすぎていると感じるほどでした。

それでもお店などでは困りませんが、何かのタイミングで誰かと話すことになったとき、同じ英語のはずなのに全く聞き取れませんでした。

そして、自分の成長の限界と危機感を感じ、外に自分のコミュニティを作ることにしました。

 

そこで、私がやったのがこちら👇

 

1,MeetUpのアクティビティやFacebookで見つけたイベントに行ってみる

 

Meetupは、サイトやアプリで各地で開かれてるイベントやアクティビティを見ることができ、参加できるものです。

初めて参加したのは、トロントに旅行中のことでした。

そこで友人ができ、今でも連絡を取り合っています。

その経験があったので、ニューヨークでも参加することに決めました。

私が行ったのは、

•英語が第二言語の人達向けのイングリッシュカンバセーションのアクティビティ($5)

•言語学習向けのイベント(多言語)($1+drink)

•日本語と英語の言語交換のアクティビティ($3)

です。

とにかく英語を話す機会、練習する機会を作ろうとほぼ言語系のばかりいっていました。

Facebookのイベントでは、日本人学生会主催のパーティーに参加してきました。

 

この中で私は、

アメリカ人

中国系アメリカ人

中国人

台湾人

韓国系アメリカ人

韓国人

タイ人

フィリピン人

フランス人

ロシア人

ギリシャ人

コロンビア人

エクアドル人

サウジアラビア人

韓国系カザフスタン人

日本人

などに出会いました。

始めは怖くて仕方なかったですが、いろんな場所からいろんな英語のレベルで人が集まって来ているので、段々と話すことに抵抗感が少なくなっていきました。

その中で、話しているうちに仲良くなった人達と友達になり、今でも連絡を取り続けている人もいます!

 

この様なイベントにいくメリットは、英語が話せる、友達が出来ることだけではありません。

 

こういう場所こそ、色んな人の生き方や背景が知れる絶好のチャンスで、特に私生活へ突っ込んで話していかなくても、自己紹介の時点で

中国系アメリカ人だという人がいれば、

両親が中国人で、両親かアメリカに移民してきて、自分はここで生まれ育ったんだよ

という話や、

いま旅行中だけど、現地に住んでいる人と話してみたくて参加した

という人の話、はたまた

日本からアメリカなら会社に出向してきてます

という様な話しを聞くことができ、人それぞれいろんな生き方などがあるということを知ることができます。

 

さすがニューヨークなだけあって、起業しに来た人や、仕事を探しに来た人、出稼ぎにきた人、経験を積みに来た人、色んな目的で来ている人が多く、話を聞くだけでも刺激になります。

 

仕事に対する考え方や、人生に対する考え方、自分の国に対する考え方や知識、色んな考え方を聞けるのは刺激になるだけでなく自分の人生に対する見方が変わります。

 

その中で気の合う友人ができたり、日本語が話せる外国人に出会ってランゲージエクスチェンジのパートナーになってもらえたりと交友関係も広がります!

 

私は、参加していたMeetUpのオーガナイザーと仲良くなり、そのイベントのカメラマンを少しの間させてもらっていたことがありました。

まさか、写真を撮る機会を与えてもらえると思ってもいなかったので、自分の行動力と素敵な出会いに感謝した出来事でした。

 


2,友達にお家に招かれたら行ってみる!

 

私は、コロンビア人のクラスメイトが滞在していた、彼女のいとこの家にサンクスギビングデーとクリスマス、そのクラスメイトが帰国する直前に招かれて行ってきました。

 

初めは、家に行くのは中々ドキドキでした。

というのも、英語でさえ精一杯なのに、スペイン語を話す家族の中に入るのはハードルが高く感じたからです。

でも、行ってみると素敵な出会いと、新たな発見がありました。

 

まず、家にお邪魔すると、その家の文化に直に触れることができます。

挨拶の仕方、ご飯、イベントの祝い方、ゲーム、音楽、ダンス、、、、とにかくすべてが新鮮です。

そして、お家にお邪魔している間に、彼女の親戚にたくさん出会ったのですが、本当に温かく向かい入れてくれて、文化を教えてくれたり、ゲームを教えてくれたりしました。

 

