【キャンピングカーで行くフロリダへの旅】旅の始まり~ニュージャージー州からメリーランド州~

みなさん、こんにちは😊

Sakanaです🐟

ただいま、キャンピングカーで旅をしています🚙

~旅をするに至るまで~

高校生の時にTOMODACHIプロジェクトでカリフォルニアへ短期留学。

その滞在中の一週末にお世話になったホストファミリーと親交を深め、手紙やメールのやり取りを続ける。

2度日本での再会を果たし、今回で3回目の再会。

アメリカでは初めての再会となった。

彼らはこれからヨーロッパへ引越しをするのだが、その前にアメリカをキャンピングカーで旅することを決め、今年の2月14日にカリフォルニアを出発。

キャンピングカー(RV)一台、普通車(PINO)一台の計二台で旅行中。

アメリカ国内にとどまらず、メキシコやカナダまで足を運んでいる。

そんな旅に私はニュージャージーから合流させてもらっている。

最終目的地はフロリダ。

~メンバー~

ホストファザー・・・(M)ドイツ人、ユーモアあふれる自然が大好きな優しいお兄さん、ドローンでの撮影に挑戦中

ホストマザー・・・(A)日本人、穏やかで気さくで話しやすいお姉さん、料理上手(パスタが特に絶品)

ホストチルドレン・・・6歳女の子(L)と3歳の男の子(J)。とても活発で喋るのが大好き。お姉ちゃんはお話が大好きで、弟君は消防車やトラックが大好き。

私・・・日本人、絶賛ニート、帰国後の仕事探し中、最近本の読み聞かせの難しさに驚いている。

※(〇)は、ブログ内に表記する名前の代替文字です。

~1日目(4/13 土曜日)~

【久しぶりの再会、初めての車中泊】

学校を卒業した翌日。

慌ただしく、選択と準備と掃除を済ませ、最後に会いたいといってくれた友人と学校のカフェテリアで一緒にランチをし、自分が家を離れる実感のないまま、ホストマザーが迎えに来てくれる時間に。

4か月お世話になったルームメイトに別れを告げて、ホストマザーの運転するPINOでサウスニュージャージーの友人宅で待っている他のホストファミリーのところへ。

その道中、日本語でホストマザーと話をしていたのですが、日本語が出てこない….

自分が使い慣れてきた感情表現は特に、これはなんて日本語で言ってたんだろうとなる始末(;’∀’)

英語を勉強していた身としては嬉しい変化ではあるけど、あまりにも不自然な表現が多すぎて笑ってしまいました。

 

そんなこんな話しているうちにあっという間に合流場所へ。

一年ぶりの再会で、子供たちにどんな反応をされるか少し不安でした。

そんな私の不安をよそに、大喜びで駆け寄ってくれたのはとっても嬉しかった!!!

が、それ以上に私は子供の成長の早さに驚愕させられました(;’∀’)

6歳のお姉ちゃんは、背が伸び、流ちょうに話すようになっていて、3歳の弟くんは一人でしっかりと歩いたり走ったり、そして話せるようになっていて、子供の成長の早さに感動させられました。

1年でこんなに変わるのかと本当に驚きでした。

ホストファザーは変わらないチャーミングであったかい笑顔で出迎えてくれました。

彼が、私が本当に英語を話せるようになりたいと思うようになったきっかけの人。

2回東京で再会していたけれど、全くと言って良いほどコミュニケーションが取れず、次に会う時には話せるようになると決めていました。

なので、英語であいさつして話して、、、感動しました!!!

まだまだスムーズにとはいかないけれど、翻訳アプリなんて使わずに、人を介したりせずに話せるって本当に感動ものでした。

 

ニュージャージーを出発し、途中で夕食にケバブを食べることに。

ウェルカムディナーをしてくれました!(^^)!

サムサやライスプレート、スープにチベットティー。

久々に家族の中で食べるご飯は特別でした。

 

持ってきた私の荷物を収納させてもらえることになり、スーツケースから衣類や洗面用具、生活必需品を空けていただいたスペースに収めていきました。

自分が必要だと思っている生活必需品の量がこれほど多いとは。

 

車上生活ではすべてが貴重。

電気も水もスペースも。

 

その貴重な環境に入れていただけたことだけで大感謝です。

 

子供たちが寝る前に本を読んであげることになり、小さい絵本を2冊読んであげました。

読み聞かせってこんなに難しかったのか….

この旅でスキルアップさせようと決めました。

 

そこからさらに南下し、高速道路の休憩所で一泊することに。

私にとっては初めてのキャンピングカーでの夜。

 

子供たちが寝た後に私たちも寝る準備をして、私は二人の子供たちと運転席の上にあるベッドで寝ることに。

想像以上に広くて快適なマットレスで、大人1人子供2人が寝るには十分な広さがありました。

 

そして一日目の夜は、しっかりと眠ることが出来ました。

 


高校生の時にお世話になったのが、6年前の夏。

それも2泊3日の短い滞在でした。

その時はLちゃんがホストマザーのお腹にいて、まさかその後にLちゃんとJくんに会えるなんて思っていなかったし、こうしてみんなの旅ができるとは思ってもいなかったので、本当に出会いに感謝しています。