【Kahoのヨーロッパからメキシコまで】 過激なアムステルダム

Hi Kahoです!

さてはじめの国はアムステルダムです~

タイトルが大変なことになってますがのちのちわかることとなります笑

アムステルダムはオランダの首都になります

 

 

もうすでにチューリップが咲いていて綺麗でした~

おうちの感じもめっちゃかわいい

 

 

なんでか家が全部傾いてる感じで建てられてます

 

なんでかな~といいながら観光してさっき調べたところ(遅い)単純に地盤が緩んで傾いてるおうちと意図的に前傾に建てられたものもあるみたいです!

なぜ前傾に建てているのかというと、地価が高いので、土地面積が狭いため少しでも上階の幅をとるためと、家具を家に搬入する際に外からつるして上にあげるかららしいです!

にしてもこっちが気持ち悪くなるくらい見た目傾いてるので住んでる人はどんな気分なのかなって感じです。

中も傾いてるのかな?

 

 

あとアムステルダムはレッドライトシークレットという通りが有名です!

はっきり写真には撮れないので昼間の通りだけ笑

風俗店がたくさん集まってる通りなのですが何がすごいって日本の風俗を大々的にしてる感じです笑

なぜならガラス張りの扉の奥できれいな女の人がほぼ下着か全裸姿で男の人を誘ってるからです笑

上の写真の左側にいくつか窓がありますよね

そこから普通に女の人がほぼ裸でこっちを見てる感じでなかなか衝撃的です。

珍しすぎて友達とずっとこの通りウロウロしてました笑

初めは見るのも恥ずかしかったです笑

 

でその後はもっと衝撃的なPeep showに行きました

友達がすごいから行ってみろ!っていうので行ってみたのですが、、、

すごかった。

日本では絶対体験できない。

女の子でも友達と一緒なら(全然一人でも!笑)とりあえず体験してみてください笑

Peepとは除くっていう意味なんですが文字通り覗き見ができます

なにってはっきり言いませんがレッドライトシークレットの流れで覗き見ができるといえばだいたい想像出来ますよね、、、

ちなみにちゃんとしたLIVEショーもあったのですがそれは全部観れるけど50ユーロだったのでやめました笑

全部見なくていいわ!って感じで笑

で、peep showはそれのお手軽バージョンで2ユーロを投入すればカーテンが数分空いてその間覗きができる制度です

一つの部屋の周りに小窓がついた小さい部屋がずらーっと囲んでる感じで、その部屋に入ってのぞき見ができます。

のぞき見できる部屋でそのショーが行われている部屋が囲まれているので、のぞき見している間反対側でのぞき見してる人の顔が見えるというカオスな環境です(笑)

基本的には1人しかのぞき見ができないように部屋の中は狭くなってるのですが、日本人の身体なら2人は入れるので全然2人でもいいと思います笑

多分聞いただけでは想像できないかもですが、興味があるかたは是非どうぞ

夜になるとかなり混むので笑、昼間に行くといいかもです🤣

こういう性関係のことをおおっぴらにしてるのがかなりすごいですよね

 

もしレッドライトシークレットの女の人たちがなんでこの仕事を始めることになったかが木になる方は同じ通りにミュージアムもあります笑

12ユーロとかだったかな?笑

アムステルダムに行ったらぜひどうぞ

次のページではアムステルダムで合法な大麻について少し書きます