【LGBT留学】携帯は大事 〜空港で1時間さまよった話〜

こんにちは!お久しぶりの投稿になります10代目アメリカOneのきっちーです😎🇺🇸

2日前のアメリカ時刻の5月19日 朝10時

ロサンゼルスに到着いたしました👏

10代目アメリカに選んでいただいてから約一年

ついに留学の日がやってきたのです🙆‍♀️

ただ時差ボケが辛い

しかも空港に学校のスタッフの人と待ち合わせの予定だったのですが

どこを探してもいない。笑

出発ゲートまで行っちゃうしどこがどこだかわからないし

昔来た時に見た空港のゲートさえも見当たらず不安でさっそく泣きそう。笑

あ!そうだ!もし何かあったら電話してってメールに書いてあったっけ。

 

え・・・?繋がらない??

なんかよくわからない英語音声がただただ流れる僕のiPhone

日本でいう

「電波の届かない場所にあるか電源が入っていないため〜」

みたいな音声が流れてた気がする(それさえも聞き取れない)

あそうだSIMカード入れてないんだった

いそいでSIMカードを挿入

急いで電話するもオール英語で案内(あたりまえだ)

スタッフ「パーキングに来てください!」

僕「パーキングがどこにあるかわかりません!」だっていっぱいあるんだもん。

スタッフ「今どこですか?」

僕「ターミナル4です!」

スタッフ「パーキングビルです!」

僕「わかりません!」

スタッフ「どこにいるの!」

はたしてどうなった僕の初日

 

Next page👉👉