69歳のホストマザー【後編】

【前編の続き】https://ryugaku-gear.com/2019/03/ryosuke/85022

 

そんなこんなで彼女と過ごした1ヶ月間。
とても充実していました。

 

つい先日、1ヶ月のみのホームステイ契約が満期となり、
現在はシェアハウスに移動しております。

 

ホームステイは確かに高いけど、
もし可能であったならば延長したかったです。
(次にくる若い日本人留学生が1年間住むらしいので無理でした)

 

当たり外れがあるとは聞いてましたが、
僕はたぶん、
というか絶対当たりだったと思います。

 

思い描いていたホームステイという良いイメージが、
そのまんま訪れた感じです。

 

とてもおしゃべりで、明るくて、優しくて、
お節介なほどに道案内をしてくれて、
(逆に混乱した時もありましたが笑)
逞しく生きる彼女に非常に感謝しております。


学校外で色々教えてくれたマルガリータ。
この巡り合わせに有難味を感じながら次に進みたいと思います。

 

 

team Margarita

 

お世話になった彼女に何ができるかなと思った時、
やはり自分は写真なので、最後の日にいっぱい写真撮ってあげました。
その一部が前編で載せた写真です笑

まぁ自分自身撮りたかったのもあるけど!

写真と動画の撮影が全て終わると、

「写真はあとであげるね。これは僕からのプレゼントです。」

と伝えると。

 

No, you have to give me money.

(いや、あなたが私にお金を払うべきよ)

 

と言って、また指を擦り擦りしながら、
彼女はお金を要求してきました。

 

 

やかましいわ笑

 

と、いうことで、
僕のホストマザーはそんなチャーミングな女性でした。

 

 

 

 

 

留学を考えている皆さんも、
色んな考えがあると思いますが、
初っ端のホームステイは無難に行くなら
2ヶ月くらいがちょうど良いのかもしれません。

 

僕のケースでいうと、
最初の1ヶ月間は目まぐるしく、
本当にあっという間に過ぎていったので結構バタつきました。

 

 

 

【 この一ヶ月間での出来事 】

●英語の予習・復習
●語学学校
●友達との付き合い
(ディナー、パーティー、クラブなど)
●必要物資の購入(その都度調べたりで時間かかる)
●携帯開通&プレストカード(Suika的なの)購入
●土地勘を身につける
●引越し先探し&見学&決定

 

 

生活に不慣れな中で、色んなことをしつつ、
引っ越し先を決めなきゃいけないのは結構ストレスでした。

 

必要以上に時間をかけたくなかった為、
ある程度探して「ここで良いかも」
と思った所へメールを送り、内見して、
その日のうちに入金して、即決しました。

 

ホームステイ契約は自分自身にとって当たりなら良いけど、
もしハズレだった場合、家がストレスな場所になってしまいます。

 

結果的に僕は良かったけど、
そうでない人もいるみたいですね。

 

信頼と実績のある学校が提携してるホスト先なら
まず、すごく悪いとこはないはずですが。。

 

僕の場合、なぜ一ヶ月にしたかと言うと、
ホスト先が良ければ、延長すれば良いかと思ったからです。
ただ、後ろが居たら無理ですけどね。

 

より確実に、
かなり余裕を持ちたいなら2ヶ月です。

 

 

トロントでの家探しについてはまたいつか触れたいと思います!

 

それではまた!