長期ボランティア留学って?ちょっと変わった私の毎日。

初めまして!

東南アジアを中心に、長期のボランティアをしながら旅をしている現役女子大生のにこです!

「安く、短く、鮮烈、」な体験をモットーに、日々頑張っております。

 

具体的に、私の留学というのは、1年間ベトナム、フィリピン、インドネシアを中心に現地のNGOで、長期のボランティアをしながら旅しているという形のものになります。かなり特殊ですね。

 

留学というと、大変仰々しく、大きな費用が掛かるものを想像しますが、私がそれらの国々で過ごしている間の一か月の費用は、大体3~4万くらい。食事も、住居も、その他全てのお金込みでたったそれだけ。

 

しかし、東南アジアの文化をより濃く知れるだけではなく、現地の方との密接な関わりを持てる、大変お得なものになっているわけです!

「ただの観光で終わるのは嫌だなあ~。」「もっと奥深くその国のことを知りたい!」という方には、私のような留学はおすすめです!

 

最後に、自分の自己紹介を少しだけ。

現役大学生で、休学中。トビタテ留学JAPANという文科省の奨学金制度で、留学させて頂いております。

趣味は、読書。唯一といってもいい趣味です。

今は、海外にいるので紙媒体の日本語本を持ち歩くのは諦めています。

以前、実家への帰省の際に、本を10冊持ち込んで(一冊100円。)、超過料金を6000円とられた苦い思い出があります…。
ので、アマゾンプライムの本全冊読破、という目標をもとに電子書籍に頼り切っています。

 

私は、一つの国に大体2か月から3か月を目安に滞在しています。
ボランティアする上で自分に課している制約の一つが、「現地の人と同じものを食べ、同じ場所に住み、その人たちに馴染み深い言語で話すよう心掛けること。」です。

そんな感じで、現地の人と溶け込みながら暮らしていますので、その中で日本人の方々に参考になる話もいくつかあると思いますので、紹介していけたらと思います!