劣等生だった!私が今までしてきた英語の勉強方法

 

こんにちは🌞

 

今回は運営さんから頂いているお題で、

”英語が苦手だった時の勉強方法”

についてブログを書いてみます。

 

 

以前のブログでも書いてきたように中学2年生くらいまで、それはそれは勉強が出来ませんでした。

そんな中あるきっかけがあって段々英語が得意になって、今に至ります。

(きっかけについては以前のブログをご参照ください🌼)

 

 

英語が得意になって、って抽象的だと思うので数字で言うと

中学時 赤点ギリギリ → TOEIC900少し、英検準1級(現在) くらいです。

 

一般的に 英語できるんだね、くらいに思われる数字だと思います。

数字が全てではないのですが赤点時代からよく頑張った◎

 

 

で、今に至るまでに何をしてきたかというと…。

 

 

 

 

ただただ

予習・復習。まずはインプットに集中。

 

 

これ、今も昔も変わっていません。☺︎

中学生の時、アルファベットの順番からbe動詞までなにもかもわからなかった時から、

ある程度英語が使えるようになって、大学で英語を専攻して、お仕事で英語を使える機会を頂いていた今日まで。

 

 

結局、予習・復習なんです。

勉強方法というか、

その時々で与えられているものを何度も、もしくは細部までやりこむこと。

 

目標とするものにもよりますが全く英語が出来ない状態で基本まで持ち上げたいときには、これに勝るものはないのでは、と思います🤔

 

 

当時の私はアルファベットも言えないレベルだったので本当に基本的な事から。

 

例えば He likes Sushi. He often eats it. という文があるとすれば

ヒー ライクス スシ。 ヒー オーフン イーツ イット。

 

という具合に教科書の英語にルビを振る!

意味がわからない・忘れてしまうものは同じページのどこかに書いておく。本当にここから始めました。

 

 

正直大学時代はすごく必死に根詰めて長い期間英語の勉強をしていたわけでは無くて💧

(だからまだまだ未熟な点はたくさんです…)

 

それでも授業だったりテストがあるとき、課題のプレゼンテーションがある時

その場その場でやるべきことや予習・復習を一生懸命していた  気がします。

 

 

 

いろんな物が発達して、今は私の中学時代よりさらに英語の勉強方法も沢山ありますよね。

数えきれない勉強方法の中から自分に合うものを見つけられればOK🙆🏻‍♀️

選択肢が多いことは素晴らしいです。

でも時々多すぎて選ぶのが難しかったり、色んなものに手を出しすぎて中途半端になってしまうこと ありませんか?

 

そんな時は 一番単純な予習・復習ということを試して欲しいです。

学生さんなら学校でもらう教材で、社会人さん等自分でスタートしないといけない人は何か数冊やりきるものを決めたり、英会話などしているならその教材でも◎

 

 

インプットにまず集中するってすごく日本的教育の賜物みたいなアドバイスですが、

インプットなければ何も出来ませんから!!!!!

(インプットだけあっても大変ですが (笑))

 

 

”まずは基本の形を身につける”

 

本当にこの言葉に限ります。

 

どうしても机に向かっての勉強が苦手なら映画などからスタートするのもありだと思います☺︎

でも個人的に思うのは、するなら楽しく勉強したい気持ちもわかりますが勉強法が何であろうとしっかり向き合えば向き合うほど、疲れることも大変さに感じることも避けては通れないので…😭

 

 

勉強もスポーツも、留学も人間関係もただ楽しいだけでは成し遂げられないことがあると思うんです。

だから勉強法うんぬんより些細なことでも続ける、もしくはやるときは集中的に納得のいくまで、我慢は覚悟!

 

これが私のしてきた&おススメ勉強法?です☺️

対して英語の上位層にいるわけでは無いのでこういう記事は恐縮ですが…💧

でも私みたいなのでも数字面ではやれば伸びたので、月並みですが努力すれば必ず報われると思います🌱

 

今までの勉強法だけでなくて留学生活中の勉強法も機会があれば書きますね🥰

 

 

Instagram→ https://www.instagram.com/uk_8thone
Twitter→ https://twitter.com/UK_8thOne
Skype→ swymze