当時は今よりも英語ができなかったので、意思の疎通は簡単ではありませんでしたが、言葉以上に大切なことを学ばせてもらいました。

伝えようとすることの大切さです。

時に気持ちというのは言葉よりも有能です。

 

彼女のおばあちゃんがコロンビアから訪れている時があり、2度お会いする機会がありました。

彼女は全く英語を話せません。

私は全くスペイン語を話せません。

彼女は私にスペイン語で話しかけてきて、私は英語で話しかけていました。

友人が通訳をしてくれて普段のやり取りはしていました。

でも、言葉は全く分からなくても、彼女がいまどんな事を感じているのかを感じることはできました。

気持ちの温かさをひしひしと感じることができたのです。

思っていること、感じていることというのは時に言葉の壁を超えるのだと身をもって感じた瞬間でした。

そして、私が覚えたてのスペイン語で話しかけると本当に喜んでくれて、私も心から嬉しかったのを覚えています。

彼女とはいま、Facebookで繋がっていて、スペイン語でやりとりをしています。

まだ翻訳しないと分かりませんが、いつか自分で理解できるようになりたいのでスペイン語を勉強中です。

さらに、まだ会ったことがない友人のお母さんとも繋がりができて、同じくFacebookでコメントのやりとりをスペイン語でしたりしています。

 


3,一期一会の出会いでもとにかく話してみる

 

ふとした瞬間に出会いってあるもので、お店の店員さんだったり、公園にいるカップルだったり、飛行機で一緒に乗り合わせた人だったり。

そこから繋がりができることはなかなかあることではないかもしれないけれど、そこでの一期一会を大事にするととても楽しいひと時を過ごすことができます。

私は滞在中の最後の方は、店員さんに話しかけて、そこから話が広がっていくのが楽しくて仕方ありませんでした。

単純に自分の英語が伝わって会話になっていることももちろん、色んな出会いがあって本当に楽しかったです。

 

古着屋さんの店員さんと話していて、東京に進出している美味しいニューヨークのピザ屋さんを教えてもらったり、旅の途中で入ったお店で街のことを教えてもらったり、その人の趣味を教えてもらったり、筋トレ動画をYouTubeにアップしているスタバの店員さんに動画を見てねと宣伝されたり、その場所に関係のない話をするのは新鮮で、買い物をした記憶よりもいう事柄の方が色濃く記憶に残っています。

 

こういう時にとてもありがたかったのは、完璧じゃない私の英語をみんな聞こうとしてくれたこと。

必死に伝えようとしている時、それをないがしろにされたことは一度もありませんでした。

むしろ理解しようと、こういうこと?と言い換えてくれることも。

こういう経験は自分の英語学習のモチベーションにもなったし、もし自分が同じ立場になった時に、こういう風に受け入れられるようになりたいと思わせてくれました。

 

そして、こういう機会に私が自分のモチベーションをさらにアゲるためにしていたことがあります。

それは、英語を勉強をしているという話をした時に、

「アメリカに来た頃は挨拶くらいしかできなかったんだ。」

とわざと伝えること。

 

なぜかというと、100%

You’re doing well.

Your English is great.

It’s amazing.

などと言ってもらえるから(笑)

私なりのモチベーションの保つ方法でした(笑)

 

時々この話をする前にアメリカ生まれ?なんて聞かれたときにはうふふふふふと喜んだものです(笑)

 

出会った人たちの中には、連絡を取っている人もいます。

一期一会、されど一期一会。

とにかく話すことは、自分の世界を広げてくれること間違いなしです。

 


今回は、能動的に動くべしということで、私が実践していた3つの方法をご紹介しました。

もしも、あなたが趣味を持っていたり、特技を持っているのであれば、そういうコミュニティに飛び込んでみるのもおススメです。

私はそういうのがなかったけれど、英語をとにかく使える環境の中で、コミュニティを広げていくように心がけていました。

決して社交的では人間でなくても、これくらいはなんとか取り組めたので、きっとみなさんはもっともっと素敵な出会いができるはずです😊

 

英語以上のものを得られたのは、自分が行動し続けたからだと今でも自信を持って言えるので、もしも語学留学をするという人には、ぜひ積極的に外に出る機会を作ってもらいたいなと思います!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、

Have a nice day:)