RBT取得奮闘記⑦〜実習に悪戦苦闘。。

Aloha〜🏝 Hatsueです🤗

 

「RBT所得奮闘記⑥〜セッション実習スタート!」

を経て、実習がスタートしました!

 

 

BCBAの方(Aさんとお呼びします。)が立ててくださったプランにそって友達の家で実践して、その様子をビデオに撮る。

そして後日、Aさんに見ていただいて評価をつけてもらう、という流れで進めることになりました。

その時ごとに、友達の家に集まって子どもの観察をして、フィードバックをもらって…というのはちょっと難しいので、カメラの案があって安心!

 

ビデオは、Laptopにつけることができるwebカメラを使用。(何かに使うかも!!と思って、持ってきておいてよかった〜〜✨✨)

子ども達がいつも遊ぶリビングに設置させてもらい、様子を撮らせてもらいました。

が!

重要なところに限って、撮れない…😵

子どもがカメラを気にしているので止めて様子を見ていたら、その間に!とか、他の子どもに隠れて見えない、とか。。

置きっ放しって、難しいな。。

と思って、自分で持ちながらやってもブレるし、子どもがもっと気にするだけだし。。うーーーん。。

これは、もう本当に慣れるしかなかったです。。いい角度を見つけるしかない。。

それか、カメラの位置を意識しながら、ベストな場所で子どもと遊べるように、アプローチをする。笑笑

最後に行った日が一番きちんと記録が取れたかな。笑

 

でも悪戦苦闘話はカメラだけではなくて。

実は実習が始まって、いざ子どもを目の前に実践!という場になっても、オンライントレーニングで学んだことがほぼできない。。

自分の中でわかっているつもりになっていただけだったんだな!ということを痛感しました。

頭では、トレーニング動画で見たり話で聞いた通りにやろうとしますが、記録の取り方一つでも、あれ?こうでいいんだっけ?とわからなくなったり、せっかく用意していただいた記録票の使い方が違っていたり。。

もう、失敗ばかり!!

一回目の実習はボロボロで、実習が終わって動画と記録を見てもらうために持って行っても、評価をもらう以前にこの記録の使い方を確認する始末。。

本当に何を勉強してたんだ。。と、とっても落ち込みました。

 

そして、頭の中にある理想ではなく、必要なのは目の前の子どもの行動や状況に集中することなんですよね。

頭ではわかっているしできると思っていたけど、余裕がなくなると本当にどうしたらいいのかわからなくなります。。笑

ABAは、子どもの記録を元にデータやグラフを作成し、子どもの標的行動にアプローチをしていくので、子どもの行動記録は本当に大切。

でも、その日の子どもの機嫌や体調などなど、こちらの思い通りにならないことなんて当たり前。

前の職場で、子どもたちに接していたからわかっていたはずなのに!!

 

実習が一度きりじゃなくて、本当に良かった😭😭

実習の中で、経験できて良かった!!

 

協力してくれた友達と子ども達に本当に感謝✨

そして、忍耐強くアドバイスしてくださったAさんに本当に感謝です!!

 

 

 

次は、実習が終わった後のお話し🎶

 

 

Mahalo🙌🙌

 

 

ぜひ、他のブログものぞいてみてくださいね👀✨

勉強しているのは、これです!「RBT取得奮闘記②〜「RBT」って何?」

とっても協力していただいています!「RBT取得奮闘記⑤〜ハワイで経験した人との繋がり🤝」

日本とハワイの繋がりって深いですね。「ホノルルフェスティバルに行ってきたよ🎶」

 

 

その他、ちょこちょこ更新中 😛  😛

ストーリーやっと使い始めました、インスタグラム⇒https://www.instagram.com/hatsueshibata/

最近、写真も入れてつぶやいているTwitter⇒ https://twitter.com/hachi07210721